05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PEACE!! チベットに平和を。

2008.03.24 23:13|世界のニュース
22日のこと、ちょっと書いたけどもうちょっと書かせてください。

22日のデモは警察の方が言う人数は900人くらいだったみたい。
本当に想像以上に多くの人がいて正直びっくりした。
そのデモの姿を見て飛び入り参加した人も多いそうだ。

まず始まる前に主催者側からの言葉にとてもショックな内容があった。
現地からの情報とのことなのでおそらく事実だと思います。

僧侶たちを含むチベタンの人々が今でも中国の軍用機で拘束や逮捕されているという。
その数、1000人以上。
しかもどこか別の場所へ連れ去られ、場所もどこなのかが分からないらしい。
食べ物や水なんかは与えられない。
そして拷問されている。
食料や水が与えられない時点ですでに拷問だ。
1000人。
想像してみてください。
そしてそれ以上の人々が実際は虐殺や拷問されているのだろう。

主催者側からの注意事項。
「あくまでも非暴力を通すこと。例え挑発されても、非暴力を通すこと」

この主催者側がまず一番に訴えていたのは虐殺や拷問をやめさせることが
先決というようなことを言っていた。
アタシも同じように思っていたから納得できた。

デモは約2キロくらいを歩いたと思う。
正直デモと言うと、一歩間違ったら「何あれ・・・」と言われかねない。
ましてやマナーが悪かったら、
「チベットの前に自分たちを何とかしろよ」と言われかねない。
そんなこともあって、みんな礼儀正しく歩いていたと思う。

FREE TIBET!!

ft2


この台詞のみを言い続けた。
チベットの人の代わりにみんなで言い続けた。
アタシの周りの人、みんなこの台詞を喉がガラガラになるまでいい続けていた。
その様子がこれです。

ちなみに44秒目にアタシ、登場(笑)
紫の服にFREE TIBET と書かれてる紙を持ってるのはアタシです(爆)

写ってましたー(笑)

(デモ中はFREE TIBETを上にあげてたのでこれはデモじゃないときに撮影してたのかな?)
そして53秒目の背中はアタシの友達です(笑)

ft3

このTシャツ作って、着てましたー!!


このデモを通して色んなことを考えて学んだ気がする。
でも、同じように思ってる人たちが沢山いて日本もまだまだ
捨てたもんじゃないと素直に思えた。
そして、このデモが少しながらの効果があったと思われる記事

そして、こういう中国人も出てきてくれた。
正直、嬉しく思う。
彼らは中国にいて、こういう声明を出すということは本当に勇気が必要だと思う。
中国では国家に逆らう人間は逮捕されてしまうだろうし、
その家族だって危険にさらされる可能性もないわけではないだろう。
だけど中国人がこういう意見を出してくれるのは本当に素晴らしいと思う。
もっとこういう人が中国の中で沢山でてきてほしい。
彼らの手で、中国国家というものを変えて欲しい。
がんばれ!中国人!!


そして、チベットにいて先日帰国してきた友達と会ってきた。
色んな話をした。
彼女の撮った写真、沢山見せてもらった。
何度もチベットに行っているし、今回はお祭りを見に行っていたことも
あって美しいチベット文化の写真が沢山あった。
色鮮やかな衣装だったり、装飾品、そして祭りで嬉しそうな顔をしている人たち。
雪景色の中を歩く大勢の僧侶の姿。
(100人や200人とかじゃない。それ以上!!)
とても美しかった。
一ヶ月前の風景なのに。
今はどうなってしまっているんだろう?
この写真に写ってる人たちはどこに連れて行かれただろう?
無事だろうか?
そんな風に考えざるを得なかった。
こんなに美しい文化や人々が壊されてきている。
残すべき美しい文化だと思う。

友人がアタシにアドバイスをくれた。
彼らが言うのは、チベットのよさをもっと他の人に知ってもらうこと。
愛しきチベットのことを、もっと発信していこうと思います。

FREE TIBET!!

ft1




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。