05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

my grandma.

2012.03.23 23:31|ヒトリゴト
3月18日、
my grandma(おばあちゃん)が、他界した。
享年91歳。

まるで寝てるみたいだった。
肌がすごくキレイだったけど、真っ白だった。

ものすごくプライドが高くて人に世話してもらうのも、
病院も嫌いな人だったから、
寝たきりになってみんなに迷惑かけるのが嫌だったんだろうな。
そう考えると、そうなる前に眠るようにあっさり逝っちゃうなんて、
ばあちゃんらしいな。
往生際がよかったな。


昔、私が子どもの頃にばあちゃんのとこに行くと、
ピンクや黄緑色の紙をいっぱいくれたよね。
その紙に、目一杯、絵を描くのが大好きだったよ。

若い頃は、走るのが早かったんだ!っていつも自慢してたよね。
体調悪くなってから、逝っちゃうのも、本当に早かったね…
そんなのは早くなくてもいいのにさ。

最後にばあちゃんに会いに行ったのは先々週。
仕事帰りにばあちゃんのとこに寄ったら、
ばあちゃんはすでに寝てたんだ。
だから、起こさないように帰った。
生きてるばあちゃんを見たのはそれが最期だったんだ。

本当にわがままばあさんだったけど、
でもとってもお茶目でかわいかったなあ。


おばあちゃんの遺品を整理してたら、
じいちゃんのパスポートが4冊出てきた。
昔、おばあちゃんに見せてもらったことがあった。
そのパスポートはじいちゃんが技術指導でフィリピン、
インドネシア、インド・・・
数々の国を訪れたときのものだった。

写真



その4冊のパスポートを処分しそうになっていたから私が引き取った。
私は、じいちゃんのことすごく大好きだったから。
じいちゃんの影響で、幼い頃から海外に興味を抱いたのは間違いない。
そんなじいちゃんのパスポートを、
ばあちゃんは50年以上ずっと大切に保管していたんだ。

当時、じいちゃんはどんな気持ちで海外に行っていたんだろう?
見送るばあちゃんはどんな気持ちだったんだろう?
そんな2人の気持ちがいっぱい込められてるだろうパスポートを
私が引き継いだ。

一番古いパスポートは昭和31年。
渡航先はフィリピン。

斎場で火葬する時に、その一番古いパスポートをこっそりと棺に入れた。
ページとページの間に、ばあちゃんへの手紙もはさんでおいた。
今頃、じいちゃんと一緒に読んでくれてるかな?


ばあちゃん、そっちにいって、じいちゃんと会えたかな?
じいちゃんを失ってから長い間一人で頑張ってたから、
やっと再会できたかな?
そっちで、じいちゃんと仲良くね。

ばあちゃん、私はばあちゃんのこと、大好きだよ。
ずっと大好きだよ。

*********************************************************

「愛の絆」/ Chara

二人の愛はね 今でもここにね
残された子供たちの 中に中に流れてる
銀のスプーンで すくいあって食べて
彼女の目からこぼれた
落ちた。
かけら。
会えない。

人知れずその想いは
高く高くのぼる 空に消えた

二人の愛がね ふしぎなものね
集まってじっと見ている 
砂や星や・・・
届かない
青いかけらをね あふれる悲しみを
欠くしたものをね 一人で見てないで
二人の愛の絆は
中に中に流れてる。

人知れずその想いは
高く高くのぼる 空に消えた

そのかけらを 今心に目をもって
ひろいたいのは
今、あなたの そのかけらを 集めてあげる
流れてるのは 愛の 二人の愛の絆
ずっとみていたいー
心をつなぐものが 流れてるの

(この曲の動画探したけど見つからなかった・・・)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。