06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

2012.01.11 22:50|
先日、休日にテレビを見ていたらBSだったか忘れたけど、
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩く番組がやってた。
知り合いにも歩いた人が数人いるけれど、
私も歩いてみたいところの一つ。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%B7%A1%E7%A4%BC%E8%B7%AF

日本のお遍路さん・・・とは違うって言われるかもしれないけど、
歩いて、色々と感じてみたり人との出会いがあったり、祈ったり、
迷いがあったり、それを乗り越えようとしたり、
無だったり、自分と向きあったり・・・
それって万国共通なんだなって思う。
そういうことを考えると、身体的だけじゃなくてメンタル的な部分での
経験も大きいからやっぱりお遍路さんと同じなのかな。
お遍路さんも歩いたことないけど、一度は歩いてみたいなあ。

TVの放送でも、巡礼路の途中のお店でお遍路さんのお守りが飾られていたり、
サンティアゴ・デ・コンポステーラとお遍路さんの結びつき、
つながりに広がりを見せようとしているスペイン人と日本人が出てたり、
立ち寄った教会で行われたミサでは、日本の津波の被害のことを
祈ってくれてたり、とにかく、場所や言葉は違えど、
つながってるなあと感じる部分がいくつかありました。

定年になったおばちゃんが、この巡礼路を歩き出して
私の人生はまたゼロからスタートしたのよ。
って言ってたり、

自分のおばあちゃんが倒れてしまって、だからこの道を祈りながら歩くの。
とか、

この道を歩いて、すっかり気に入ってしまって
こうやって歩く人に向けてのあたたかいおもてなしをしたいからって
宿を始めちゃった夫婦がいたり、

立ち寄った途中の街で、かわいい女の子に出会って、まだいつもは歩いてる時間なのに
その町に早々滞在することを決めちゃった男の子がいたり、

本当に「道」の歩き方は人それぞれ。


私が初めてサンティアゴ・デ・コンポステーラを意識したのは
カナダの横断の旅をしていた時にモントリオールという東部のフランス語圏の町から
東部の外れにある田舎町のペルセというところに行くまでの
長距離列車で通路をあけて隣の席に座っていたフランス系カナダ人の
ギランとの出会いがあったから。

長距離列車は夕方出発して翌日の昼間くらいに到着って感じだったのだけど、
ペルセまで行く乗客はほとんどいなくて(冬だったし)、
知り合ったばかりのギランが自分のバッグから缶ビールを何本も取り出して、
「ビール好き?」って聞かれて「うん」って答えて、
そこから電車の中で宴会が始まったのだ(笑)

ただ、ギランは英語があまり話せず(カナダ人ですがフランス語圏なので)
彼と私のめちゃめちゃな英語と、フランス語で何とか会話していたのです(笑)
日本人と初めて話をするんだ!と大興奮していたギランが
めっちゃ面白くて、本当に楽しかった記憶がある。

そのギランが、電車に乗ってた理由は、
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼を終えて、
カナダ東部にある家に帰る途中だったんだよね。
大きなザックにはホタテ貝がついてたんだ。
(ホタテは巡礼のシンボル)
彼はバツイチで奥さんと別れたことがキッカケだったのかわかんないけど
たぶん、私が思うに、それがキッカケで
サンティアゴ・デ・コンポステーラの長い道のりを歩いたっぽかった。
(バツイチってことまでイチイチ報告する辺りが正直者だなあと思ったけどw)


スペインやフランスを旅してたことをつたない英語で話してくれて、
私もつたない英語で返事しながらウンウンって聞いてた。
ものすごくオーバーアクションで、フランス系カナダ人で
こんなに陽気な人と出会ったのは初めてだった。


私にとっての初めての一人旅がこのカナダ横断だったから、
とにかく何もかもが新鮮だったし、今でも鮮明に覚えている。

この時からサンティアゴ・デ・コンポステーラを意識し始めたんだけど
フランスから歩くと200km以上だっけ?
みんな1日どのくらいのペースで歩くのかな?
1日20kmとすると10日で着いちゃうよね?
でも、ただ歩くだけだと勿体ないし歩きながら街も、田舎道も楽しむなら
1ヶ月くらいかけて歩く方がいいよね?
大抵1ヶ月って書いてあったけど、あたしはのろいから
もっとかかるかな?

・・・って今すぐいくわけじゃないけど、気になってしまって(笑)
TV見てたら、今の私は歩くべきだよね?って思ってしまったり(笑)

長距離歩くの好きじゃないのに、歩きたいモードな今日この頃の私でした。

そしてスペイン繋がりで、ワイン。
wine2.jpg

このワインね、サッカーのスペイン代表であり、バルセロナの選手である
イニエスタがやってるぶどう畑で造られたワインなの。
なんでも、自分の故郷にワイナリーを造って、村の雇用も増やしてるとか。
本人がワイン好きってのもあるらしいけど、そういう風に
自分の故郷に貢献するやり方が、そういうのっていいよね。

wine.jpg

いただきものだったので、尚更おいしくいただきました☆
ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。