08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの旅 その2 <ハノイ編>

2007.11.26 22:44|
クラクションの音で目が覚める。
なんとも賑やかな街だ。
タイのバンコクなんて比べ物にならない。
この窓のない部屋をチェックアウトしようかと昨夜から
悩んでいた。
でも6泊の予約をしてある。料金はまだ払っていないけど。
部屋は悪くはないけど何かが違った。
「ホテル」というのが面白みをなくす。
朝になって窓のない部分をよくよく覗いてみる。
よく考えてみると、どう考えても人が下や上から登って
入ってこれそうな感じはしない。
ちょっとだけホッとした。

ガイドブックに載っている
Real Darlin Cafe(リアルダーリンカフェ)
というゲストハウスがあって、
そこはツアーなんかも企画しているところ。
そこに移ろうかと思い、とりあえず空室があるか聞きにいった。
朝7時半過ぎ。早起きしすぎだろ、アタシ(笑

リアルダーリンは歩いて10分もかからなかった。
早朝のせいか、バイクも夜よりは少なく、道も歩きやすい。
色んな物売りさんたちが朝から働いている。
リアルダーリンに着くと日本人がいた。
ちょっと嬉しかった。
今晩の空室があるか聞いて見ると「まだ分からない」と言われた。
12時がチェックアウトなので、その頃になれば
部屋があるかもと言われたが、まあ今の宿もチェックアウトも
していないので、とりあえず明日(19日)から
1泊2日でボートのハロン湾ツアーをここで予約した。
27ドル(3000円弱)
そして、ツアーから帰ってきてからの宿泊も予約した。
ここはスタッフもよさそうだ。
初めからここにすればよかった。
宿泊はシングルで1泊7ドル(全てUSドルです)
アジアの安宿で7ドルとは高い気もするけど、
ハノイは安宿があまりないらしい。
7ドルのシングルなんて格安な方みたい。
ドミトリー(共同部屋)は4ドルくらいみたいだけど、
とりあえずたった1週間だしシングルに泊まることにした。

宿には日本人の女性がいてハロン湾ツアーに旅立っていった。
ニュージーランドから来ている2人組の女の子がいて、
彼女達と話をすると彼女達もこれからハロン湾へ2泊行くと
行っていた。フランスパンをがっつりおいしそうに食べている。
見た目はかなりの大柄で、でもかわいいおデブちゃん。
愛嬌があって、元気もあってフレンドリーな2人。
その2人も迎えのバスが来て、旅立って行った。
そして日本人の男の子もいて、彼は1年旅をすると言っていた。
彼が親切にパンやら水やらの相場、店などを色々教えてくれた。
昨夜のフォーの料金は相場、もしくは若干安いくらいだと知って
ちょっと嬉しかった。

その後一人で歩き始める。
水上人形劇が有名で知り合いにも絶対に見てきてと
言われていたのでチケットがあるか聞きにいく。
でも「もうない」と言われた。
まだ9時前なのに・・・
どんだけ人気なんだよ????

その後も色々とウロウロする。
フランス色が未だに微妙に残るハノイは建物とかも
ちょっとかわいかったりもする。
私は旧市街に滞在していたのですが、とてもうるさい。
とにかくバイクや車、自転車、マナーなんてあったもんじゃない。
なかなか道路を横断できないし、すさまじいものがある。
歩いているとちょっと疲れてしまう。
市場にも行ってみた。
すごく活気のある場所で色んなもので溢れている。
悪臭もすごいけど・・・

その後もさまよい続ける。
ちょっと疲れた。
どうも、まだベトナムという国になじめない。
ベトナム人になじめない。
というか慣れないだけなのだろうけど。。。

夕食は疲れてしまったのでガイコクジンのレストランに
入ってしまった。パスタとか普通に食べてしまう(苦笑
でTigerビールを飲んで、ほろ酔いになる。

宿には明日の朝、チェックアウトすることを告げた。
まあ初めから予約をしていた宿ではなかったので
あっさりだった。2泊分を払う。
これでこの窓のない生活ともおさらばだ。

あ~、沢山歩いて疲れた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。