10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の東北 その3

2011.08.11 22:32|ボランティア
関西のお姉さん(兵庫県民)の車に、
村長、ふみちゃん、私も同乗し、関西ファミリーたちの車と2台で出発!!

旧入谷中学校は、木造2階建ての校舎で、
裏には御神木いっぱいの素敵な神社がある場所だった。
_MG_7611.jpg


関西ファミリー(お父さん、お母さん、息子(小2くらい?)が
ある意味、ものすごく個性的で面白すぎました。
息子の発言一つ一つに私たちは笑ってしまい、
お母さんははいだしょうこ似の声で、
お父さんは一見真面目そうな雰囲気(市役所職員だし)だけど

「途中、居眠りして中央分離帯に突っ込んじゃってー」

と、しゃーしゃーと話すお父さんでした(笑)
しかも以前にもボランティアに来ていたらしく、
その時も中央分離帯に突っ込んだらしい・・・
JAF呼んだりしたらしく、

「そんな状況なのに、よくボランテイアに来ましたね・・・
やめようとは思いませんでした?」

と聞くと

「そんなこと、全く考えなかったー!」

と仰っていました(笑)
さすがは兵庫県民。
被災地に行くと必ずいる関西人ボランティア。
震災の経験者は、今回の震災に関してすごく敏感だし、すごく協力的。
誰よりも震災の恐怖を知ってる分、力になろうとしてる人が多い。
この家族は何かと面白すぎてツボでしたが、
でもこうやって被災地支援を家族でしていて、
夏休みをボランティアして過ごしたり、
子供にこういう状況を見せて感じさせる親って
すごくかっこいいなと思いました。


そして本題に戻りますが、
この旧入谷中学校での写真展示。
校舎に入るとそこには壁一面の写真。
時々、トロフィーがあったりもするけれど、
本当に校舎のどこを見ても写真で埋め尽くされていた。
これだけの写真を洗浄し作業したと思うと本当に頭が下がります。

そして私は探した。
6月に私が洗浄した写真を。
写真はエリアごとに分けられているので自分が前回作業したエリアを探す。

私は、自分が作業した写真を見つけられる自信があった。
どんなに溢れるくらい莫大な数の写真があったとしても、
自分が携わった写真は、見つけられる自信があった。

でも、見つからなかった。

「見つからない=持ち主の元に戻った」

という図式が出来上がるのです。
あれだけ莫大な数の写真だからもしかしたら見落としている可能性もある。
でも、私が見た感じは見当たらなかった。

素直にうれしかった。
私が作業した写真は持ち主の元に返ったんだ。
あの写真の中の笑顔が忘れられないでいるのだけれど、
あの写真を手にした時にも、あんな笑顔が戻っただろうか?


薄暗い木造の校舎の中、
とてもうれしい気持ちでいっぱいになった。

そしてお母さん、子供2人が写真を探しに来ていた。
その親子たちは、アルバム数冊を持ち帰っていった。
その姿を見て、とても嬉しい気持ちになった。

私たちのしている作業はとても地味だけど、
でもそこにはたくさんの宝物が詰まっているんだ。
その宝物を少しでもキレイにして、
持ち主に返すお仕事。

すごく誇りに思う。


でも、校舎にはまだまだ持ち主が取りに来ない写真がいっぱい。
校舎を埋め尽くすくらい。
少しでも多くの持ち主さんが、宝物と再会できますように。


つづく。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。