09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかなあ。。。

2011.06.08 22:38|ボランティア

6月11日であの震災から3ヶ月。


先日の日記にも書いた

災害派遣等従事車両証明書

今日、申請に行ってきました。


私、今週末に宮城県に行くのでございますが、
現地のVC(ボランティアセンター)とはすでに連絡がついており、
高速料金が無料になるシステムのこの証明書発行について、現地から
「地元の自治体で申請してきてくださいね」
と現地の代表の方のお名前なども頂き、許可をいただいております。


そして、この証明書は自分が住んでる場所の自治体で発行してもらうのが基本なので、
今日、市役所に行ったものの、どこの課にいけばいいのか分からず
受付のお姉さんに聞いてみたら、お姉さんもどこの課なのか分からず、
それらしき課に電話をして確認をとってくれましたが、

「電話、代わってください」

と電話の向こうの相手に言われたらしく
私がその相手と電話越しに話をしました。

ところが、

「個人には発行してない」

とあっさりと却下。
しかも電話越し。
姿を見て、話すことさえ許されず(笑)

完全たる門前払い。

チーン・・・

あたし、門前払いされたのなんて生まれて初めてだよ(笑)

事情説明しようとしても、

『個人には発行していない』の返事。

『検討します』とかは全くナシ。

話を聞く意志さえないんかい?


その高速料金を負担するのが市とかっていうなら
許可したくない気持ちは分からないでもないけれど・・・
負担するのは市じゃないのに…

現地の承諾があれば今は色んな県や市では
それを発行しているのに、なんで我が富●市は発行しないんだ?
と怒りを通り越して呆れてしまいました。

「他の市では市のホームページでも発行してますって案内してるし、
個人でも取得してる人いっぱいいるのに、富●市は発行してないんですか?」


と聞いてみましたが、

「個人には発行してません」の一点張り。

なんだかなあ・・・

粘りに粘りましたが、
もう、どーでもよくなってきました(笑)

ボランティアに個人で行く私が悪いみたいな気持ちにさえなってきました
私、悪いですか・・・?


静岡県なんて、いつ地震がきて津波がくるかわからないから
被災地の気持ちは少しでもわかるはずだし、何かしたり、
もっとそういうことを考えたり協力するべきなのに・・・
前に市が南相馬市へ物資集めたのも震災からだいぶ経ってからだったし、
おまけに南相馬市から依頼されてからの行動だったし、
何て対応が遅い、マニュアル通りの堅物なんだ・・・
と、なんだか怒りを通りこし、正直呆れました。

元々、申請しないで行くつもりだったから
まぁ振り出しに戻っただけだから、
それはそれで仕方ないし、別にいいんだけど、

例えば同じようにこっちが被災した時のことを考えたら、
こんな固い役所じゃ、たまらないなと思いました…
臨機応変に動いてくれないんだろうなと、しみじみ感じてしまいました。


高速週末1000円システムが終わっちゃったら、
ボランティアの数は圧倒的に減ると思う。

そういう人たちが高速料金を気にせずに
現地に行きやすいシステムがこの証書なのになあ。

もちろん、ちゃんとボランティアしたり、物資を運んだりという
何らかの証明は必要だと思うし、その審査はあって当然だと思ってる。

でも、まあ、だからと言って、行くことをやめる!!!
・・・なんて、そんなことは出来ないからなあ、私。

一度、あの状況を見てしまったから、ほっとくことが出来ない。
私一人が行ったところで、何も変わらないけれど、
でも、何もしないでいることの方がつらい。

以前より東北への思いが強くなったし、
東北がますます好きになった。
だからこそ、復興していく姿をちゃんと自分の目で見て、
感じていきたいのです。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。