07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発ニュース4

2011.04.16 20:58|原発
原発ニュース その4編集する 2011年04月17日01:26 アップが遅くなりました。
某先生から送られてくる原発関連ニュース、サイトのアップです。
相変わらず量が多く、全部見れてませんが。。。
参考までにどうぞ。




◇再掲 元モニターの証言 
「東電の社員たちは事故後90kmの圏外へ出るように言われて避難した。」
http://www.youtube.com/watch?v=EcF_75slgwk


◆News から
◇原発マフィアを支えつづける金融システム
http://attackoto.blog9.fc2.com/blog-entry-204.html

□グリーンピース、レベル7引き上げ「遅すぎる」と批判(AFP)
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2795429/7074670?utm_source=afpbb&utm_medium=detail&utm_campaign=must_read



□米グーグル、世界最大規模の太陽熱発電所に140億円出資
http://www.afpbb.com/article/economy/2795417/7078497?utm_source=afpbb&utm_medium=detail&utm_campaign=must_read


□福島原発の廃炉処理、チェルノブイリより困難=独重機メーカー(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-20632020110414


□インフレ加速、震災も影=中国経済、難しい局面(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2011041500528


□原発安全強化へ情報不可欠=日本に迅速な提供要求-原子力条約会合
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011041500457

■4・26 《原発災害・JCJ緊急連続講演会 第4回》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主催 日本ジャーナリスト会議

日時:4月26日(火)午後6時半から
会場:日本橋公会堂集会室(定員120人)
   (最寄り駅:「水天宮前」「人形町」「茅場町」)
資料代500円

テーマ:「原発震災『レベル7』の衝撃--テレビ報道に求めるもの」
「レベル7」とはどのような事態か、テレビは原発災害の全体像を解明しているか…

講師:科学ジャーナリスト 小出五郎さん(元NHK解説委員)

<主催>日本ジャーナリスト会議

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4・30 緊急シンポジウム「原発事故とメディア」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主催 メディア総合研究所 開かれたNHKをめざす全国連絡会

 東日本大震災から1ヵ月を経て、なお予断を許さない状態が続く福島第一原子力発
電所。いま、福島では何が起きているのか? それをメディアは正しく報道できてい
るのか? 

基調講演:広河 隆一(フォトジャーナリスト・『DAYS JAPAN』編集長)
パネリスト:後藤 政志(元東芝 原子炉設計技術者)
      渡辺 実(防災・危機管理ジャーナリスト)
      寺尾 克彦(福島放送労働組合)
コーディネーター:砂川 浩慶(立教大学准教授)

日時:2011年4月30日(土)午後1時30分~4時30分
会場:新宿区立新宿歴史博物館・講堂(新宿区三栄町22番地 JR・東京メトロ「四ツ
谷駅」下車 徒歩10分 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」下車 徒歩8分 都営
地下鉄新宿線「曙橋駅」下車 徒歩8分 
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=91)
入場無料

<主催>メディア総合研究所 開かれたNHKをめざす全国連絡会
問い合わせ:メディア総合研究所事務局
電話:03-3226-0621 FAX:03-3226-0684
Mail:mail@mediasoken.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5・10 JCJ新聞部会ゼミナール
    「米軍、米メディア、米大統領選。ワシントン特派員として見てきたこと」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主催 日本ジャーナリスト会議(JCJ)新聞部会

◆日時 5月10日(火)午後6時半から
◆場所 築地社会教育会館・4階視聴覚室
    (東京都中央区築地4-15-1 地下鉄東銀座駅6番出口徒歩5分)
◆ゲスト 毎日新聞・大治朋子記者 
◆参加費 500円(学生無料) 定員80人

 3月に開く予定で地震のため中止した毎日新聞・大治朋子記者の講演です。ボーン
・上田記念国際記者賞を受賞した同記者の記念の講演にもなります。皆さんと一緒に
お祝いしたいと思っております。テーマは「米軍、米メディア、米大統領選。ワシン
トン特派員として見てきたこと」
 大治記者は2006年から10年まで毎日の北米総局特派員を務め、大統領選挙を
担当。米国の対テロ戦争を描く「テロとの戦いと米国」、米メディアの盛衰を描く
「ネット時代のメディアウォーズ」を長期連載しました。

主催 JCJ新聞部会
TEL03-3291-6475 FAX03-3291-6478

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5・15 九条の会・兵庫県医師の会 市民講演会
      中村哲医師が語る
      アフガンの大地から観る明日の世界と日本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主催 九条の会・兵庫県医師の会

 9・11テロとその「報復」「対テロ」としてアメリカが開戦したアフガニスタン
戦争から10年たちました。戦後のアフガニスタンの復興はどうなっているか、その
中で平和憲法を持つ日本のわたしたちが果たすべき国際貢献について、ペシャワール
会の中村哲医師にご講演いただきます。

日 時 5月15日(日)15:30~17:00(開場15:00)
会 場 兵庫県農業会館11階大ホール
参加費 500円
定員400人 要事前申込み

お申し込み・お問い合わせ先 兵庫県保険医協会
mail shin-ok@doc-net.or.jp
電話078-393-1807 FAX078-393-1802 

【講演者:中村哲先生の略歴】
ペシャワール会現地代表、PMS(ピース・ジャパン・メディカル・サービス)総院
長。
1946年福岡市生まれ。九州大学医学部卒業。国内の病院勤務を経て、
1984年パキスタン北西辺境州の州都ペシャワールの
ミッション病院ハンセン病棟に赴任しパキスタン人やアフガン難民の
ハンセン病治療を始める。
その傍ら難民キャンプでアフガン難民の一般診療に携わる。
1989年よりアフガニスタン国内へ活動を拡げ、
山岳部医療過疎地でハンセン病や結核など貧困層に多い疾患の診療を開始。
2000年からは旱魃が厳しくなるアフガニスタンで飲料水・灌漑用井戸事業を始め、
2003年から農村復興のため大がかりな水利事業に携わり現在に至る。
専門=神経内科(現地では内科・外科もこなす) 
著書は『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る─アフガンとの約束』
(岩波書店、澤地久枝氏と共著)、
『アフガニスタンで考える -国際貢献と憲法九条-』
(岩波書店)他多数

主 催 九条の会・兵庫県医師の会  http://www.hhk.jp/9jo/
共 催 兵庫県保険医協会、兵庫県民主医療機関連合会、兵庫県反核医師の会、
    九条の会・医療者の会(全国)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6・11 非核の政府を求める兵庫の会 市民学習会
      原発の「安全神話」を考える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主催 非核の政府を求める兵庫の会

 東日本大震災は、東京電力福島原子力発電所原子炉の炉心溶融、爆発を次々と引き起こし、
放射能汚染の濃度と範囲を広げました。巨大地震の下では、
世界で唯一、地
震多発地帯の上に原発を建設してきた国策が誤りであったことが実証され、
我が国の原子力安全神話ももろくも破綻させられ、
原発依存の我が国のエネルギー政策の早急な大転換・見直しが
迫られています。
原発と私たちの生活を考える機会として、元町映画館では
『祝の島』が一般公開されます(6/11~17 11:00~)。
公開
に合わせて来神された纐纈あや監督と、
京都大学原子炉研究所の小出裕章さんをお招きして、
震災からちょうど3カ月たつ6/11に学習企画を開催いたします。

日時 6月11日(土)14:00(開場13:30)~16:30  
会場 こうべまちづくり会館ホール
<話題提供>
・「原子力の専門家が原発に反対するわけ」(仮)
  小出裕章さん(京都大学原子炉研究所) 
・「『祝の島』と上関原発問題」(仮)
  纐纈あやさん(映画監督)
参加費 500円 
    元町映画館で「祝の島」を鑑賞された方は無料
(半券を掲示ください) 
※どなたでもご参加できます(申し込み不要)。
 『祝の島』の上映情報については、
元町映画館(http://www.motoei.com/ 電話078-366-2636)にお問い合わせください。

主催 非核の政府を求める兵庫の会
協賛:神戸YWCA平和活動部、市民社会フォーラム
お問い合わせは、事務局 電話 078-393-1833
e-mail shin-ok@doc-net.or.jpまで
=====================================


■反原発ドキュメンタリーがドイツで開催の「ニッポンコネクション」に招待上映
「放射能をナメんじゃない」鎌仲ひとみ監督がコメント(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0031706

■シンポジウム:福島原発事故テーマ 東京・町田で26日に(毎日jp/話題 毎日新聞)
>シンポジウム「いま、福島原発で何がおきているのか?」が26日午後2時半から、東京都町田市原町田4の町田市民フォーラムで開かれる。東京大名誉教授(金属材料学)の井野博満さんと映画監督の鎌仲ひとみさんが対談する。
→たまプレ
>会場:町田市民フォーラム(町田市原町田4-9-8)3階ホール
>14:00~16:30
>参加費は500円。
定員188人、先着順とのこと
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110414dde018040076000c.html
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。