03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 白川郷への道

2007.10.08 18:59|
一昨日(6日の土曜)、
「明日、どっか行きたくない?」と言われ、
「飛騨高山と白川郷」と答えた私。

というわけで、昨日の日曜はいざ、岐阜県へ(笑
相変わらず、突然すぎる行動パターンだな。。。

朝、5時に出発した。
ナビなんか付いてない車なので地図持って出発。
地図はスキなんで、ナビ必要なし(笑
中央道で長野の松本まで行って、そこから下道を走る。
ところが、途中、かな~りのクネクネな峠道。
国道360号だったかな?天生峠。
運転スキなアタシですが、怖くて運転できませんでした。
無理です。
アタシが今まで通った道の中で、
「ここはもう2度と通りたくない道ベスト3」に入る道(笑
というか、ダントツ1位だな(笑

白川郷の入り口で大渋滞で、駐車場に停めれたのは
1時、いや、2時くらいだったかな
ここまで来るのに長かった~。
軽くエコノミー症候群になるかと思ったくらい

世界遺産、白川郷。 shira2

合掌造りの民家が並ぶところ。
昔、まだ幼稚園だったころに一度来たことがある。
当時はまだ世界遺産ではなかったので、多分空いていたと思う。
というか記憶に全くないのですが(笑
写真が残っていて、合掌造りの家みたいなバス停みたいなとこで
母親と妹と一緒に写ってる写真がある。
そのイメージで行ったら、全然違った(苦笑
行ってみたら、やっぱり観光地化されていた。
人が多すぎてびっくりした。
でも確かに、すごいのよ。
合掌造り。
「人が手を合わせた」みたいだから合掌造り。
shira1

土産屋さんとか多くてちょっと残念な気がしたけど、
奥の方に行ったら人の生活感がある場所があって、
今でもこの世界遺産の中で生活している人の姿があった。
世界遺産の中で暮らすってどんな感じだろう?

もし平日とかに訪れたら、もっとのんびりして、
もっとゆったりした時間が過ごせるかもしれない。

最後には「どぶろく」を購入
来週行ってたら「どぶろく祭り」に丁度当たったらしいので
ちょっと残念な気がした

そして「どうやって高山に向かう?」となった。
あんな峠はもう御免だ。
観光バスの運転手に地図見せながら聞く。
岐阜ナンバーの観光バスの運転手なら岐阜には詳しいだろう。
予想通り、通常のバスが通るルートとか親切に教えてくれて、
そのルートで高山へ向かう。

高山は小京都みたいに言われてるから行きたかったけど、
タイムオーバー。
町並みを横目に高山の町を通り過ぎる。
夜だったから、また街の明かりがとってもキレイ。
で、ちょっとイイ感じ。
うわ~。寄りたいっ
次回は、高山目当てで来てやるっ。

帰り道、中央道で前を走ってた車がスピード出して
勢いつけて車線変更をした。
そしたらその瞬間に、斜め後ろにいた車がいきなり
サイレンを回し始めた。
そう、警察
その車は、パトカーに連行されて行きました。
そんな瞬間を見たのは初めてだったのでちょっと興奮しました(笑
パトカーの後ろの窓の辺りに、
「パトカーに続け」っていう電光掲示板みたいなやつが
出るんだね。初めて知った。
ってか、覆面パトカー、夜の暗闇じゃ全く分からなかった。
「連行されるの見たいから、後ろを走って」と言ったら、
「ひどいヤツだな~」と言われた。
あははは。ひどいヤツです。アタシは。
でも、たったあれだけで連行されちゃうなんて可哀相な気もします。
あ~、ある意味、いいものを見させてもらいました。
アリガトウ。

ちなみに走行距離は640キロくらいでした。
片道300キロかぁ。。。
結構遠いな(笑

というわけで、強行旅行は幕を閉じたのであります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。