03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更龍馬伝

2010.12.19 23:44|休日
今更ながら大河ドラマの「龍馬伝」を全て見終えました。
最終回近辺はちゃんと見てたし、
最初の頃や途中もちょこちょこ見たりしてたけど
日曜のあの時間帯は無理な日も多くて・・・
でも、やっぱり見たくて職場の人から20話から最終話の
48話まで全部借りて見ました

はー、やっぱり龍馬はすごいなあ。
あの当時の人って、あんなに志が高くて、
いい国を作ろう、日本を作ろうって言う気持ちでいっぱいだったんだね。
彼らのあの思い、志、今のわたしたちに受け継がれているだろうか?
みんなが笑って過ごせる世の中になってるだろうか?
平らな世の中になってるだろうか?
ちょっとだけ真剣に考えてみました。
でも、結論は分からない。
ただ、武力で人を傷つけたり、殺したり、
そういうのはどの時代でも許されることではない。
そして、憎しみからは憎しみしか生まれない。
それは今の時代でもこれからの時代も同じだよね。


男性陣が龍馬に憧れるのとかホントによく分かる。
あんな生き様、かっこいいもんね。
そして、それ以上に女性陣が龍馬に惚れるの、
ホントに分かりすぎるくらいよく分かる(笑)
あんな素敵な人がいたら、女性だけでなく男性も間違いなく惚れるよね


そして、それとは別に今回は高杉晋作のファンになりました
すごい人だとは知ってたけど、ああやって映像になると分かりやすい

昔、京都に行った時に霊山歴史館ってとこに
連れていかされたことがあって、
高杉晋作のことや坂本龍馬、歴史に名を残す人たちのことを
相棒にめちゃめちゃ説明されて、講義かよ?って思うくらいで、
ちょっとひいてたのですが、
その時に高杉晋作をめっちゃプッシュしてたのを今更思い出し、
今になって、プッシュしてた理由、納得しました。
そしてそういえばこれも見たわ!って龍馬と一緒にいた2人の銅像。
その片割れが中岡慎太郎だったってことも改めて気づく
あの時、ゆかりの地をたくさんめぐってたんだなあと(笑)
もう一回改めて行きたいなあ。。。
歴史館→http://www.ryozen-museum.or.jp/

あと数年前に、建築マニアな友人に連れていかれたのが
弥太郎の家(旧岩崎邸)だったことにこのドラマ見て気づいたのですが(笑)、
旧岩崎邸に行った時は、いないはずの人の気配がいっぱいあって、
気持ち悪くてなっちゃってちょっとだけ体調悪くなったんだよね
人の念っていうか気持ちが強いとこだったのかなって。。。


まあ、そんなとこですが、何事も気づくのが遅いみたいです、私

今のわたしたちがこうやって暮らせるのって、
この龍馬たちが生きて、日本を変えた時代があったからなんだなーって
しみじみ感じました。

ドラマとか映画に影響されやすい私なので、
すっかり気分はあの時代です。
スパイ映画を見たら気分はスパイになるように
しばらくは幕末を生きてます。
仲間に入ってもいいよって人、仲間に入ってください(笑)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。