08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイシュヴァン・シュタイン城

2010.09.16 00:42|
ドイツのノイシュヴァン・シュタイン城のあるフュッセンって街で
バスが突っ込んで日本人観光客が怪我というニュース。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100915-00000531-san-int

大丈夫かしら?
この場所で、こんな事故?と思ってしまった。

そしてこのニュースを見て、懐かしいなーと思ってしまった。
数年前に行ったんだよね、ここ。

私が滞在していたあの時は大雪だったんだ。
初めてのヨーロッパ一人旅。
オランダ、ベルギーを旅してたどり着いたドイツ。
そしてドイツの町を色々と回りながら、たどり着いたこの街。
冬だったから街は閑散としていたけれど、
街の建物がとてもかわいかったのを覚えている。

noi4


ノイシュヴァン・シュタイン城はデイズニーランドのシンデレラ城の
モデルとも言われているけれど本当にすごいお城だった。

noi2

noi1


城にたどり着くまで、馬車に乗って行った。
歩いていこうかと思ったけど距離感がどのくらいか分からなかったのと、
せっかくお城に行くのだから・・・と思って奮発して馬車にした。

馬車で城の前まで行って城見学。
城に入るには必ず城を案内するツアーガイドみたいな人がいて、
必ずそれに参加しなければならなくて、
ドイツ語、英語、○○語、○○語・・・みたいな感じだったので、
英語ガイドツアーに参加した私。

もちろんお城は美しかったし、すごかったけど
私が興味があったのは城の美しさとかよりも、むしろ
城を作らせたルートヴィッヒ2世という人の生涯に興味があったのだ。

バイエルン国王だったルートヴィッヒ2世は夢想家だったといわれていて
争いよりも、このお城を作ることに生涯をささげたような人なんだけど
精神病と周りに言われ、最後には謎の死を遂げた。

ルートヴィッヒ2世の行いはある意味、狂気に近い気がするけど
そういったミステリアスな部分に惹かれる傾向があるみたいです、私。

「シュヴァン」はドイツ語で「白鳥」と言う意味だけど
その白鳥がモチーフとされたものが城にはいっぱいあって、
白鳥城とも言われてる。
そしてお城から見える湖は「白鳥の湖」とも言われている(別との説もあり)
あれが白鳥の湖かどうかは定かではないけれど、
そうだとしたら、とてもロマンチック。

noi3


子供の頃に、図工の授業に木で彫って作ったオルゴール。
そのオルゴールの曲は「白鳥の湖」を選んだくらい
子供の頃は何故か白鳥の湖の曲が大好きだった私は、
「白鳥の湖」の舞台とも言われるこの場所に
とても興味を抱いていたのである。


と、まあ色々書いてるけど、このお城は本当に美しかった。
城からの帰り道は馬車に乗らずに雪道を一人で歩いた。


フュッセンは小さな町だし、他には何もなかったけど
まるで絵本の中に登場するような感じがした。
「グリム童話」を書いたグリム兄弟はドイツ人なんだけど
まさにこの街は童話に出てきそうな場所。

noi5

「ノイシュヴァンシュタイン」というドイツ語の発音がとても難しくて
このお城の後で滞在していたドイツ人の友人宅で
何度も練習させられた記憶があるけど、
ドイツ語はホントに発音が難しい!!

YHの発祥はドイツって言われてるくらい
ドイツ人は旅好きだから、行き当たりばったりの旅だったけど
とっても旅しやすかった記憶があります。


その翌年にもドイツは行っているけどそれ以来行っていない。
ドイツまた行きたいな。。。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。