10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死について考えてみる。

2010.04.22 21:48|友達
先日、福島の親友の父親が亡くなった。
去年の9月に別の福島の親友チャイコの母親が亡くなって、
一緒になぐさめに行った福島の親友ちゃみの父親。

正直、私もダメージは大きい。
ちゃみは結婚して、家を出ているけれど
今、私たちの年齢で親を失うことって多分あまりなくて、
もっともっと歳を取ってからのことだと思い込んでた。

人の命ってなんてはかないんだろう。
今日、話をしていてそんな風に思った。

「自分の親は絶対死なないって思ってたんだよね。そんなわけないのに」

と、ちゃみは言っていた。
確かに、そうかもしれない。
私も自分の父親、母親が死ぬなんて考えられない。
人には死というものは必ず訪れるものだけど、
それが「今」という風に思いながら「今」を生きてない。

私の両親を知ってる人なら分かると思うけど、
うちの父親。ありえないくらいタフ。
とてもラテンな人で、遊びに行くためなら(スノボーや釣り)、
寝ないでも遊びに行くような人。
家にじっとしていられない人で、子供の頃から色んなところに連れて行ってくれた。
昔、私が母親と大喧嘩して家出をした時に父親が飲みに連れて行ってくれたこと、
今でも覚えている。
でも酒とタバコがやめられないのが欠点。
だけど正直言って私より元気。

そして母親。
普段はぶりっ子(死語!)を気取ってるけど、実は結構酒乱で(笑)、
それでいて天然だし、時々分けわかんないけど、
背も高いし(168cm)、むかつくくらい細いし、
今はおばちゃんだけど、昔は結構きれいな人だった。
正直、私は母親とあまり相性はよくないけど、
私がすごく落ち込んだ時に自分でも自殺するんじゃないかってことがあって、
その時に私のことをずっとずっと抱きしめててくれた人。
母親の作る料理はおいしくて、どこの料理にも負けないと思う。


そんな今は元気な両親だけど、
私の両親だっていつどうなるかなんてわかんない。
そう考えたら何だか涙が出てきた。
ちゃみのお父さんが亡くなって、チャイコのお父さんもお母さんも亡くなって、
何だか早すぎる死を受け止めることが今はまだ出来ない。

去年、私自身も最愛の健太が死んで、
今でも健太がすぐ側にいる気がすることがあって、
健太のあごの辺りの感触や、健太の毛の感触をふと思い出すこともあって
それはすごく鮮明に感触が覚えているんだけど、
それでもやっぱり健太はもういなくて。姿はどこにもなくて。
今でも時々、健太の動いてる姿(動画)を見たり、
触っても反応のない写真に触れてみたり。


生きているものなら必ずしも訪れる死。
それは早いか遅いかなんだろうけど、
今まで当たり前にあったものが、
ふとなくなってしまう恐怖。

親友の親が亡くなって、改めて感じることや気づかされること、
忘れないようにしよう。

ちゃみのお父さんのご冥福を祈ります。


もうちょっと、お父さん、お母さんと仲良くしよう。。。
文句ばっかり言わないようにしよう。。。

そして、ちゃみと、ちゃみの家族が少しでも早く元気になりますように。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。