06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の病気は雪の話

2010.02.19 00:28|カナダ
昨日寝たの遅かったけどがんばって早起きしましたよ!
ハーフパイプみたさに。

国母くん、青野くんは本当に残念だった(>_<)
でも、やっぱり普通に考えたらすごいわけで。
国母くんはあんなに違った意味で騒がれていたけど、
あのプレッシャーの中であれだけの滑りが出来るってすごいし、
引き際のよさが印象的だった。
まだ若いし、がんばってほしいわ。本当に。


そして笑えたのが選手が滑る前に、
後ろに大きなパブリック・ビューイングみたいな画面があって、
あれにPVみたいな感じで流れてるのがちょっと笑いました。
アイドルチックで面白かったです。

そして、ショーン・ホワイト
すごすぎる全てにおいて完璧。
あんな高さ飛んで、空を飛んでるときってどんな景色か見えるんだろう?とか思ってしまう。
すごく魅せてくれるよね、彼は。毎度ながら感動してしまいました
トータルで彼の今日のあのランを20回くらいは見たと思います(笑)
そして、あの赤毛。
子供の頃とか絶対にからかわれてたんだろうなーなんて勝手に思ってます。
で、ショーン・ホワイトは神の領域、というか、ボードの神が降りてきてると思うのですよ。
あんなん、人間業じゃないもの。

そしてショーン以外に今日の私が選ぶのはアメリカのルイ・ビト。
何がいいって勢いのよさと、人懐こい笑顔。かわいいです

今日はボードと私の出会いのお話でもしようかしら。
私は子供の頃からスキーをやらされていました。
幼稚園くらいからスケートを始め、その後はいつの間にかスキーになってました。
高校の受験がある週末にもスキーにつれていかされてました。
「これだけ滑れば、受験では滑らないでしょ」と言うノンキな両親の元で育った私です(笑)
おかげで高校は滑りませんでしたが
でも親とスキーに行くのが嫌になり、高校の頃は全然行かなくなりました。
そんなんでしたが専門学校時代くらいから回りがボードになり、ボードに転換。
でも正直スキーからボードへの転換は難しく、かなり挫折した私(>_<)
雪山に行くのさえも嫌になりました。
二度とやるまいそう思っていました。

その後カナダへ。
私がカナダに住み始めたのは12月中旬。
そして出逢う人たち、周りは、みんなボードやる人たち。
そんなわけで着いて3日目くらいに早速ボードに連れてかれた。
ここでもやはり滑れず。転んでばかり。
というか、むしろ立ち上がることさえ出来ない状況

そんな状況なのに、いつもボードに連れて行かされる始末。
やっと立って滑れるようになったものの、やはりよく転ぶ。
おまけに昔の捻挫がまた発生し、それがクセになり、
足をよくひねるようになってしまった。
で、何でこんなに毎回毎回ひねっちゃうんだろう・・・?と考えた。

も、もしや・・・・?

通常は「レギュラー」という利き足である右足を後ろして滑るのだけど
「グーフィー」という利き足の左足を後ろして滑るスタンスにしてみた。

そしたら・・・

滑れる滑れる(笑)

「あれ、私グーフィーだったみたい(爆)」

今まで何度も転んでいたのに転ぶ回数が一気に減り、
ターンも出来るようになり、滑れるようになった(笑)

早く気づけよ!(笑)

そんなわけで二度とやるまいと決めていたボードですが、
周りの影響もあり、いつの間にか結構な回数をカナダで重ねていました。
出逢う人ほとんどがボードやる人だったんだもん(笑)
ゲレンデまで近いから、ウエアー着て、そのままバスに乗りゲレンデへ(笑)
そしてバンクーバーの夜景を見ながら滑るという贅沢☆

バンクーバーはウィスラーという山から遠くはないので、
本当に色んな人がボードをやりにウィスラーに篭る。
日本人も多く、実際私の友達でもプロになった人がいた。
そんな彼が数年前のボードの雑誌で特集を組まれていた。
(DVD発売もあったので特集だったみたい)
何か、すごく嬉しかった。
おまけに同じ雑誌にボードのカメラマンとして、別の友人の写真が
デカデカと掲載されていた。
(プロになった友人と、カメラマンの友人も仲間同士)

そのカメラマンの男の子はカメラのことでいつも話してたし、
帰国してからも結構連絡を取り合っていたので、
同じ雑誌にその2人が載ってることがすごく嬉しかった。
だから、その雑誌は今でも大切にしてあります。

まあ、そんなわけでボードを私に教えてくれた場所、それがカナダなのです。
それにしても、相変わらずボードは下手ですが雪は好きになりました。
ちなみに、私は冷え性がカナダでの生活で治りました(笑)
体質が変わったみたいです

・・・と、今日もカナダへの病気を暑苦しく語るわたしをお許しください。
病気はまだまだ続きます。

あ、でもオリンピックはハーフパイプが終わったので、
私の中のオリンピックは終わりました(笑)
燃え尽きました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。