09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お江戸のお話

2009.11.04 23:30|チベット
帰宅しました。
今回のお江戸もハードでした・・・

まず先日の日記でも書いたけどダライ・ラマ法王のお話。
いい席を用意していただいちゃったので、
とっても近くて鼻血が出そうになりました(笑)

dalailama

今回は4人の科学者と「仏教と科学が共鳴しあう」という、
なかなかありそうでないような対談でした。
私は科学とか本当に疎いし、海外で「仏教徒?」と言われても
「YES!!」と素直に答えられるような仏教徒ではない。

実際は相反しているような仏教と科学だけど、
そうではない部分があることを科学者の口から聞けたのは面白かった。
4人の科学者もさすがは科学者なだけあって、
ある意味で、めちゃめちゃ個性的でした。よくも悪くも(笑)

ダライ・ラマ法王。
相変わらず、他の宗教をもリスペクトするところが
すごいなと思うところであるし、学ぶことが多すぎる。
そして色んなものを超えた思いやり、愛、平和な心を探求することとか、
幸せなことも、苦痛なことも、メンタル的な部分が多いこととか、
色んなことを仏教と科学を通して話してくださった。

それに予想通りマイクでお茶目さんしたり、袈裟と同じ色のサンバイザー被ったり。
ガハハハハハーって笑うところや、「楽天的」って自分で言うところも素敵。
そして常にポジテイブで、大きなハートを持っている。
ただ、歳も歳なので疲労というかそういうものを
お顔を見た瞬間、去年以上に感じてしまった。
ダライ・ラマ法王と同じ歳くらいのおじいちゃんがもし
飛行機で海外に出向いて、こんなにハードなスケジュールで
講演なんてやってたら本当にぐったりしちゃうだろう。
でも、それをこなしているんだよね。
チベットのことだけでなく、世界の平和のことを考えて。
ゆっくり、のんびり休ませてあげたいなとしみじみ感じました。

ちなみにこの素敵なダライ・ラマ法王の写真は
お友達のカメラマン・ねこみみさんの写真です。
(ねこみみさん、ありがとうございます!)
http://nekomimi.ptu.jp/
ねこみみさんは本当にあったかい素敵写真を撮る方です。
この法王の写真、本当に大好きです


そしてその後はお腹も減り、フミちゃんとやこと夕食へ。
両国ということでもちろん「ちゃんこ鍋」を食す。
ちゃんこ鍋好きです。
どすこい。

お江戸2日目は、21日に迫った曹源一滴水の会場
mojoに行き
ジローご飯を食べさせてもらう。
これがとても美味しくて満足、満腹すぎました。
mojoは料理が安くて美味しいので、 曹源に来てくれる方はお楽しみに☆
http://www.mojo-m.com/

mojoは以前も行ったことはあるのですが、
イベント前にある程度のイメージ作りがしたいのもあって。
ジローちゃんと、大体のイメージを膨らませて参りました。
この日記を見てる中で来てくれる人の為に、
少しだけmojoを公開致します

mojoの入り口は、わんこが出迎えてくれます。
mojo1


中はこんな感じです。

mojo2

mojo3

去年の渋谷よりも空間は小さいけれど、
その分、みんなの距離が近くて、
きっと沢山の友達作れたり、
いい音を近くで聞けたり、
一人ひとりの心の距離が近いものになれると思います
そして、チベットのことも近くに感じられるような
そんなイベントにしたいと思っています

で、その後は上野へ。
チベット展がやっている。
http://www.seichi-tibet.jp/
噂には聞いていたけど、酷すぎた。
一応、見てみないと何ともいえないと思って行ったけれど
酷すぎて涙が出た
この展示を見に来る人は、これらがどういうルートで
どういう状況で展示されているのかを知らない人もたくさんいるだろう。
そして展示物への扱いの雑さにも悲しくなった。
主人を失ったこの展示物たちは、
囚われの身になっているようにしか見えなかった。
主人を失い、見世物とされているようにしか見えなかった。
いつになったら、主人の元に戻れるのだろう?

すっかり暗くなり、フミちゃんとの待ち合わせに行き、
イベントの為のミーテイング。
トークライブやるので、その内容は勿論なのですが、
色々と次から次へと必要なものが出てきちゃって
残りわずかの間に、それらをこなせられるか不安です
でも、やるしかないのでやります。アッキーがんばります
でも・・・結局、昨夜出会った衝撃の人のモノマネばかりしてしまったフミちゃん。
そんなフミちゃんから私まで感染してしまった。
それほど、衝撃な出会いだったのです。
まあ、怖いもの見たさでそのモノマネ見たいと言う方は、
フミちゃんか私までどうぞ。

今回のお江戸では家族のような親友の家へ久々に泊まりに行っていたのですが、
親友が事業を始めたことを昨夜カミングアウトされていたので
花束を(小さいけど)プレゼントしたら
泣きそうになりながら喜んでくれた。
その親友は日本人ではないので、日本で事業を始めることは
とても大変だと思う。
でもそれを乗り越えて今、スタートラインに立とうとしている。
すごく頑張っている姿に、勇気をもらった。
私は親友のことを誇りに思う

そして今日はウロウロしながら帰宅。
今回もハードでしたが、とってもいい休日でした
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。