03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアに行こうと思います

2009.04.05 01:31|
韓国の友人ドゥーから写真が送られてきた。
ん?CONVERSE??

doo

よく見たらドゥーが映ってた!
ちなみにドゥーは一番上の中央の帽子にヒゲくんです。
彼が描いた絵を持ってる。
最近はモデルなんかもやってるようなやってないような?
絵描きとしても来月NYに行くみたいなこと言ってるしー。
ちょっとドゥーが遠い存在になりつつあるようで寂しさを覚えたりもしたけど、
でも友達がハッピーになっているのなら、 (それを一緒に楽しんだり応援したりしたい。


話しは変わり・・・

実は今月末くらいからカンボジアに行くことにしました。
「え?チベットじゃないんだ?」
って思った人も多いと思うけれど私はカンボジアにも思い入れがある。

カンボジアに初めて行ったのはもう5年も前になる。
そのカンボジアで、たくさんの物売りの子供達に出会った。
最初のうちは「買って買って」としつこく後をついてきた子供達。
ポラロイドカメラでそんな子供達を撮って、その写真をプレゼントすると
物を売ることなんかそっちのけで、写真を見ては大きな瞳を輝かせていた。
こんな澄んだ瞳を、私は今までかつて見たことがなかった。

その後も、そこに遊びに行った。
もう子供達は私達に物を「買って」とは言ってこなかった。
言ってくる台詞は「遊ぼう」に代わっていた。

宿泊していた宿でも、子供達が働いていた。
親元から離れ、昼間は宿でお手伝いをし、夕方から学校に行く。
学校が楽しくて仕方ないようだった。
宿のご主人が親元から離れて暮らすこの子達を引き受けている感じだった。
そしてそこで働く大人の女の子や男の子たちは、
血は繋がっていないだろうけど小さな子供達の面倒をよく見ていた。

カンボジアという場所は、確かに物質的に恵まれているとは言えないし、
地雷がまだ残っていたり、地雷で手足を失った人がいたりするし、
決して豊かな国とは言えない。
だけど、私は決して物質的には豊かではないカンボジアで
沢山の笑顔をもらったし、計り知れない感情を抱くことになった。

アンコールワットを見たいという目的で行ったカンボジアで
私が手に入れたものは、もっともっと大切なものだったんだ。


去年の日記に書いた内容があるのですが今日の日記はこの内容の続きになりそうです。

この日記に書いてあるベトナムで気づかせてもらったこと。
ベトナムに行った時に運命とも言える出会いをしたんだ。
ヨシさんとヨーヘイくん。
ヨシさんは、本当に色んなことをしている人だった。
会話の引き出しが豊富で、彼の話しはとても面白かったし、
色んな経験をしている人で私や、周りにいた人たちはすっかり
彼の話しに魅了されていた。
彼は旅人でもあるけれど、人を助けることをしている人だった。
震災地で活動をしていた経験もあり、彼の話しはよくも悪くも、とてもリアルだった。
そんな彼と会話をするにつれ、自分が心の奥底にしまいこんでいた
感情が少しづつ蘇ってきた。

「この人、私がやりたいこと、行動に起こしてる人だ」

そう思った。
形や内容は違うにしても、彼のやっていることは
私が感じたり思ったりしていたこと、そのものだったんだ。

「人生観を変える出会い」
って多分、こういうことを言うんだと思った。

そしてヨーヘイくん。
彼は大学生だった。
ヨシさんとの会話の途中「俺もレスキューになりたいんですよ」
そう言っていた。
人助けをしたいと。そんな彼をすごいなと思った。
私はヨーヘイくんくらいの年齢の時には、遊ぶことしか考えてなかったから
彼の言葉は衝撃的だった。

この2人との出会いから私の心に少しづつ変化が訪れた。
「自分に出来る形でいいから、やっていきたい」
そんな風に思うようになった。

ヨシさんは、去年の中国の震災で真っ先に現地にかけつけ、
未だに救済活動をしている。
そしてヨーヘイくんは、去年からレスキューへの道の第一歩として
消防学校に通い、先日無事卒業し、新たなる場所での活動。

そしてベトナムではまる鼓との出会いもあったんだ。
今では、まる鼓はチベットサポートをする私をサポートしてくれる
大きな存在になっている。
大して行きたいと思っていなかったベトナムでの出会いは
私の人生を変えるものとの出会いだらけだったと、しみじみ感じている。

いつの頃からかは覚えていないけれど、アジアとかアフリカとか、
学校に行けない子供を学校に行かせたいって思っていた。
カンボジアに行った時にそれを強く感じたんだった。
だけど、学校を設立するというのは、継続させなければならないし、
そんな簡単なことじゃないことは分かってる。
それに今の私には無理だろう。
ずっとそう思っていた。
だから、心の奥底にしまいこんでたんだ。
諦めて、忘れようとしてたんだ。

だけど、このベトナムとの出会いによって、
それを少しづつでもいいから形にしていこう。
そう思うようになった。

そのうちの一つがチベット。
これは今の私の大きな部分を占めていることには間違いない。

もう一つがカンボジア。
学校を作るわけじゃないし、それはいつになるかもわかんないけど
大きな夢の一つとしてずっと先にあるものに変わりない。

だけど今回は、井戸掘りのお手伝いに行こうと思います。
正直、私は井戸のこととか全く分かってないし、知識も体力もない。
だから、お手伝い・・・というよりも足手まといや邪魔にならないかが心配。
暑さの中、私が倒れずにその場所にいられるかどうかも不安もある。
井戸掘りがどんな風になるかも想像できない。

だけど、その場所にいたいんだ。
その時間や空気を私も共有したい。
カンボジアで私がもらった沢山の笑顔を、
もっともっといっぱいに出来る瞬間があるとしたら、
そんな場所にいられるだけでシアワセ。
井戸を掘りたいという目標や夢に、私も便乗させてもらって
今では私の夢にもなりつつあります。

実はカンボジア行き、ずっと迷ってた。
そんな時「やらない善より、やる偽善」って言われたのは大きかった。

そして大好きなダライラマ法王の言葉がずっと頭の中をグルグルまわっていた。

「必要なときに行動しないのも、
 ひとつの悪い行動だと言うことです」

んー。
これは、きっと、もしや、今がその必要なときなのかな?
そんな風に思ったり。

そしたら先週末から話しがトントン拍子に進んだ。
航空券も取れちゃったし、絶対に無理だと思ってた休みも取れた。
最初に考えてた出発日を別の日に変更してから、
怖いくらいにスムーズに事が進んだ。

これって、風に乗ったんじゃない?私。
「タイミング」という風があるのなら、まさにそれに乗れたんじゃない?
って、勝手に思っています(笑)

こんなアタシでも、何かのお役に立てるはず!!
たっくさんの笑顔でいっぱいに出来たら、
その一瞬、一瞬を、私の表現の一つでもある「写真」と言う形で
残すことだってできるはず。


今月の代々木のアースディのお手伝いもいけなくなってしまったのに
「行っておいで」って言ってくれたフミネムや、アースディの
お手伝いを急遽引き受けてくれたまる鼓や、
そんな理由を知ってもハグハグしてニコニコ見送ってくれた久保さん。
みんな、ありがとー。

そんなわけでー、今月末にはカンボジア行ってきまーす。
とりあえず軍手とか用意したほうがいいよね?
スポンサーサイト

コメント

決まりましたか

色付きの文字
井戸掘りのお手伝いですか。
今までとは全く違った目的の海外、何かを感じなにを得てくるか・・・
前向きで元気なakkieさんだから、今回も一段とスケールアップしてくると思います。
私も楽しみにしていますよ。  頑張れ~

こちらは先月後半に一年目の検査でとりあえずは再発がなかったことで、次回の9月までホッとしていると行ったところです。

だいぶ遅れましたが2月に行ったミャンマーを最近UPしました。
サイクロンの被災地を訪問していくらかでも手助けになればと直接支援物質を手渡してきました。
良かったら見てくださいね。

obaq

No title

obaqさん
はい、やっときまりましたよ。


本当に今までとは違った目的の海外ですが、
これはこれでとっても楽しみなんです。
手伝いと言っても、足手まといにならないように、
邪魔しないようにがんばるのみです(笑)
井戸掘り自体もそのプロセスなんかも楽しみなんですが、
水が出た時まで滞在できたら、水の大切さとかを改めて
感じることができるかな?って思ったり、
人の笑顔なんかも見れたりするといいなって思ってます。

obaqさんの方は再発がなかったようでよかったですね。
9月までの間にまたどちらかに行かれたりする予定ですか?

ミャンマーの写真もまた見にいきますね。
直接支援物資を手渡す・・・ちょっと感動です。
軍事政権、どんなんなのかが気になっているので写真拝見に伺いますね!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。