FC2ブログ
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

「ルンタにのせて」&「雪の下の炎」

2009.03.17 23:29|チベット
今日は告知2本立て!!
ちょっと長いけど最後までお付き合い願います

関西の友達ゆうきたちが京都でチベットの上映会やります!!
私も初日にこのイベントに行きます
本当は黙ってサプライズにしようかと思ってたけど
先日の日記のコメントで無意識に書いちゃってて無理だった(笑)
もちろん、いつものお得意の18切符。
青春まっさかりです(笑)
というわけで関西エリアの方々、この3連休は京都に行きましょう
以下、詳細です。

runta


runta2

■ルンタにのせて■
-------------------------------------------------------
2008年3月10日、あれから1年 ――
今、チベットで何が起きているのか
チベット人は何を思うのか
知ってください、本当のチベットのこと
-------------------------------------------------------

日時:3月20日(祝)・21日(土)・22日(日)
場所:堺町画廊
住所:京都市中京区堺町通御池下ル
電話&FAX:075-213-3636    
アクセス:地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩5分
     阪急「烏丸」または地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩8分
     阪急「河原町」駅から徒歩15分
HP:http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/

~開催内容~
■■■ドキュメンタリー映画上映■■■

◆プログラムA(2作品 連続上映/日本語字幕)
「ヒマラヤを越える子供たち」(約35分)
ヒマラヤを越えて亡命する子供たちに同行して撮影されたドキュメンタリー映画。過酷な旅をする5人の子供たちと、命がけで彼らを導くガイドの姿を通して、難民となることを余儀なくされたチベット人たちの想いを伝えます。

「恐怖を乗り越えて」 (約30分)(英題:Leaving fear behind) <関西初上映>
2007年10月~2008年3月、チベット本土で極秘に行われたインタビューを集めた映像。遊牧民や学生など、ごく普通のチベット人たちが、世界中に向けてチベットの「いま」について証言しています。撮影に関わったチベット人のひとりは、今も行方不明になっています。

◆プログラムB(1作品/日本語字幕)<関西初上映>
「アップライジング イン チベット」(約50分)
2008年3月10日、ラサからはじまったデモはチベット全土に広がり、世界の注目を集めました。その時、チベットでは何が起こっていたのか? 情報統制が敷かれる中、命がけで伝えられた情報や映像が集約されたドキュメンタリー映像です。
※この作品には、遺体の写真画像が含まれています。お子様同伴のお客様は、ご注意ください。

【入場料 500円】
※1枚の入場チケットで、プログラムA・B共に御覧いただけます。
※席のご予約は承っておりません。入場順・自由席となりますので、お早めにお越しください。
※会場が満席になった場合は、入場をお断りさせていただくことがございます。ご了承ください。

【上映スケジュール】 ※3月20~22日、3日間共通 ※定員38名
11:00~12:10 プログラムA
12:30~13:30 プログラムB  
14:30~15:40 プログラムA
16:00~17:00 プログラムB  


■■■写真展■■■
☆チベット人写真家の作品展示
☆2008年10月のラサの写真
☆2009年3月のダラムサラの写真(予定)
☆ジャーナリストによるカトマンズのデモの写真
※写真展のみの場合、無料で御覧いただくことができます。
※公開時間:10:30~17:30(最終日のみ20:00まで)。ただし、映画の上映中は一部のみ公開となります。


■■■ライブコンサート&トーク■■■
日時:3月22日 18:30~20:00
(18:30に開場し、テントゥクを召し上がっていただいてから、19:00よりコンサートを開演します。)
出演:川辺ゆか

チベットに想いを馳せながら、楽しいひとときをお過ごしください。
入場料にはテントゥク代(チベット風すいとん)も含みます。
前売り:1,500円  当日:2,000円   ※定員:35名
※コンサートの収益の一部は、ダラムサラの伝統音楽保存のために寄付します。
※前売り券のご予約は、KIKU OSAKAのメールアドレス(下記)、またはFAX(堺町画廊:075-213-3636)にてお申し込みください。
お名前・人数・ご連絡先電話番号が必要です。 

■会場では、DVDやチベットグッズ等の販売をいたします。また、寄付やKIKU OSAKA活動資金へのカンパも募っております。

【主催】
チベットサポートグループ KIKU OSAKA、尾崎ゆうき、mako
問い合わせ:kiku.osaka@gmail.com
【協力】
ヒマラヤ国際映画祭 WEST JAPAN 2009、SFT日本、ガレガレワークス、ご賛同いただいたボランティアの皆様

-------------------------------------------------------
当イベントは、「ヒマラヤ国際映画祭 WEST JAPAN 2009」(4.25~5.8)に協賛しています。
様々な角度からヒマラヤを捉えたドキュメンタリー映画30本が大集結!
当イベント会場にて、作品紹介と前売券(1プロ1000円)の販売をいたします。
【会場】ウィングス京都、京都みなみ会館、神戸映画資料館  
【インターネット検索】 → ヒマラヤ国際映画祭 WEST JAPAN 2009
-------------------------------------------------------


そして、もう一つ。
去年、曹源一滴水の翌日にお会いしたパルデン・ギャツォ師。
33年間も拘束、拷問を受けても、生き抜いてきた人。
拷問で片耳の聴力を失い、歯も失った。
そんなに過酷な人生を送ってきた人なのに、
何であんなに暖かい笑顔でいられるのだろう?
何であんなに暖かい人なんだろう?
そう思ってしまったほど。
偶然パルデンさんがエレベーターから出てきて、
目の前に現れたことにとてもびっくりして声にならない叫びで、
「あーーーー!!!」と言ってしまった私のところにニコニコして近寄ってきて、
私の手を暖かい手で包み込んでくれたパルデンさん。
あの時のことは一生忘れません。

そんなパルデンさんを「雪の下の炎」という映画で見れます。

yukinoshita


この作品は、是非たくさんの人に見てほしい。
とってもチベットのことをリアルに描いてる作品だと思う。
チベットのことを知るには、いいチャンスです。

東京都渋谷にある「アップリンク」という映画館で
4/11~5/8まで上映予定です。
実は映画館でチケットを買うと収益は全て配給会社&映画館に
行ってしまうのです
でも、わたしたちチベットサポーターから買ってくれたら
映画館で買うより安いし(1200円)、監督に収益がいくの
この監督、コネとかスポンサーなしで自費を叩いて製作したの。
それほどまでに、沢山の人に見てほしいって気持ちを込めて
作りあげた作品。

だから、私達から買ってくれたら、
映画支援とパルデン師の活動への支援につながります。
監督もね、すごく頑張り屋さんで素敵な女性。
だから、もし見たい!って人いたら、
メッセージなり、なんなり遠慮しないで連絡くださいませ。

そんなわけで、今日は2本立てでお送りしましたー。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント