05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなに、ありがとう。

2008.12.30 20:09|
今年も終わりますね。
この年末に風邪をひいて、熱があるわけでないし、
至って元気だけど声出なくなって、
咳が出るようになって、さっきから咳をする度に

「まさか、アバラにヒビ入った・・・?」

って思うような痛みが若干走っております。
大丈夫なのかしら、私?
でも、明日から旅に出ようと思います。
ガソリンも安くなったことだし、車で国内を旅しようかなと。
西へ西へ向かおうと準備してるので、明日には咳も止まり、
アバラが折れたチックな思い込みな痛みもなくなり、
声も出るようになってる・・・ハズで今日の日記を書きます。

今年は本当に色々あったと思う一年だった。
気づけば、もう30日。

今年の初めに中国、チベットを経由してネパールを旅した。
旅の途中ではスーパー旅人カップル(今は夫婦!)から
世界中の話を聞いてワクワクしたり、
中国から 飛行機が飛ばなくて知り合った日本人6人で
一緒にパンダに会いに行ったり麻婆豆腐や、こってり中華を食べたりした。

とにかく、今年は初っ端っから「人」に恵まれていた。
そして私は、この旅でネパールやチベット文化圏が大好きになった。
ネパールではネパール人の友人宅に泊まらせてもらって、
家庭料理を食べさせてもらったり、
夜は暗闇キャンドルの中、家族みんなで話をした。

そして修ちゃんと一緒に、流れ星や天の川も見たり、
チベタン料理にハマって毎日通ったり、
びっくりするような彫刻のある歴史ある町に行ったり、
原付に乗って湖畔をぶらぶらしたり、山にも登ったり、
自然の美しさに感動したり、 朝日や夕日を見てキュンってしたり、
人のあたたかさに胸が熱くなったりした。

旅を通して、たくさんの人にやさしさとあったかさをもらった。
これがきっと、今年の私を大きく変える出来事のはじまりだったと思える。

そして3月。
チベットで騒乱が起きた。
罪もないチベット人たちが拷問されたくさん殺された。
未だに、行方不明の人もいっぱいいる。
正直、何が何だかわかんない状態が続いた。
何故、こんなことが起こってるのかわかんなかった。
「今現在」、「今の時代」に起きていることとは到底思えなかった。
本当に毎日毎日泣いてばかりいた。
全く知らない他人のことで、こんなに泣いたのは初めてだった。
人が死ぬということが怖かった。
無力な自分が悲しくて、どうしていいのかも分からず、
チベットを通して知り合ったフミネムと毎日泣いていた。
前を見ることも、顔を上げることもできなくなっていた。

そんな時に、落ち込み行く気もないのにEndyに誘われて行ったライブの打ち上げで
その後の「曹源一滴水」に繋がるジローちゃん、Indus&Rocksとの大きな出会いがあった。
この出会いがあって、無力ながら何かできることをしようっていう
気持ちを持てるようになった。
やっと、泣いてばかりいた自分が前を向けた瞬間だった。

その後、中国の四川で大きな地震が来て、自分がチョット前まで
滞在したところだっただけに思い入れがあって、オロオロしてしまった。
知ってる顔が頭をよぎる。
そして私がとてもリスペクトしている人が救済活動に向かった。
そして未だに彼は救済活動をしている。
今では、今まで以上にそんな彼のことをリスペクトしている。

その後も毎日チベットのことばかりだったけど、
チベットのことがきっかけで沢山の人と出会えた。
本当に、今でもチベットのことを真剣に考えてる大きな心の持ち主たちばかり。

夏には3月から温めてきたイベント「曹源一滴水」があった。
私にとってはこのイベントは、とても大きな出来事だった。
音楽を愛する人たちが集まって、音楽を通してチベットのことを知ったり、
考えてもらおうっていうイベント。
全くチベットとは無関係、チベットってどこ?って思うような人たちに
少しでもチベットのことを、知ってもらいたい。
でも、その分課題もいっぱいで、ない頭を振り絞って、
どうやったら伝わるか? とか、どうしたらみんなに知ってもらえるか?
って、いつもいつもロッパのメンバー(チベットのことで活動してる仲間)と
考えて、あーでもない、こーでもないとミュージシャン側ともいっぱい話し合った。

「一人の人に響かなきゃ、大勢の人には響かないよ。」

とまる鼓に言われた時、私は気づいたんだ。
イベントに来るみんなに伝わったらそれはそれで嬉しいけど、
まずは一人だけでもいいから、ちゃんとその一人に伝わるよう話をしようと。

そして7月20日、渋谷。
みんなで作り上げた曹源一滴水。
賛同してくれた人たちが音楽や照明、食べ物だったり、
みんなそれぞれが出せる力と気持ちを持ち寄って出来たイベント。
そしてそこにきてくれたお客さんたち。
友くんも遠くから来てくれた。
とても嬉しかった。
トークライブは緊張したけど、無事終わった。
このイベントが出来て本当によかった。
一人じゃ何も出来ないけど、 一人ひとりの力が集まると、
こういうことも出来るんだって思えた瞬間だった。
このイベントに携わった人全てに感謝している。
ロッパのみんな、ジローちゃん、マオくん、オオチャン、
まぁさん、サトシ、そしてみんな、ありがとう。
そして、来年はこの「曹源一滴水」の「二滴目」をやろうと
ジローちゃんと先日から話しています。
次につながれることに感謝。

そして夏はスペイン人ゲストが泊まりにきて盆踊りを踊りにいったり、
スペイン語をやってみたり、とにかく日本にいながらして
旅気分を味あわせてもらえた。
Luna(月)というスペイン語の名前ももらった。

今年は大好きな京都も大阪も2度行って、姫路城も初めて行ってみた。
鳥羽や伊勢にも行った。
鳥羽ではまるで夏休みにおばあちゃんの家に行ったみたいな海辺の家で
みんなで海女さんが取ったウニを食べたり、
竹でご飯を炊いたり、たくさん話をしたり、海辺で星空を見た。

伊勢神宮にも行って、背中がピンとさせられたり、
沢山ある大きな木からパワーを分けてもらったり、
流れていく川と、温かく包んでくれる太陽の光に感謝。

夏の終わりには「ゆらりとどらむかう」という音楽イベントに参加させてもらって、
原発のことも考えるようになった。
大好きな音楽を通して、今まで見えてなかった、今まで知らなかったことを
少しづつだけど知る機会が出来た。
私の中で、とても大きな出来事だった。
知らないことを少しづつだけど知っていこう。

そして2年ぶりにダライラマ法王の笑顔が見れた。
今までもそうだけど、悲しくて心が痛くて苦しいことが
いっぱいあった一年だったと思う。
それでもダライラマ法王は日本に来てくれた。
法王も、チベット人も、みんな笑顔になれる日が来るといいな。
いつになるか分からない。
長い長い道のりかもしれないけど、
私はそんな日が絶対に来ると真剣に信じている。

今年はKちゃんに誘われ、私の写真がポストカードになって売られた。
何だか不思議だけど素直に嬉しい。
私の写真が、旅人の手から、その旅人の家族や愛する人たちに送られていく。
世界の旅人たちに、そんなお手伝いが出来たこと、
とても嬉しかった。



そんな今年も、もうじき終わる。
今年はたくさんの人に出会って、たくさんの人に支えられてきた一年。
これほどまで、沢山の人に出会ったのは
私の人生の中で初のことだったと思っています。

今年は「出会い」の一年でした。
出会いという「光」をいっぱいつかんだ一年です。

hikari

たくさんの人たちと出会えたことや、つながれたことに感謝です。

私と出会ってくれた人、出会って繋がってる人みんなに
「ありがとう」を言いたい。
来年はもっともっと繋がっていこうね。



来年はどんな一年になるんだろう?
こんな私だけど、来年もよろしくね!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。