08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉につまる・・・

2008.06.19 01:11|四川省 地震
中国、四川の地震が起きて1ヶ月過ぎた。
日記に何度か書いたけど、成都で活動していた私の知り合い。

彼が先日から一時帰国している。
心配してくれてた方、ひとまず無事に帰ってきてますよ~!

帰国してからも日本各地を飛び回って、色んなとこで
現状を話したり、打ち合わせしたり取材やらラジオやらで、
かなり忙しくて寝る時間が3時間くらいしかない。
それでも成都でボランテイア活動中は1時間くらいしか
睡眠時間がないからまだマシだって言っている。

地震の話を聞く。
普段はオシャベリな私が話をする隙なんて与えられないくらい
よく喋る人なのに地震の話になると、ちょっと重たい沈黙な空気が流れる。
そしてオシャベリな私なのに、リアルに聞くと何て言っていいのか分からなくなる。
そして切なくなって言葉につまる。
私が想像する以上に、壮絶な世界だということが感じられる。

「今まで色んな被災地に行ってきたけど、今回が一番酷い」

そう彼は言った。
色んな海外での被災地に行ったり、見たり、経験したりしてる人なのに、
そんな人がそう言うなんてよっぽどなんだと感じた。
でも途中、睡眠不足らしく何度もアクビが(笑)
そりゃ、そうだよね。
日本に戻ってきてもオフもなく忙しく動き回ってるんだから。
ただ、あまり無理しすぎて自分の身体を壊すんじゃないかと心配になる。
今月末に成都に向かったら、また忙しい日々なんじゃないかと思うと、
せめて日本では少し休んでほしいなと思うけど・・・

被災地にはまだまだガレキの下に埋もれている人がいること、
その村なんかには、救援活動に向かうことも難しいことと、
NGOなんかのボランティア活動をしている人たちに対しても
中国政府の規制が厳しくなってきているそうだ。
また今月末には成都に向かうので、

「次回は拘束されるかも。捕まらないよう祈ってて。」

と、半分笑いながら言っていた。
でも、それが冗談じゃないことくらい、私にも分かる。
ジャーナリストたちも、何人か拘束されたみたい。
ジャーナリストは、中国にとって記事にしてほしくないことを
取材する可能性だってあるから、拘束されるのも何となくはわからなくはない。
でも、一緒に救援活動をしている人まで拘束するかもしれないなんて、
何かがおかしい。

「救援活動してるのに、拘束なんておかしい!!」と私が言うと、
「だって、あの国ならありえるでしょ?」と言われた。

確かに、ありえる。。。と思う。

そして成都の宿、Sim`sは今はほとんど観光客がいないようで・・・
観光シーズンなのに、大変だ。。。
アメリカや日本のNGO団体なんかがいるそうです。

日本でも東北地方で地震があって、
本当にいつまた地震がやってくるかもわからない。
いつ、どこでも願うのは、一人でも多くの生存。
そして、復旧。
心のケア。

先日の日記にも書いたけど、もっと精一杯生きていこうと思った。
そして、私にとっては憎き中国共産党や政府だけど、
でも本当に中国の一般人には何の罪もないこと、
ある意味では被害者だということを改めて感じた。

明日は今日より、もうちょっとがんばってみようと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。