09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無力な自分。

2008.06.11 02:23|チベット
一昨日の日曜の夜友人が静岡参上。
富士山篭りをするというので翌日の夕方まで一緒に
富士山付近をドライブしたりしました。
そして、昨日の夕方に友人を山篭りの場所まで送っていき、
こんなところがあったのか~と驚きながらも、
わたしまでズーズしく夕食をいただいてきました(笑)
チベット旗も貸してきたのですが、どうやら今日掲げたらしいです(笑)

そーいえば、何だか今年はやたらと

「富士山登る」

と言う人が多い。
すでに友人ひろから夏に登ると連絡があったし、
修ちゃんも登るらしい。

「この際、チョモランマ登っちゃえ!!」

・・・と言いかけましたが、やめときました。
もし登ったら(登れたら)それこそチベット旗ですな。


ちなみに、富士山に行くというと富士登山すると勘違いする人が多いので
ここに書いておきますが、富士山の山開きは7月1日からみたいです。
富士山はいつでも登れるわけではありません。
まだ雪だって残ってるし、8月末には登れなくなります。
過去1度しか登ったことないけど、私は二度と登らないと誓いました(笑
半端な気持ちでは登れないですYO!
アタシは数年前に男2人と計3人で登ったけど、本当に
途中で何度もくじけそうになりました。
南米ペルーのマチュピチュに登ったときなんか比べ物にならないくらい、
ネパールのサランコットに登るのなんて比べ物にならないくらいしんどかった
行く人は体力も精神力もつけて行ってください。
体力に自信ある人は大丈夫だと思いますが、
タバコ吸ってる人は、ひかえたほうがいいと思います(がんばれ)
ちなみに私の知り合い(女性)数人は、登ろうとしていたけど
登れなくて途中で断念した人が何人もいるYO!!

富士山周辺にはたくさんの人が集まってくる。
いい人たちもいるけど、オ○ムみたいな変なのも多いので
富士山ぱわーは、不思議です。

そうそう、この間睡蓮をみつけた。

suiren


蓮も大好きだけど睡蓮も好き。
睡蓮より蓮の方が好きだけど、でも睡蓮を育てている。。。。が、
まだうちの睡蓮ちゃんは咲いてない。
つぼみさえない。去年は咲かなかった
一昨年はキレイに咲いてくれたのに。。。
咲いてほしいわ、睡蓮ちゃん。

そして、最近チベットのニュースが極端に少ない。
ニュースが少ない分、心配になる。
こうしてる今も、殺されたり逮捕されたりするチベット人は増えている。
以下、ニュース貼り付け。

******************************************************
昨日6月8日朝9時、カンゼ地区にあるサムテンリン尼僧院の
尼僧ツェリン・ツォモはダゴゾンにて一人「
ダライラマ法王をチベットにお招きし、玉座にお座り頂こう、、、」
等の文面をしたためた文章をみんなに配り始めた。
直ちに軍隊に撲打の上逮捕された。
彼女が何かのスローガンを叫んでいたかどうかは不明。

さらに同日午後5時頃このことを知ったサムテンリンの尼僧全員が
彼女を救うためにダゴゾンに向かった。
しかし途中ゴゲタンにて軍と武装警官隊に行く手を阻まれ、逮捕された。
目撃者の話によれば、その逮捕の様は尋常ではなく、寄ってたかって激しく撲打され、
あるものは刀で切りつけられ、重体となり病院に運ばれた者もいたという。

この出来事を知ったチベット人たちは、中国のその残忍なやり方には
堪忍袋の尾が切れたとして約500人~600人が政府庁舎の前に集まり
「連れ去られた尼僧たちを解放せよ!もしも彼女たちが解放されない場合には
本当に大きなデモをやる」と夜遅く9時ごろまで叫び続けた。
結果その日数人の尼僧が解放されたという。

本日(6月9日)朝9時ごろ軍隊の暴力により重症となった数人の尼僧だけが
家族の背に負われ外に出されたという。
その内の二人は肋骨が折れており、数人は口も聞けない状態だった。
もっとも酷い重体の数人はそのまま遠く成都の病院に運ばれたという。

この尼僧院では、先の5月下旬尼僧院の近くで「チベットに独立」
を求める文章が発見されたことがあった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<逮捕時の暴行により僧侶一人が死亡>

先の6月6日には、同じダゴゾンで僧侶三人がチベット独立の
スローガンを叫びながら行進した。
僧ツェワン・ダクパ、テュプテン・キャンツォ、ジャンセム・ニマが
その場で逮捕された。
そのうちの一人が死亡したとのニュースは先に入っていたが、
今日その一人とは僧ツェワン・ダクパと判明した。
彼は逮捕の時軍隊や警官から非常な暴力を受け、重体となり病院に
運ばれたが、医者は始めより手遅れだと言ったという。
そして今日彼は死亡した。

今日この3人のデモの様子が詳しく伝えられて来た。
それによると彼らは一度に3人でやらずに、一人がまず叫び、
彼が捕まるのを見て次の一人、また同じように最後の一人というように連続してデモを行った。
三人とも真白な服を着ていた。

僧侶たちが目を覆うばかりのリンチを受けるのを目の当たりにした
周りのチベット人たちは心に深く傷を負ったという。

********************************************************

女性(尼さん)だろうと、なんだろうと容赦なく暴力をふるう中共の
やり方にはやはり納得できない。
未だ、チベットに観光客は入れず、どんな状況になっているのかを
考えるだけで不安だ。。。
チベットが独立だとか自治権だとかそういうものよりも、
今は一人でも多くの人を虐殺から救いたい。
そして一人でも多くの人が釈放されてほしい。
そう、願うことしかできない。。。

四川の地震もそうだ。
Sim`sのページに写真が増えた
今の私は、現地に行くわけでもなく、ただ現地からの情報や連絡を待ってるだけ。
ただ「身体に気をつけてね」とか、「暑いだろうけどがんばってね」とか、
そんなことしか言えない自分が虚しい。


無力な自分が悲しい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。