10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love letter from Canada

2008.05.13 01:38|チベット
Love letter from Canada

こんな曲がありましたね。
実際、私はサビの

♪ラッブ レター フローム カナダ~♪

の部分しか知りませんが。
カナダにいた時に、日本へ出す手紙は全て
Love Letter from Canada~♪でした。

まあ、そんな話題はどうでもいいですが(なら書くなって?)
ラブレターじゃないですけど、
チベット人からの声が届いております。

以下、トロプフェンさんの書き込みをコピペです。

*******以下 チベット人の友人からのメッセージ*****************

チベットを愛しているみなさんへ
私はチベット人の代表として日本全国のみなさんに
心から感謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。


日本のみなさんへ、本当にありがとうございます。
たくさんの人がチベットのために今までいろんなことやってきました。
これからももっとやっていく人まだまだたくさんいると思います。


私は中国の中で育ったチベット人でございます。
黒暗の社会です。
これを思うたびに涙が出てきます。
私の家族だけでいっても、59年私のお爺さん政治犯で刑務所に入った。
当時私のお父さんは2歳になっていない。
家全部壊され、財産、家具すべて持ち出されました。
残されたのはお婆さんと二人の子供だけでした。
食べ物、着るもの一切なし。
そのとき何を食べてきたのか、草です。
私の家族は59年から草をたべって育ってきました。
私のお父さんは自分のお父さんの顔も知らない。
刑務所から帰ってきて、すぐなくなりました。
生まれる前の年になくなりました。
それからお婆さんは私が21歳のときになくなりました。
わたしが子供のときお婆さんは毎日泣いて当時のことを話しました。

残った三人の生活、なくなったお爺さんの刑務所での生活、
これを考えると私の心臓動かない。この悲しみは一生消えない。

昨日テレビを見ました、中国の大使館の人と中央テレビのアナウンサ、
大学の教授ら三人いました。
最初は日中関係を話しましたが、途中からチベット問題をはなしました。
そのときのあいつらの発言は私の心を射しました。
何であんな発言するのか。その場で殺したかった。
日本人に"あなた達はチベットのことわかっていません。
もっと勉強してください"こんな自慢の発言もしました。
一人だけじゃない三人とも、これで見ると、中国人が傲慢な人間なのがわかります。
自分の上には何もないと思っています。
本当にありえないですよね。
中国人には人権があります、自由を知っています。

私はひとつの例を挙げます。
中国のすべての番組で毎日日中戦争が放送されています。
今でも放送しています。中国の13億の人の中で半分以上の人は
日本という国の事はわからないと思いますが、
日本語というと「馬鹿やろ」これは誰でもわかります。
何でこんなことになるの、これは中国教育問題です。

じゃ それでは チベットは?何でチベットと中国の戦争は放送できないの。
なんで、理由は????
これは自由ですか。これは人権あるのか。
こんな例はたくさんあります。

中国は世界に"チベットは発展しています"って言っています
。本当にそうですか。日本のみなさんそう思いますか。
もし思っていれば大間違いです。"チベット鉄道はチベットのためです。
"いいえ、違いますよ。チベットを漢化させるための第一歩です。
中国の資源の50%はチベットにあります。それの運送のためです。
または今回のように軍人移動のためであります。
それでチベット鉄道を建設のためにその周辺と駅だけ、
観光客の目の前だけきれいにしているだけです。
それを世界に大きく広げています。
中国のやり方を見ると心が止まらない。

チベットのみんな苦しんでいます。助けて下さい。

(この文章はmixiからのコピペです。)
*************************************************************
ん~。。。
なんつーか、アタシは切ないっす。
同じ地球の中に生きてる人で、
同じアジアの同じ肌の色をした人たちなんだよ~。

でも、置き換えて考えてみる。
アタシはもし自分の家族や愛する人が殺されたら・・・

現にそういう人がたくさんチベットにはいます。
東トルキスタンだって、内モンゴルだって、ダルフールにだって。

そして、今のビルマ(ミャンマー)や中国四川省の地震も、
どうなるのか心配だ。
地震の方は、政府が支援するとはいいつつも、漢民族と同じように
チベット族も救助されるだろうか?
地震があったエリアはチベット族も多いエリア。
だから尚更心配だ。。。

正直言って、無関心だったり無知でいることって罪です。
まずは知ることから初めてください。
知って、家族や恋人、友達や職場の人、学校の人、
まずは周りの人に話してください。

そして少しでも多くの人に知ってもらってください。

もし日本に人権擁護法案が出来てしまったら、
日本もFREE JAPAN!って叫ばないとならない日が来るのだから・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。