08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモな一日。

2008.05.07 21:27|チベット
今日の日記長いですよ~。
覚悟して読んでください(笑)

朝10時に日本青年館に集合だったけどちょっと早く着きすぎて珈琲タイム。
そしてフリーチベット一家のフミ氏と合流し、集合場所へ。

今回は中国国家主席が来るので、デモ自体も気合が入る。
TSNJ(チベット サポート ネットワーク ジャパン)
SAVE TIBET NETWORK主催とのことで、かなり気合度も高い。
私はTSNJのスタッフとして参加。
スタッフの腕章をもらい腕につける。
前に長野で知り合ったジェイソン(ニックネームね)もスタッフでいた。
彼は目立つからすぐ分かるw

デモの前に日本青年館で集会があるのだけど、私達は行かずに明治公園で準備。
ちょっと集会を見てみたかったけど、まあ今回はスタッフに専念しよう。

「ダライラマ法王と中国の対話が実現した」
と言っていたけど、実際この対話内容は、

「次の対話の日程などが決まった」

ただ、それだけらしい。
それって、対話なんでしょうか・・・?

途中のフリータイムは明治公園のフリーマーケットを覗きに行く。
チベット国旗を持って歩いていると、数人に話しかけられた。
年配者が多かったけど「がんばってね」とか声をかけてくれた。
何だか、嬉しかった。
そして一組の老夫婦と話をした。

「デモには参加は出来なくてごめんね。でも応援してるからね。がんばってね」

そう言ってくれた。
それだけでも嬉しかった。

そういえばロイターに取材された。
正直、取材は何度されても慣れない・・・
まあ、どうせ使われないだろうけど(笑)

そして、日本青年館での集会も終わり、デモが出発する。
デモ隊は、予想では2000~3000人になるだろうと
いわれていたけど見た感じではもっと少なく感じた。
それぞれ250人くらいで一つのグループとして出発する。
私は1グループ目になった。。。
正直、1グループ目はちょっとしんどいな・・・と思った。
どうしても1グループ目というのは、先陣きっていくわけだからハードなのは確か。
でも、やるからにはがんばろう。
そう思ってスタートした。

グループの前後にスタッフが付く。
私はグループの後ろを歩く。
列からはみ出したりする人を誘導したりするのだけど、
そんな人は全くいなくて、みんなちゃんと歩いてくれている。
みんな、真剣だ。

そしてこのグループの先頭はチベット人のドルマさんだろう。
前回の長野で頭を坊主にしていた女性。
彼女のシュプレヒコールは本当に心にズシンと響く。
彼女の叫びを聞いたらきっと、心を動かされる人も多いだろう。

途中、マッキーと会う。(牧野さん。元衆議院議員)
マッキーは前の日記にも書いたけど静岡人なので親しみがある。
ちょこっと話をする。マッキーも、もちろんデモ参加だ。


明治公園から青山通りを歩き、表参道を通る。
手を振ってくれる人がいたりする。
子連れ参加の人がいたり、かなりの年配者なんかも参加してくれている。
子連れ参加者はちょっと大変そうだったけど、
小さな子供達がいることによって、これが攻撃的なデモではなく
平和を訴え、非暴力なデモであることを象徴していたと思う。
de


多くのメデイアなんかも来てたし、デモ行進を見る人は、
「チベット国旗」を見てどう思っただろう?
多くの人がこのチベット国旗を見て、何かを感じてほしいと切に願う。

右翼な人たちももちろん途中で現れた。
チベットを応援しているようなことを言う右翼な人たち。
ちょっと攻撃的な彼らの言葉は、チベットサポートをしているこのデモと
ひとくくりにされると正直ちょっとツライかも。。。

そして私達のグループは代々木公園に到着した。
私と、1グループ目のスタッフは次に来るグループを誘導で出迎える。
たくさんのグループが到着する。
それぞれのグループに2名くらいのチベット人とスタッフが付いている。
どれだけのグループが入ってきただろう。
正直、驚いた。
予想よりも遥かに多い。
一つづつのグループが行進するのに離れてしまったので時間がかかった。

東トルキスタン(ウイグル自治区)と内モンゴルの旗の団体がやってきた。
彼らは彼らの民族衣装で登場した。
その民族衣装の素晴らしいこと。
私は民族衣装が好きだ。
これらは誇るべきものだと思うし、美しいものだ。
文化の象徴でもあるし、私は着物だって好きだ。
東トルキスタンはイスラム文化があるし、東トルキスタン人のおじさんは
ヒゲをたくわえ、王様みたいなファッションだった。
その民族衣装は誇りに思える。
内モンゴルの人たちもモンゴルの衣装だ。
彼らの衣装は、TVでよく見かけたりもするけど、
やっぱり色もきれいだし、美しい。

そして彼らもチベットと同様に中国で虐殺や民族浄化が行われ、
独自の文化も人々も失われつつある。
そんな民族が一緒に立ち上がりアクションに起こすことは
私はすごいことだと思う。
私は、単に「チベット」が他よりも身近だったからチベットを
サポートしてるけどチベットを知れば知るほど、
東トルキスタンや内モンゴルの状況なんかも知ることになり、
「中国」という国の中で、多くの民族が苦しんでいることを知った。

そんなわけで、こうやってチベットが今、世界的に
注目を浴びる中、東トルキスタンや内モンゴルも民族同士協力し合い、
一緒に行動を起こすことは本当に素晴らしいことだと思うし、
お互い助け合うというのが、平和に結びつく条件の一つだと思う。
コキントウに是非とも教えてあげたいことの一つです。

そして、友人いでまるこ、sabis、てつ、わいくー、ちびのりだーが
いるグループが到着。

その後も、ジローくんやマーさんがいるグループが到着。
会えたらいいねって言ってたから会えてよかった。

お坊さんがいっぱいいるグループもいた。
私は熱心な宗教者じゃないから、偉そうなことはいえないけど、
でも仏教国のチベットのために仏教国である日本のお坊さんが
こうやって声をあげてくれるのは、嬉しい。
当たり前のことなのかもしれないけど、色んなしがらみがあるだろう
この日本で、こうやってシンプルに、お坊さんが行動してくれるのは
チベット人にとっても希望になるだろう。

そしてやっと最後のグループが到着した。
一番初めのグループにいたから参加した最初から最後までの人々を、
私は見たことになる。

正直、泣きそうになった。
こんなに多くの人が虐殺されてるチベットや東トルキスタン、
内モンゴルの人を思い、参加してくれた人が多い。
重いテーマだけど、多くの人が立ち上がった。
素直に感動してしまった。

そしてデモの参加人数はなんと4200人という。
当初の想定人数よりも遥かに多かった。

その後は、キャンドル・ライテイング。
それまで時間があるので、スタッフ仲間で友達になったpちゃんも
一緒に軽く食事。

キャンドル・ライテイングは、犠牲者への追悼と平和を願うもの。
代々木公園にはたくさんのキャンドルが灯された。
風が吹くと消えそうになるキャンドルの灯りを、
みんな消えないように大切に、まるで小さな命を抱くようにしていたのが
すごく印象的だった。

長かった一日が終わった。

そして、今回ボランテイアスタッフをやってみて、
決してラクではなかったけど、でもやってよかったと思ってる。
私に出来ることの一つとして、やってみたかったのもあるし、
たくさんの人に声援をもらったりして、疲れなんてどこかへ ふっとんじゃう(笑)
スタッフの仲間も増えた。
みんな純粋に、

「何かできること、自分にできることをしたい」

そう思ってる人たちだ。
だから、同じ気持ちでがんばれるし、そういう人たちと出会えるのは 嬉しいし心強い。
TSNJのトップでありKIKUもやっている方と話しをして、7月にやるイベントの話が
また少し前進した。
そして、主催してくれたTSNJやSAVE TIBET NETWORKのみなさまお疲れ様でした。


そして参加してくれたみんな、ありがとう。
声をかけてくれた人たち、ありがとう。

FREE TIBET!
SAVE TIBET!
そして、
FREE&SAVE 東トルキスタン、内モンゴル!!


写真いっぱい見れます

こっちも写真たっぷりみれます


ちなみに動画があります。
これ、デモの全てが映ってます。
「デモの再放送」これに、映ってます、私。
25分あたりからの後姿はアタシとしんちゃんですw

ニュースソース
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080506/24614

http://edition.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/05/06/japan.tibet/#cnnSTCVideo

http://savetibet.ru/2008/05/06/japan_tibet.html


その後、みんなで飲みに行った。
同じグループを担当してたスタッフのしんちゃんも一緒に行った。
彼はアツい男で初対面ながら、色々語った。
同じような気持ちを持った人たちとこうやって行動できて、 本当によかった。
いい時間だった。
それぞれアツくトークしていた。
終電乗れず(笑)
みんなでゲストハウスいでまるへ。
ゲストハウスいでまるで、吐きまくったアタシ・・・
飲みすぎたわけではないが、疲れてたのに飲んだからかもしれない。。。


で・・・追記
今(5/8日 2:25am)見つけちゃいました。
ロイター・・・
世界版の方に映ってました・・・
英語での通訳付き(笑)
アタシ、世界進出・・・(微妙)
本当にアタシってすぐにわかってしまうので、知りたい方のみ連絡ください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。