03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクションその1

2008.05.02 01:24|チベット
こんなの見つけました。
これは、行動に起こすのみ!!



<大礒正美研究室 よむ地球きる世界>より

福田首相は、洞爺湖サミットを対中外交に利用することを考えるべきだろう。悪い意味ではない。
サミット主催国としての特権であり、それを活用しなければ却って後ろ指を指されることになる。
胡主席はサミットにもオブザーバーとして招待されている。
そこで、日本としては日中首脳会談で対決するのを避け、中国に宿題を持ち帰って貰えばいい。
回答はサミットで、ということである。
 さて、では何を宿題にするのか。

 「ダライ・ラマ14世をサミットに招待する」と通告する。それだけでいい。余計なことは言わない。
同意を求めてはいけない。誰を、どの国を、サミットに招待するかは主催国の裁量に任されている。
正式メンバーでない国の拒否を受け入れたら、日本はもうお終いである。

 ダライ・ラマ招待は中国を除く世界中から大拍手をもって歓迎されるだろう。
そして、洞爺湖では各国首脳が争って同法王との会談を求めるに違いない。
 それが予想できるからこそ、中国主席は自分も会談を求めるしかないと考えるだろう。

 だから宿題である。胡主席の立場としては、
(1)参加してダライ・ラマと会談するか、
(2)参加して会談せずに終わるか、
(3)参加を取りやめるか、3つに1つの選択となる。
誰が見ても(1)が中国にとってベストの選択であり、
あとはどちらも世界を敵に回すことを意味している。
そして翌8月には北京オリンピックを主催する。

福田首相は、明示的にダライ・ラマとの会談を勧めたり、会場を提供したりする必要は全くない。
却ってやらない方がいい。
ただ「通告」するだけで必要十分なのだから、余計なことはしない。
 それだけで、日本外交として近来まれな大ホームランになる。

~引用終わり~


これが実現したら素敵ですよね。。。

ガンバって!!福田クン!!!

下記、要望書の雛形を記します。
──────────────────────────────────


日本国 内閣総理大臣殿

チベット問題に関する日本国政府に対する要望書


 1959年3月10日より国際社会が注目し続けているチベット問題に関して、
「人権問題」としては注視するが、あくまでも「中国の国内問題」と位置付けて、
「内政不干渉」の外交政策を貫き続けてきた。
しかしながら、度重なる対中関係での諸問題や本年3月に勃発した一連の
チベット自治区ならびに近隣のチベット人自治州での騒乱などに対する国際社会の
この問題に対する取り組みを鑑みれば、現在の我が国の姿勢が、
今後のアジア太平洋地域の平和と安定の構築に貢献すべき国家として
相応しいものであるとは決して思われない。
したがって、我々チベット問題の早期全面的解決を求める者としては、
日本国政府に以下のように要望する。

(1)政府ならびに政府関連機関において、チベット問題に関して、
これまでの「内政不干渉」の原則を撤廃し、国際社会と連携し、
公平かつ客観的な視点に基づいて、本問題を注視し、
チベット問題の平和的解決は我が国のアジアにおける平和貢献活動の一環として
位置付けるよう要望する。

(2)北京オリンピックの前に我が国で開催されるG8北海道洞爺湖サミットの際に、
チベット問題に関して先進国首脳と議論するよう提案し、
同時にこの問題の当事者であるダライ・ラマ14世ならびに胡錦涛中国国家主席を
サミット関連会合へと招聘し、先進国首脳ならびにインド、パキスタン、アフガニスタンなどの
隣接地域首脳の同席の下、この問題を抜本的に
解決すべき平和的対話の場を設けるよう要望する。

(3)我が国でこの問題についての平和的対話の場を設けることが不可能である場合には、
その理由を国民に明確に公表した上で、当事者以外の第三カ国ないしは国際組織へと委託し、
本問題に関する当事者が平和的対話の場が設けられるよう尽力するよう要望する。

 本要望に対する回答を、本年度5月末日までに公示するようお願いしたい。


──────────────────────────────────

福田内閣首相官邸
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1
内閣官房内閣広報室 御中

<首相官邸 FAX番号>
0 3 - 3 5 8 1 - 3 8 8 3

<メールでの場合>
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

< 北海道のサミット関係団体>

北海道洞爺湖サミット道民会議
http://www.do-summit.jp/contact/

北海道洞爺湖サミット推進特別委員会(北海道議会の委員会です)
北海道議会お問い合わせ先一覧
http://www.gikai.pref.hokkaido.lg.jp/toiawase/index.html

****************************************************************

さあささ、福ちゃんにモノ申したいというアナタ。
福ちゃんにがんばって欲しいと思うアナタ。
これなら、アナタにも出来る一つのアクションですよ~ん。

アタシ、福ちゃんあてに、何通もメール送っちゃたw
もし、福ちゃんがんばってくれたらきっと支持率UPだろうな~。
うふふ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。