08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Indus&Rocks ワンマンライブ

2011.09.26 22:24|音楽
昨夜はIndus&Rocksのワンマンライブでした。
場所は渋谷PLUG.

午前中から、たかぼーと車で出発。
世間は連休最終日ってことで若干の渋滞に巻き込まれつつ
天下の箱根の山を越え、湯本の温泉を横目に、
「温泉いきたーい!」などと言いつつ、
天気もだんだんとよくなってきたので海を見て
ドライブを満喫しながら品川へ。

品川に車を置いて、電車で渋谷へ~
新幹線で東京に向かってたゆうきくん、さやちゃん、
そしてボスマーキーが待つお好み焼き屋に向かい3人と合流。


そしてPLUGへ。
いつもの所沢界隈のメンバーと再会。
ふみちゃんともなんだかんだ言って1ヶ月以上会ってなかったので
本当に久々な気がした。

てるりん、まんちゃんから、
光るヨーヨーみたいなぷよぷよしたやつをもらって
それを光らせながらライブ~♪


肝心なインダスのライブは、予想通りの3時間越え(笑)
休憩とか一切なし。
やっぱりインダスはすごいな。
あの空間にいる人みんながみんな、インダスを見にきて、
聴きにきてるわけで
あれだけの人をあれだけハッピーだったり、
楽しい気分にさせて、3時間以上躍らせる音を出して、
パフォーマンスできるって本当にすごいなって思いました。



何だか、あまりにもすごくてインダスのメンバーが
ちょっとだけ遠い存在に感じたw


本当にめちゃめちゃかっこよかった。
久々にあつしくんの音も聞けたし、ホントに伝説、
レジェンドなライブだったね。

私は楽しいを越えて訳が分からず、
意識は遥か彼方まで飛んでいってしまいました。


次郎ちゃん、おーちゃん、まお、そしてあつしくん、
最高な時間をありがとね★★★



そして久々に会った人もいっぱいいて、本当に嬉しかった。
ライブが最高だったのは言うまでもないんだけど、
ライブを盛り上げるお客さんたちも、
本当にみんな最高で、あったかかった。


あと、宇宙からCDもらった。
今、聞きながら日記書いてるぜい。
宇宙、ありがとー!


そんなわけで今日、帰ってきましたが抜け殻です
昨夜撮った写真は10枚もなくて、
(せっかくカメラ持って行ったのに・・・)

そのうち4枚くらいはぶれてて、
私は一体何を撮りたかったのだろう・・・?
と改めて感じてます(笑)
残りの6枚は、お好み焼き屋での写真でした(笑)

ライブ写真は今後もライブ写真撮影が上手な人におまかせしようと、
しみじみ感じました。




そんなわけで、楽しい時間というのは
どういうわけかあっと言う間に過ぎてしまいました。

そして私が演奏したわけじゃないのに、
何故か私が抜け殻・・・

スポンサーサイト

木花開耶姫命

2011.09.25 00:37|
秋分の日の23日、
東京から、しゃおりんが遊びにきてくれました。

山梨で待ち合わせしていて、
前から行こうと決めていた北口本宮冨士浅間神社へ。
偶然にも私もしゃおりんも、ここが好きということを
ちょっと前に知り、ここを目指して行ったわけです。

ここ、ホントにすごいんだわ。

世間では「パワースポット」とか色々騒いでる人も多いけど、
私にとっては、誰でも自分がパワーを感じたりする場所は
その人にとってのパワースポットだと思う。

でも、富士山周辺というのは
ある種、特殊なパワーがあるって思ってるのですが
ここは格別。

_MG_7968-500.jpg

すごい御神木もいっぱい。
何百年もの長い時間を、この木たちは見てきているんだろう。
そう考えると、すごく不思議な気がする。
私たちが知らない時間を知っているんだもの。

_MG_7981-500.jpg


そして朝霧辺りでは大雨だったけど、
雨がやんで、晴れてきた。
しゃおりんも私も晴れ女。


その後も、色んな場所へと足を運んだ。
白糸の滝、富士宮浅間大社、富士宮やきそば、吉田うどん・・・

富士宮の浅間さんと山梨の浅間さんの主祭神が二箇所とも、
木花開耶姫命(このはなのさくやひめ)だったことを今知った。
富士宮の浅間さんが木花開耶姫命ってことは知ってたけど、
北口もそうだったとは。。。
改めてさっき調べてみたら、桜の木がご神木なんだね。
だから、富士宮の浅間さんは春になると桜満開なのかー。
先日は水が驚くくらいきれいで、しゃおりんと感動してたんだけど
木花開耶姫命は水の神様なんだねー。
改めて調べてみると面白い。
神道、全く詳しくはないけど興味深い。


◎北口本宮冨士浅間神社

◎富士山本宮浅間大社

◎木花開耶姫命


富士山周辺は何気にいいところがいっぱいあるな~。
・・・と改めて感じました。



そして、しゃおりんと会うのはすごく久しぶりだったから
すっごく嬉しかった~。
しゃおりん、ありがとー


さて、明日はインダスのワンマンです。
楽しみで寝れません。
羊でも数えますか。。。

ネパールな休日その2

2011.09.22 22:22|
ネパールな休日のつづき。


ネパールは、いわゆるカースト制度というかそういうのがあって、
名字によって、民族が違うそうです。
私たちがよく見かけるような鼻にピアスしてて
目がくぼんだ感じのインド系に見える人はバウン。
スワステイとけんちゃんはネワール族。
そして、この姉妹は・・・(忘れちゃった)
私はよくネパールではグルン族に間違われました(笑)

いっぱい民族がいるけど私から見たら、
全く区別がつきません。
バウンとグルンの区別は何となくつくけど・・・

面白いのが、民族によって仕事内容も違うということ。
今は、昔ほどそうでもないけれど、
お肉を専門に扱う民族がいたり、
洋服を作る民族がいたり、
軍人の民族がいたり、
商売をする民族がいたり。。。

全く意味が分かりません(笑)

あと、民族が違う同士での結婚は民族にもよるけれど
難しいこともあるようで・・・


結婚したとしてもキッチンに入れてもらえないとかあるみたい~
怖っ!
ちなみにスワステイとけんちゃんは同じ民族「ネワール族」です。

スワステイは「○○民族はえらそう!!」とか
「ケチが多い!」とか言うけど
けんちゃんはラブ&ピースな人だから、

「そんなこと言わないの。人間はみんな同じなんだから
お互いが助け合わなきゃだめでしょ。
同じネパール人なんだから特に助け合わなきゃ」

って言っていた。
ん~、けんちゃんピースだなー。


あとネパールは仏教とかヒンドウー教とかなんだけど、
ヒンドウーにカーリーっていう凶暴な女の神様がいるんだけど、
怒ったときとかに怒られてる相手が、

「カーリーみたいだよ」って冗談っぽく言うことに笑ってしまったw

あとクリシュナっていう超モテモテなプレイボーイの神様が
いるんだけど、周りに女の子がいっぱいいると
「クリシュナみたい」って言うみたいですw

私も今度使ってみようかと思います(笑


そして念願のネパール料理
_MG_7960-500.jpg

_MG_7962-500.jpg

_MG_7959-500.jpg


チャイもー。
私がチャイ飲みたい飲みたいと騒いだら作ってくれました(笑)
スワステイはチャイがあまりスキじゃないそうで(笑)
けんちゃんはチャイが好きなんだけど、スワステイが

「お母さんも(ネパールにいる私がお世話になった人)チャイよく飲んでたでしょ?
けんちゃんとお母さんはいつもチャイ飲んでるけど、私はあまり好きじゃない」

ですって!! おいしいのに!!

CA3F05140001.jpg


上のご飯とお肉の料理がめっちゃ気に入って
作り方を教わり、彼女たちがスパイスなんかを買いに行く店に
連れてってもらい、スパイスとかチャイ葉とか購入。

チャイ葉とか、普通に買うより量も多くて安くてびっくり。
お肉の料理は帰ってきて速攻作ってみた(笑)



夜は別のネパール人の友達も遊びにきてくれたり、
とにかく楽しい休日でした。
久々にネパール三昧だったー。


そして元気な赤ちゃんが無事に生まれてきますように。




ネパールやっぱすきだなー。


ネパールな休日その1

2011.09.22 22:15|
先週末の休日は群馬にいるネパール人の友人に会いに行ってきました。
私がネパールに滞在していた時にお世話になった家族がいて、
その家族の子供は3姉妹と弟なんだけど
真ん中のスワステイが日本に暮らしているのです。

彼女は日本に住んでいるネパール人と結婚して、
今現在、妊娠中。
来月、出産予定。

ここ最近、頻繁に連絡が来るようになった。
というのも、彼女は日本で出産することを決めたの。
いくら日本語が話せるとは言え、回りに身内がいないことが
とても不安なんだと思う。
彼女のお父さんが去年亡くなったので、
ネパールはしきたり上、奥さんは1年間は海外に行くことも出来ないし、
色々と制限があるらしい。
赤いサリー(民族衣装)も着ちゃダメなんだって。
だから、お母さんは日本に来れないわけで。
妹を呼ぶにも、日本のビザは厳しくなかなか許可が下りないみたい。
彼女がネパールに帰ればいいんだけど、
「旦那さんのそばがいい」って言って、帰るのをやめて
日本という異国の地で出産を決めた。
それって、すごく覚悟が必要なことだと思う。


そんなわけで、頻繁に連絡をよこすのは
「口には出さないけど不安なんだろうな~。」と思って、
私なんかが行ったところで、どうにかなるわけじゃないけど
彼女の家族代表(笑)として、私が会いに行ってきました。

実は旦那さんに会うのは今回がはじめて。
ちょっと緊張したけど、でもめちゃめちゃいい人。
むしろ、人がよすぎるくらいの真面目でとっても正直者。
でも、彼の名前を全く覚えられず、
私は彼のことを「けんちゃん」と呼ぶことにした(笑)

けんちゃんは本当にいい人で、やさしくて
いい旦那さんでよかったねー!!って私もすごく嬉しかった。
すでにカカア天下になっていて、
「鬼嫁」という言葉を教えてあげました(笑)


夜、スワステイの友人の2人(ネパール人)が遊びに来ました。
お姉ちゃんの方はネパール人だけどよくブラジル人に間違われるそうで(笑)
見た目がネパール人っぽくない。
お姉ちゃんがダンスが大好きでネパール音楽に合わせて踊りまくってました。
セクシーダンスとか披露してくれた~。
私も一緒に踊ってみました(笑)

その後はBBQ.
ネパール料理が食べたかったけど、何故かBBQ(笑)
 

お酒も飲んで、ネパールの話をいっぱいした。
でもね、そこでネパールの現実を知ることになった。

あんなに楽しそうに陽気に踊って、
元気いっぱいなお姉ちゃんから、とんでもない内容の話が出てきた。

ネパールは政治的に安定していない時期があって
(今も安定してるとは言えないけど)
マオイストというネパール共産党の毛沢東主義者の反政府組織、
いわゆるゲリラ組織がいるんだけど、
(政治の実権も握ってしまった)
このマオイストのおかげで私は何年か前に
ネパール行きを断念したことがあった。
実際3年前にネパールに行った時にもマオイストはいたんだけど
観光客には手を出さないと言われていたし
なんだかんだいっても、そこまでひどく危険ではないと思っていたんだ。

姉妹は田舎の出身だと言っていたけど
「今、実家はカトマンズなんだ。」と言っていた。

その理由はマオイストのせいだった。
村にマオイストがやってきて、爆弾で村や家が壊された。
私たち家族は偶然にも、みんな家を出ていたから
家族みんな無事だったけど、
学校から帰ってきたら家がなかった。
家は圧力鍋みたいなやつに入っていた爆弾で破壊された。
と言っていた。

姉妹はまだ難しい日本語が話せなくて、
けんちゃんとスワステイが通訳してくれた。
私は驚いて、何度も、何度も聞き返してしまった。

だけど、それよりも衝撃な言葉があった。

「お兄ちゃんがいたんだけど、マオイストに殺されたんだ。」

さっきまであんなに楽しそうに踊っていた姉妹が
そんな悲しい過去を背負っているとは思いもしなかった。

マオイストの勢力は聞いたことがあったし、
私も見かけたりした。

私がカトマンズにいた時にマニカが、
(スワステイの姉でカトマンズ在住)

「マオイストのせいで、田舎からみんなカトマンズに逃げてくるから
カトマンズは人口がすごく増えてるんだ」

と言っていたのを思い出した。
この姉妹の家族も、そうやって村から逃げてきたんだろう。

マオイストが人を簡単に殺すとは思っていなかった。
でも現実は、私が想像を遥かに越えるほど酷かったんだ。

そんな暗くて辛い過去を彼女たちが背負っていたとは
全く想像もしていなかったので、
私はショックで、涙が止まらなくなってしまった。

お姉ちゃんの方も私が泣き出したら半泣きになってしまった。
悲しい過去を思い出させてしまってごめんね。
お姉ちゃんが、

「ありがとうね。聞いてもらえてスッキリしたしよかった」

と言ってくれた。
当時は(9年前)は、毎日泣いていたんだって。
声も出なくなってしまったんだって。

「だけど、私、今がんばってるよ~」

と日本語で言っていた。
うんうん、本当にがんばってるね。
異国の地で、本当にがんばってる。
そしてそれをきっかけに、ぐっと心の距離が近くなった気がした。
こんなに辛い話を、話してくれてありがとう。

「ネパールに行ったら、私のお母さんにも会いに行ってね!!」

とおねえちゃんが笑顔で言ってくれた。
彼女のお母さんにも会いに行きたいな。
心からそう思った。


この日は何だか、すごくすごく「生」に対するエナジーを感じた。
彼女たちはそんな辛い過去を背負いつつも、
前を向いて生きている。
人の心の痛みや、悲しみや辛さを知った人って、とっても強い。


つづく。

ヒカリを観る!!

2011.09.12 21:26|休日
行ってきました。

ヒカリを観に。

「伊豆互展」
1527424_1284099146_41large.jpg


静岡県は伊豆長岡。
知る人ぞ知る、温泉処。

そこにある「ホテル天坊」で、友人たちの展示が行われている。
ホテル天坊にはランチバイキングもあって、
無農薬のお野菜で、これがとってもおいしかった。
豆腐もそこで作ってるのかな~?
小さめの釜みたいなところから自分で好きなだけよそって食べるわけです。

お風呂にも入ってのんびり。
温泉久々だなー。やっぱ温泉いいなー。
ってなわけで、お風呂で癒されました。

そして、ようやく本題の展示。
今回、展示をしているガラス「HiDAMARi」

ガラスアーテイストのりゅーちゃんとさえちゃんと久々の再会。
あたし、この2人のことホントに大好きなんだよね。
いつも会う度に、色んなインスピレーションをもらえたり、
いいバイブスをもらえるんだよね。

すごく気持ちがいい2人が作るガラスは
その一つ一つに、オンリーワンの世界が入っているのです。
_MG_7926.jpg


そして、色んな繋がりが繋がりを見せてくれる。
目に見えるものだけじゃなくて、
目に見えなくても繋がっていることなんかもあって、
面白いなあって思ってしまう。

そして今回の展示はHiDAMARiだけじゃなく、

◎二宮康範  (グラフィックデザイナー)
 http://funput-nino-peace.blog.ocn.ne.jp/ 

◎麻心brand (流木作家)
 http://www.asashinbrand.com/_/ma_xinbrand.html
  
◎岡田豊   (画家)
 http://ameblo.jp/upindeyutaka/

◎木の器&カトラリーKina 菊池奈美
 http://ameblo.jp/namita-ananta/

この方たちの展示もしています。
ニノくんは現在アメリカツアー中だって!
すごいなー。
_MG_7919.jpg

_MG_7916.jpg
 
_MG_7921.jpg



素敵な展示です。
10月2日まで開催しているので、
温泉入って癒されながら伊豆へのプチ旅行なんぞいかがでしょうか?


伊豆互展→http://izugoten.i-ra.jp/

ホテル天坊→http://www.izu-tenbo.com/



ほっこりしたいい時間だった。
りゅーちゃん、さえちゃん、ありがとー。


ipod touch

2011.09.12 00:35|日々
ipodtouchをgetした。
これ、スゴい。
私のパソコンは無線LANで繋いてるんだけど
ipodtouch、インターネット繋がるんだよね…
フリースポット行けば繋がるんだもんね~
そりゃ、海外に旅に行く旅人達から人気あるわけだ。

そんな私もそれを見込んでゲットしたわけだけど
まだ使い方がイマイチです…

そんなわけでipodtouchから初日記でした(笑)

あらうんどざわーるど

2011.09.07 23:05|
昨日の9月6日。

友達が世界一周に旅立った。
約2年の旅。
船でとりあえず中国まで。
今頃、彼女は海の上。
彼女の旅が、始まった。
2年ってあっと言う間だろうな~。
どこかでちょこっと合流したいなw

そして私。
9月6日は手術から1年。
パスポートの期限が今日(9月7日)までということを
すっかり忘れていたので、昨日パスポート更新の申請へ。
ここ2年は、身体の大事をとって旅にも行けてないので
そろそろ気が狂いそうです(笑)
そんなわけで、手術からちょうど1年後の昨日の
パスポート申請は、自分の中の新たなスタートみたいな感じがしてます。
新しいパスポートが出来るのが待ち遠しい。

そして、友人夫婦が今、プラプラと国内を旅行中で
今日行ってた場所の写真みたらやばすぎて
もう行きたくて仕方ないです。
ここは日本。
http://www.tomorrowearth.com/2008/08/takeda-castle.html

まるでマチュピチュの遺跡。
マチュピチュの遺跡(ペルー)には行ったことあるけれど
また行きたいと思ってるんだけど、簡単には行けないし、
ここはここの魅力がありそうだし、行ってみたい。

日本もまだまだ素敵な場所っていっぱいあるんだろうなーって思いました。


そしてそして、話は変わるけど今日は旅スペシャル日記で(笑)
23日から向井くんの映画が始まるのだ~。

僕たちは世界を変えることができない。
 But we wanna buid a school in Cambodia


http://www.boku-seka.com/top.html

私も大好きなカンボジア。
学校を建てるって簡単なことじゃない。
私も実は昔、アジアに学校を建てることに携われたらなー
って思ってたことがあったんだよね。
でも、ただ建てるだけじゃダメなんだ。
継続も必要。ってことに気づいた。
そして今の私じゃ無理だなってことも思い知った。

だけど、何かしたかったんだよね。
旅をしていて、たくさんの笑顔とかやさしさに出会って、
人に親切にしてもらえばもらうほど、
何も返せない自分がいて、
私に出来る「何か」をしたかったんだよね。

何年か経ったある日に井戸掘りの話が持ち上がった。
しかも、大好きなカンボジアで。
あの時のことは絶対忘れない。
その時の日記
http://sky.geocities.jp/aroundtheworld_akkie/cambodia2009-index.html

・・・と話がそれましたが、
向井くんの映画は見たいみたいみたーい!!
カンボジアの風景、子供たちの笑顔もみたい!
向井くんも見たい(笑)
ウルルン滞在記のスペシャルで、向井くんがカンボジアに訪れて
すごい泣いてて、今回の映画の撮影終了にも泣いてて、
ホントに泣き虫だなーって思うけど、そういうとこがいいよね。


国内も、国外も行きたいとこだらけです。

あれから1年

2011.09.04 21:31|病院
あれから1年経ちました。

去年の9月3日に入院。
そして6日に手術。

私の身体にいた悪い悪い腫瘍のあいつを摘出。
800gもあいつがいたんだよー。
今だから言うけど、本当につらかったなー。
あいつのせいで痛い時とかあったもんなー。

輸血にならないように血液を貯めたりする為の注射とかの副作用で
変な汗が出たり、時々頭の中が真っ白になったり、
薬が強くて毎日吐きまくったり、とにかく大変だったもんな~。
なんで私ばっかりー?って思ってたもん。

でも、3時間半もの全身麻酔の手術、
我ながらよくがんばった。


ふと、そんなことを先日思い出しました。
そのおかげで、今は元気です。
術後の経過もよいみたいで半年に1度の検診も今のところパスしていて
来月また検査あるんだけど、多分大丈夫だと思う。


あの時の日記を読み返してみると、
たくさんの友達たちが応援してくれて
いっぱいはげましのメールやら電話やらくれて、
すごく励みになったんだ。
折れそうになってた心とか、不安とかそういうのを
全部吹き飛ばしてもらえたんだよ。

改めて言わせてね。
みんな、本当にありがとう

あの病気が発覚してから1年過ぎて手術を決めた。
1年以上爆弾を抱えてたんだよね。
そして手術してから早1年。
この2年間は長かったよ。。。

さて、1周年を祝して飲むかな(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。