11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

la vita e bella

2010.12.29 23:23|休日
今日、大掃除をした。
気合入れて色んなとこ掃除してたら、腰を痛めてしまいました・・・
数年前に事故にあって痛めたとこかも・・・
今夜から明日にかけて清水でnegoのライブあるから行くつもりだったのに、
歩くのもままならない(苦笑)

何やってんだか(泣)
慣れないことはするもんじゃないね。。。
明日は車中泊になりそうなので、明日までには治さねば。


そんなわけですが、今年も色々ありました。
私個人の大きな出来事。

個展開催
手術

今年を振り返ってみるとおそらくこの2つが大きな出来事だったと思う。

今年は写真展(個展)を3度も開催できました。
1/9-1/31   静岡・富士市
8/8-9/2   東京・恵比寿
9/26-10/31  静岡・富士市

その他にも、グループ展も何度も色んなエリアで開催され、
音楽イベントで写真展示やコラムや配布用カードなんかもたくさんあって、
気づいたら毎月、どこかで展示やら何やらがあったように思います。
グループ展では、イタリアデビューもしちゃったし。

でも、これらが出来たのは、たくさんの仲間が協力してくれたから。
私にチャンスを与えてくれたから。
私一人では決して出来ないことも仲間の後押しがあってこそ実現できたこと。
多くの友達が来てくれたり、学生時代に東京に住んでた頃の友達も
久々に会いに来てくれたりで本当に嬉しかった。
写真見ながら話してて泣き出してしまうお年寄りの方までいて、
そういうあったかくて、大切な気持ちをいっぱいわけてもらいました。

まだまだこの世の中、捨てたもんじゃないなって思ったし、
わたしはシアワセ者だなあって感じました。


そして手術。
今だから言うけど人生初の出来事で、正直言ってすごく怖かった。
「何で私ばっかりこんな目にあうの?」
って思ったりもした。

薬や注射の副作用がひどくて、毎朝仕事に行く途中に
コンビニ2件くらいに立ち寄って嘔吐することもしばしば。
注射の影響で頭の中が真っ白になって、
自分が何やってるのかわかんなくなったりすることもあったり。

だけど、今になってみると手術したことによって
少しだけ経験を積んで少しだけ人の痛みが分かるようになった気もする。
きっとこの手術、私にとって避けては通れない道で、
これがあったからこそ、これからの私があるのかもって思う。

そして、今は手術したことなんて忘れちゃってるくらい、
ピョンピョン飛び回ってます(笑)

今年はそんなこんなで慌しかったような気もするけど
とっても楽しい時間を過ごせました。

そんなわけで今年は、あっと言う間に過ぎた。
実はここ10年くらいの間で、
1年のうちに1度も海外に行かなかったのは今年が初。
爆弾抱えた体で行けなかったんだよね。
だから正直、気が狂うんじゃないかと思っていたけど、
何とか大丈夫だったみたいです。

というわけで、来年は2週間どころの旅じゃ物足りないので、
今年飛行機乗れなくて我慢した分まで旅しようと思います
どこに行くのか、どのくらいの期間になるのかはまだ秘密☆
(・・・ってあたし結構公表してますね)
出発はまだまだ先だけど、それを楽しみにがんばりま~す。



そして来年は1月に音楽+チベットのイベントが名古屋であります。
このイベントで写真展示します!
いやっほー。
最近はチベットのことを日記には書いてないけれど、
でも、チベットを失わせたくないなって気持ちはいつでもあります。
チベットの人が自分たちの国旗を高く揚げられる日が来ることを祈って。


“raise tibetans flags” -maybe 2th anniversary-

1/14 K.D.japan  open&start 18:30


詳細は後日



あー。生きてるってすばらしい。
今日のタイトルは好きなイタリア映画のタイトルです。
イタリア語で、

la vita e bella (人生は美しい)

という意味です。


la vita e bella  

life is beautiful

そう、人生は美しい。

今年初めて出会った人は、出会ってくれてありがとう。
そして大切な仲間や友達たち、いつもありがとう。

みんな、今年も本当にありがとう。
来年もこんな私ですが、よろしくお願いします




・・・・そして、大掃除には気をつけて。

スポンサーサイト

素敵動画

2010.12.21 21:47|音楽
今日は皆既月食。
なのに、まさかの雨・・・
がっくり。
店長、てるてる坊主作ってくれたのにねえ・・・


あー今年も終わりますね。
最近はとりま、楽しいことがいっぱいです。
(とりま→「とりあえず、まあ」の意味。最近回りで流行ってます・笑)

日々、感謝感謝。

昨日も、いつもの仲間とわっしょいわっしょい楽しんできました
みんなといる時間が最近多いせいか、夢にまでみました(笑)
警察から逃げようとする夢!!(爆)
あー、現実になりませんように・・・


話は変わりますが、
今日、この動画の存在を知った!(笑)
素敵すぎるので貼ります。

前に日記に書いたけど、Indus&Rocksの次郎ちゃんが
インドに行った私の親友ふみちゃんに贈った曲。



「インドへ」
私は何処に居たとしても
貴方の帰る場所になるよ

ほら 宝物を探しに早く行きなさい
胸を張って

ランララララーララ

靴紐が解けたなら
ちゃんと結び直すんだよ

口うるさくても良いでしょ  
なかなか会える機会も減るんだから

ランララララーララ


私は何処に居たとしても
貴方の帰る場所になるよ

ほら 宝物を探しに早く行きなさい

胸を張って


すっごく素敵な曲。
この曲を初めて演奏して聴かせてくれたのは
おっぺだったんだけど、
終わった後に「アッキーの気持ちの曲」って
次郎ちゃんに言われて、まさにその通りだったから泣きそうになった。
でも、この曲はあたしだけの気持ちじゃなくって
次郎ちゃんや、たくさんの仲間の思いだなって思う。
何回見ても、何回聞いても大好きな曲です。
最高な仲間たちです。

みんな、ありがとう。

今更龍馬伝

2010.12.19 23:44|休日
今更ながら大河ドラマの「龍馬伝」を全て見終えました。
最終回近辺はちゃんと見てたし、
最初の頃や途中もちょこちょこ見たりしてたけど
日曜のあの時間帯は無理な日も多くて・・・
でも、やっぱり見たくて職場の人から20話から最終話の
48話まで全部借りて見ました

はー、やっぱり龍馬はすごいなあ。
あの当時の人って、あんなに志が高くて、
いい国を作ろう、日本を作ろうって言う気持ちでいっぱいだったんだね。
彼らのあの思い、志、今のわたしたちに受け継がれているだろうか?
みんなが笑って過ごせる世の中になってるだろうか?
平らな世の中になってるだろうか?
ちょっとだけ真剣に考えてみました。
でも、結論は分からない。
ただ、武力で人を傷つけたり、殺したり、
そういうのはどの時代でも許されることではない。
そして、憎しみからは憎しみしか生まれない。
それは今の時代でもこれからの時代も同じだよね。


男性陣が龍馬に憧れるのとかホントによく分かる。
あんな生き様、かっこいいもんね。
そして、それ以上に女性陣が龍馬に惚れるの、
ホントに分かりすぎるくらいよく分かる(笑)
あんな素敵な人がいたら、女性だけでなく男性も間違いなく惚れるよね


そして、それとは別に今回は高杉晋作のファンになりました
すごい人だとは知ってたけど、ああやって映像になると分かりやすい

昔、京都に行った時に霊山歴史館ってとこに
連れていかされたことがあって、
高杉晋作のことや坂本龍馬、歴史に名を残す人たちのことを
相棒にめちゃめちゃ説明されて、講義かよ?って思うくらいで、
ちょっとひいてたのですが、
その時に高杉晋作をめっちゃプッシュしてたのを今更思い出し、
今になって、プッシュしてた理由、納得しました。
そしてそういえばこれも見たわ!って龍馬と一緒にいた2人の銅像。
その片割れが中岡慎太郎だったってことも改めて気づく
あの時、ゆかりの地をたくさんめぐってたんだなあと(笑)
もう一回改めて行きたいなあ。。。
歴史館→http://www.ryozen-museum.or.jp/

あと数年前に、建築マニアな友人に連れていかれたのが
弥太郎の家(旧岩崎邸)だったことにこのドラマ見て気づいたのですが(笑)、
旧岩崎邸に行った時は、いないはずの人の気配がいっぱいあって、
気持ち悪くてなっちゃってちょっとだけ体調悪くなったんだよね
人の念っていうか気持ちが強いとこだったのかなって。。。


まあ、そんなとこですが、何事も気づくのが遅いみたいです、私

今のわたしたちがこうやって暮らせるのって、
この龍馬たちが生きて、日本を変えた時代があったからなんだなーって
しみじみ感じました。

ドラマとか映画に影響されやすい私なので、
すっかり気分はあの時代です。
スパイ映画を見たら気分はスパイになるように
しばらくは幕末を生きてます。
仲間に入ってもいいよって人、仲間に入ってください(笑)

カンケレンティ

2010.12.17 21:31|音楽
知ってる方も多いかと思いますが、
あたし、ジャンベ(アフリカの太鼓)をやっています。

でも、ありえないくらい下手くそです(笑)
すぐリズム忘れるし、才能ないです
でも、めちゃめちゃ楽しんでます。


そして、ようやく今やってるチームの名前が決まりました。

カンケレンティ

アフリカのマリンケ語で、「絆」とか「心は一つ」的な
意味があるそうです。

ん~。いい名前

今までずっとみんなで悩んでて、あーでもないこーでもない
やっておりましたが、ようやく決まって落ち着きました。

ホントにこのメンバーみんな、気持ち悪いくらい仲良しで
みんなでおそろいのブレスレットしてたり(笑)
週3ペースで会って、飲んで、ジャンベ叩いたり。
「忘年会」一体、何回やるの?って感じ(笑)
まだ続くっぽいです・・・
しかもみんな暴走系なので、収集がつかないことが多々
でも、ま、仲がいいのはいいことだよね

昨夜は今年最後のレッスンでした。
ジャンベの先生が当分しばらくの間、
留守になるので、実質、最後のレッスン。
埼玉に引っ越したのりちゃんが来てくれて、でも5分で帰った(笑)
のりちゃん、わざわざありがとう

実質最後のレッスンってことで、
みんな、いつもより気合とか気持ちの入り方が全然違って集中してて、
こてっちゃんもやっぱりいつもと違ってて、
みんなと叩きながら、何だか涙が出そうになりました。
涙が溢れそうになるのをこらえて叩きました。

このメンバーでこうやって叩くのって、
今度はいつだろう?とか思ったりすると悲しくなった。
(来年、春くらいにちょこっと叩けると思うけどw)

でも、これからもメンバーみんなで楽しんでいこうと思います。
しばらく留守にしてても、カンケレンティな気持ちがあるから大丈夫。
こてっちゃん、安心して行ってらっしゃい。
こてっちゃんが築きあげてくれたものは大切にしていくよ。
そして一回り大きくなってくるのを待ってるからねー!!


「カンケレンティ」

心は一つ


そう、私たちにぴったりな名前。



そしてめっちゃジャンプ!たっくん、飛びすぎ(笑)
400-2.jpg



みんなもっとうまく飛ぶ練習した方がいいよねえ。
次のレッスンはジャンプの練習で


これが一番まともにいい写真かな。

400.jpg




そんなこんなで、このメンバーと縁あって出会えて、
宴ばっかりだけど、最高な仲間たちです。
引越ししちゃったショーヘイものりちゃんも、
いつでも帰っておいで。
あなたたちの場所はいつでもここにあるからね。


love u all

とりあえずジャンプより、
ジャンベの方を練習もっとして、うまくならなきゃ(苦笑)

はっちゃけ「旅のしおり」

2010.12.13 22:53|音楽

いや~、楽しかったです。
昨日のソファリのイベント、来れなかった人は損したね!
って言うくらい、楽しい空間でした!


イベント前にB級グルメのグランプリをとったことある
富士宮やきそばを食べに行く。
行った場所は「おじまや」さん。
昔からある駄菓子屋さんの延長みたいな庶民的な店。
店のおばちゃんや、お客のおばちゃんと話しながら食べる。
おいしかった~
bs0004.jpg

 
その後は会場ソファリに向かう。
ゼリーで有名な杉山フルーツのゼリー食べたり、
bs0014.jpg


青空と飛行機雲みたり、
_MG_5254.jpg


I can fly な人がいたり、
bs0016.jpg


風邪で熱出しながらお太鼓叩いたり、
bs0020.jpg


ハスラーがいたり、
bs0027.jpg


まあそんなわけで、ライブも始まる。


おもちゃ屋の「サイコベアー」
bs0112.jpg
 

おもしろいものいっぱい売ってます。
ちなみに「一日店長」をやらせてもらいました
てるりん、ありがとー。
そんなサイコベアーで売ってるスペシャルめがね。

このめがね、照明器具を見ると◎◎に見える不思議めがねなのじゃ。
(◎◎の中には何が入るかは、サイコベアーでお買い上げして自ら確認してください)


ライブもめちゃめちゃ楽しくて、egg、 the Flow Tide、とってもよかった!!

 
楽しかった!!ハッピーです。
ジャンベの仲間たちも来てくれて、ホントに嬉しかった!!!
みんな最高ー!!
 

そしてIndus&Rocksライブ。
かなりのロングセット。
みんなを踊らす。
 
bs0135.jpg

 

んで、One Mind Creationのライブペイント。
bs0109.jpg


めっちゃ素敵。
完成図。富士山と鹿?が描かれてる。
bs0149.jpg



ライブもめっちゃ楽しくてはっちゃけました(笑)
おかげで筋肉痛です(笑)


そーいえば、次郎ちゃんがライブ中に
「そんなの関係ねえ」って言い始めて、
まさかのまさかの展開に(笑)
ジャンベ仲間のたっくんが、「そんなの関係ねえ」を披露してくれました。
大爆笑。


イベント後もワイワイやってて、
結局帰宅は深夜未明。
みなさん、本当にありがとう。


んで、あたしも写真展示していたのですが、
いつもと違った写真を展示しました。
bs0161.jpg
(写真展示スペースに貼る akkie around the world を書いてくれてる
One Mind Creation のりょうちん)

いつもは写真展示とか、ポストカードのみの販売で、
「写真欲しい」って言ってくれる友達にはプレゼントしてたんだけど、
次郎先生に「販売をしなよ」と言われて、
ライブ中にも宣伝してくれたので
今回は人生初の写真販売をさせてもらいました。

しかもお買い上げ初は次郎ちゃんです。
bs0194.jpg
あたし、この人にはホントに頭が上がらない(笑)
いつもありがと。


写真は10枚の展示だったんだけど、
なんと7枚も売れました
本当に、買ってくれたみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
素直に嬉しいです。とっても。
涙出ちゃうくらい。
あたしの分身、かわいがってやってください。


オーガナイズのまる宮、本当にありがとうね。
とってもいい空間でした。
また色々あそぼーね!!


みんなありがとー。
あいしてるよー!!!!


bs0200.jpg
(前の魔法のめがねの3人は美人なソファリスタッフたち)


あー、今日仕事休みでよかった(笑)
全身筋肉痛だぜい(笑)
ユカオ、熱下がったかな?
早く治りますように。。。


ネパールのお父さん

2010.12.10 20:18|
私にはネパールのお父さんがいる。

2008年ににネパールに行った時に
何回かに渡って滞在させてもらった友人swastikaの実家。
swastikaは日本で留学生をしてるので、
swasitika本人はネパールにいないのに、
何故か彼女の実家に滞在することになった私。
家族は彼女のお父さんとお母さん、彼女のお姉さんと妹がいる。

彼女の実家で過ごした初めての夜は、
ネパールにはありがちな停電で、部屋は真っ暗。
そんな中、家族みんなでキャンドルの灯りを頼りに色んな話をしたんだ。



姉のマニカは私と同じ歳ってこともあって、
気づいたらもう何年も前から知ってる親友みたいになっていた。
妹のソニバはシャイな子なんだけど、
いつもニコニコしてやさしい子。

お父さんはホテルマンだから英語もなかなか話せて、
何種類か地酒を出してきて「飲め飲め」と勧めてくる。
別の日にはワインまで買ってきてくれて一緒に飲んだ。
お母さんは寒い夜の為に湯たんぽに熱々のお湯を入れてくれた。

私がポカラからカトマンズに戻ってきた時も
「家に来なさい」と言われたけど、
ずっと居候じゃ申し訳ないと思い、別のとこに宿を取っていたのだけど、
体調悪くて寝込んでしまったことがあり、すごく心配してくれて、
「家に戻って来なさい」と言われ、家に強制送還されたりしたこともあった。

別の日にはお父さんの働くホテルに連れて行ってくれて
料理人に私の為に和食テイストの料理を作るよう頼んでくれてあった。
ホテルマンのお父さんはとてもあったかくて、
私でさえもすぐ分かるくらい、ホテルの従業員みんなに親しまれていた。



とにかく本当にあったかくて、
大好きな私のネパールのお父さんとお母さんなのだ。


「この家はアキのネパールの家だから、また帰っておいで」

お別れの日、お父さんはこう言ってくれた。
別れの空港では、お母さんが「長旅で、お腹減るでしょ」と言って
ナッツがいっぱい入った袋をくれた。
そして、オレンジ色の花の首飾りをかけてくれた。


私がネパールを大好きな理由の一つは
この家族が大好きだからだと思う。

そして、ネパールが好きになった理由の一つは
この家族に出会ったからだと思う。

私のネパールは、この家族あってこそのネパールなのだ。




それなのに、
昨夜、swastikaから携帯に一通のメールが来た。
お父さんが亡くなったと。


事故にあったらしい。
急すぎる現実を、まだ受け止められない。

来年はネパールに行って、
ネパールの家族に会いに行くつもりだったのに。
信じられない。
こんな現実、受け入れたくない。


今すぐネパールに行けない自分が、とてももどかしい。

お父さんにもう一度会いたい。。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。