03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸掘り

2009.04.28 22:46|カンボジア
カンボジアに来て、数日過ぎました。
私は元気です。

井戸掘りも想像していた以上に順調に進んでいます。
私は手伝いという大げさなことはしてないけど
村の子供たちと遊んだり、写真撮ったりしてます。
毎日暑すぎるけど、めちゃめちゃ楽しいです。
毎日毎日忙しすぎてネットもチェックできずにいたけど
ちゃんと元気だよって報告したかったのです。

実は知り合ったドイツ人のコンも一緒になって井戸掘りしています。
井戸掘り職人のおっちゃんたちがかっこよすぎます。
陽気で明るくて、でも仕事に対してはやっぱり職人気質で、
惚れ惚れしちゃいます。マジで。
井戸掘りをするにあたってたくさん協力してくれている
カンボジア人も数人いて、本当にありがたいです。
今日は村の学校にも遊びに行ってきました。
私も村の人みたいに毎日ハダシになってます。

村の子供たちも大人たちも本当にあったかくて、
きてよかった。
くるべき時だったんだってしみじみ感じてます。


この場所にいられてよかった。
この空間にいられて幸せです。
わたしはげんきです。
スポンサーサイト

2009.04.24 22:38|未分類
いよいよ明日からカンボジアです。

やっとパッキングも87%くらい終了。
残りの13%は、まだ終わってません。

何だか明日は雨みたい
私、晴れ女なのになあ・・・

カンボジアに行くのは井戸掘りはもちろんだけど、
そこは、やっぱりアジアのカンボジア。
時間がゆった~り流れてるところなので、
お得意のゆるさ満載で、ゆる~い感じで
何よりも、自分自身の気持ちの持ちようで、
楽しいか楽しくないかが決まると思っているので楽しい気持ちにしたい。
大変なことなんかも、きっと楽しく乗り越えられる。
もし悲しい気持ちになっても、その悲しさというものを
感じられる心を持ってること、それを大切にしたい。
そう、いつも思ってます。

普段、得意ではない早起きなんかしちゃって、
太陽の偉大さに感動したりするんだろうな。
アンコールワット見て、また泣いちゃうんだろうな。

たくさんの人に出会えますように。
色んな気持ちを感じることが出来ますように。
大変なことも、笑って乗り越えられますように。


明日は雨みたいだけど、きっと心は晴れです。
もし雨だとしても、私の分までがんばってくれてる
チベットサポーターたちに降る雨がやさしい雨でありますように。


lecca / 「雨のち晴れ」




パ・パ・パ・パンチェンラマ

2009.04.22 22:36|チベット
なんと、昨日から実はダライラマ法王が日本にいたのです。
しかも今日、会見を行ったのですがあまりとりあげられてないよね。。。
どーなんてんの??

ってなわけで、掲載記事はこちら

■NHK
http://www.youtube.com/watch?v=0eEOIFQLHbA
■AFP通信(写真いっぱい)
http://www.afpbb.com/article/politics/2594867/4058717
■東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009042302000073.html
■毎日新聞http://mainichi.jp/select/world/news/20090423ddm007030060000c.html
■日本経済新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090422AT2M2202E22042009.html
■読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090422-OYT1T00871.htm
■産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090422/asi0904221346002-n1.htm
■時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009042200454
■日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/news/133693.html


あー、会いたかったな~
もう、今頃はアメリカかしら・・・?


そして今日、署名を送ってきました!!!
先日のアースディに直接署名を持って行ってくれた友人のは
別にしたとして、32名分送りました。
協力してくれた人、ありがとうございました!!
今回は短期間だったし、私もあまり動き回れなくて
前回の半分くらいだったけど、
だけど、みんなの想い、あたたかい気持ちはちゃんと25日に
中国大使館へ運ばれます。
本当にありがとうございました。

そして、25日は私がカンボジアに行く日でもあるけど、
東京ではデモがあります。
この署名を持って行ってアピールもします。
参加できる人は私の分まで声張り上げてきてください。
お願いします!

.中国大使館前アピール 4月25日(土)11:00~

11:00 集合(中国大使館近辺駐車スペース)
11:10 アピール(中国大使館前、5人づつ交代)
      抗議文投函
12:00 終了


.ピースウォーク 4月25日(土)13:00~

集合場所:六本木・三河台公園  (六本木4-2-27)
     六本木駅4番出口より徒歩3分

13:00 集合
13:30 集会開始
15:00 ピースウォークスタート(六本木通り(六本木ヒルズ、西麻布交差点、笄公園)
15:40 到着(笄公園)シュプレヒコール
16:00 解散



私は空の上から(飛行機の中から)みんなの姿を探すので、
目立つようなアピール方法でお願いします!!
ってか、本気ですのでみなさんよろしく

この日こそ、パ・パ・パ・パンチェンラマを返せー!!って言いたいです。

「赤壁」

2009.04.20 21:29|休日
「赤壁」
このタイトルだけでピンときた人は「三国志」好きかしら?
そう、映画「レッドクリフ2」を見てきましたー

いっつもいっつもチベットに対する中国政府のことを
あーでもない、こーでもないって書いてるけど、
何度も言ってますが、別に中国が嫌いなわけじゃないです。
中国政府、中国共産党は嫌いですが。
中華料理好きだし(油多すぎですが)、
中国人でも好きな人はいっぱいいます。
映画も好きなもの、いくつかあります。

そして何より三国志好きですが、なにか?

去年、中国の四川に行くに当たって三国志の漫画全部貸してもらって
読んだのがキッカケで、それ以来、すっかりハマった私。

そして先日のTV放送で「レッドクリフ」を見て、
久々に三国志モードに入っていた私。

東京のアースディのチベット・ブースのお手伝いにも
いけなくなってしまった私は、そのもどかしさを
どこにぶつけていいのか分からず、どうしようかと思っていたところ、

「レッドクリフ2見に行こう」と神のお誘いが。。。
断る理由がない!!ってなわけで、行ってきました。

基本的に私はハリウッド映画とかのアクションとか
所謂大作って言われる作品はそれほど好きじゃない。
おまけにシリーズものって、絶対に「2」とかは「1」よりも
面白みに欠けると思ってしまうのですが、
レッドクリフ2は、正直言って1より面白かった。

三国志の中で私が好きなのは関羽なのですが、
でも映画だと、やっぱり孔明がいいなー。
だって、金城武ですから
かっこよかったです
金城武の何がいいかって、目がキレイなんだよね。
何で、あんなキレイな目、してるんだろう?
あの目に見つめられたら、吸い込まれるだろうなー。。。(笑

でも、映画の中で好きなキャラは孫権の妹役の「尚香」。
ヴィッキー・チャオという女優さんだそうで。
女ながらに、かなりかっこよかった。
あーいう、女子に憧れてしまいます(笑)
トニーレオンの奥さん役のリン・チーリンもめっちゃキレイだけど
私は、尚香役の女優の方が愛嬌があって好きかも。

そして個人的にかっこよいと惚れてしまったのは、
孫権役のチャン・チェンっていう俳優さん。
松田龍平みたいな雰囲気を漂わせてるな~って1の時も思ってて、
2は、1よりも男らしくなって見えました
見終わった後に、

「松田龍平っぽいよねー」
って言ったら、

「え、ピエール瀧でしょー。どーみても」
と言われてしまいました(苦笑)
た、確かに、ピエール瀧かも・・・

中村獅童も、いい味出してました。
でも、どうしても納得いかない点が一つ。
劉備がおっさんすぎませんか?(笑
それが、どうしても、腑に落ちない点です・・・

その点、関羽と張飛はイメージ通りだったなー。趙雲も、まあまあ。
大好きな関羽役の俳優さんは、チンギスハーンの末裔の
モンゴル人俳優さんだそうです。
浅野忠信主演のモンゴルにも出てたみたい。
どの役だった人だろう??

しばらくは、レッドクリフが頭から離れそうにありません。
今の時代に、孔明や劉備がいたらどう思うだろう?
そんな風に思います。

それにしても今日の日記はマニアックな内容ですみません。。。

力を貸してください

2009.04.10 23:00|チベット
力を貸してください。

こんなタイトルでごめんね
でも、決して大袈裟じゃないの。

今日はチベットのお話。
去年の3月にチベットで逮捕されたチベット人に
死刑判決が言い渡されました。

*************************************************************
【北京・浦松丈二】
新華社通信によると、チベット自治区ラサの中級人民法院(地裁)は
8日、08年3月のラサ暴動で放火などの罪で起訴されていた被告4人に死刑、
別の被告1人に無期懲役の判決を言い渡した。
ラサ暴動の裁判で死刑判決が言い渡されたのは初めて。

 判決によると、被告5人は3件の放火事件を起こし、
店の経営者ら7人を死亡させたとされた。
死刑判決を受けた4人のうち2人には2年の執行猶予が付けられた。

 自治区当局者によると、ラサ暴動では市民18人と警官1人が死亡。
2月までに暴動に関与したとして約950人が拘束され、
76人に有罪判決が出されていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090409-00000034-mai-cn

***********************************************************

このニュース、これだけ読んでるとチベット人が悪いみたいに書かれてるよね。
実際、本当にチベット人が人殺しをしたのかもしれない。
だけど、例え殺していないとしても「殺した」って言う風に なっちゃうかもね、あの国では・・・
天安門事件だって、そのことを言うのがタブーになってるみたいだし。
中国という国では例え罪を犯していなくても
チベット人たちやウイグル人は拘束され中国の言い分で、
虐殺されるパターンなんかも多くて、私は中国が出すニュースを
確実に信じられない状況です。
実際、この1年色々なことを知ったし活動してきた自分自身が
肌で感じて、身を持って体験していることだから。

だけど、たとえそれが中国人であったとしても、人を殺したから
死刑か?って言われたらそれは私はそう思わない。

でも、 同じ過ちをもし、例えば中国人がしたらどうなんだろう?
もしかしたら死刑じゃないかもしれない。
チベット人やウイグル人だから死刑になったのかもしれない。
そう思うと、私はやっぱり何かしないといけない。
きちんとした審理をしないままの死刑ならば何とかしなければならない。
そう思うんだ。

本当に国際社会が中国に働きかけてくれたらどれだけいいかと思う。
でも、本当に毎回がっかりさせられることばかりだし、憤りを感じることもいっぱいある。
だから、自分たちでこういう草の根かもしれないけど微力だけど活動していくしかないんだ。

微力だけど、無力じゃないからね。

チベットでは、チベット人の自由がない。
中国に50年前侵略されたチベットでは、
そこの土地に代々住んでいたチベット人たちに
言論の自由も、教育の自由もない状況。

「FREE TIBET」

freetibet12


この「FREE」には色んな意味が込められている。
色んな考えの人がいるから、いくつも意見があるのは当たり前。
だけど私の考える「FREE TIBET」は、
チベットの人にとっての心からの自由なんだ。

好きなお寺に行ったり、
自分たちの言語を正々堂々と話せたり、
大好きなダライ・ラマ法王の写真持ったり、
海外から来た旅行者と話ししたり、
例えば民族は違ったとしても、好きな人と結婚できたり、
女の人なら子供産んだり、
子供が親と暮らせたり、家族と暮らせたり、
大きな夢を持ってみたり。

そういうこと、日本じゃ当たり前でしょ?
だけど、それがチベットでは当たり前じゃなかったりするの。
だから「FREE」なんだ。
私はそう思う。

今回のこの死刑判決された人を助けたい。
人の命がかかってるのです。


だから、力を貸してください。

今、署名を集めています。
まだ署名用紙しか出来上がってない状況です。
だけど、今がんばってカバーレターを作ってくれてる状況です。
でも、署名用紙はあるので、協力してください!!

もしも、書いてくれるのなら、こちらから署名用紙ダウンロードできます。
チベットハウスに送ってください。

18,19日のアースディに行く人は、チベット・ブースに届けてくれてもOKです。

もしくは、代筆も受け付けます。
私でよければ書きます。
近場の人は、私が署名用紙持って伺います~!!!

もしくは、ネットで署名できるサイトもあります。

SFTのサイト
上のは、英語サイトなのですが、内容はこんな感じです。

Email→   メールアドレス
First Name→ 下の名前(アルファベットでお願いします)
Last Name→  名字
Address Line 1→ 住所
Address Line 2→ これは空白でOK
City→○○市とか、○○区とか
State/ Province→ これは、アメリカとかカナダしか入ってないから
          とばしちゃってOK
ZIP/Postal Code→郵便番号
Country→Japan!!!もし海外に住んでたらその国を選んでね。
Email Preferenceは、メールが欲しいか欲しくないかってことなので、
知りたい人は、上の2つのどちらかを。
別に情報いらない人は、Don`t know を。

最後の四角(□)のとこは、もし最新情報とかを知りたかったら
チェックしてください。

そして、Send This Messageをクリックすると完了!!



どうか、ご協力をお願いいたします


力を貸してください。
もしかしたら、この人の命が助かるかもしれない。
もしかしたら、あなたの名前一つ増えることによって、
救われる命かもしれない。
軽い命なんてないんだ。
どんな命だって、お母さんがお腹を痛めて産んでくれた大切な命なんだから。


署名用紙の方は25日に在日チベット人が中国大使館に届けるそうです。
なので締め切りは24日。
時間が少ないけど、協力してください!!!

カンボジアに行こうと思います

2009.04.05 01:31|
韓国の友人ドゥーから写真が送られてきた。
ん?CONVERSE??

doo

よく見たらドゥーが映ってた!
ちなみにドゥーは一番上の中央の帽子にヒゲくんです。
彼が描いた絵を持ってる。
最近はモデルなんかもやってるようなやってないような?
絵描きとしても来月NYに行くみたいなこと言ってるしー。
ちょっとドゥーが遠い存在になりつつあるようで寂しさを覚えたりもしたけど、
でも友達がハッピーになっているのなら、 (それを一緒に楽しんだり応援したりしたい。


話しは変わり・・・

実は今月末くらいからカンボジアに行くことにしました。
「え?チベットじゃないんだ?」
って思った人も多いと思うけれど私はカンボジアにも思い入れがある。

カンボジアに初めて行ったのはもう5年も前になる。
そのカンボジアで、たくさんの物売りの子供達に出会った。
最初のうちは「買って買って」としつこく後をついてきた子供達。
ポラロイドカメラでそんな子供達を撮って、その写真をプレゼントすると
物を売ることなんかそっちのけで、写真を見ては大きな瞳を輝かせていた。
こんな澄んだ瞳を、私は今までかつて見たことがなかった。

その後も、そこに遊びに行った。
もう子供達は私達に物を「買って」とは言ってこなかった。
言ってくる台詞は「遊ぼう」に代わっていた。

宿泊していた宿でも、子供達が働いていた。
親元から離れ、昼間は宿でお手伝いをし、夕方から学校に行く。
学校が楽しくて仕方ないようだった。
宿のご主人が親元から離れて暮らすこの子達を引き受けている感じだった。
そしてそこで働く大人の女の子や男の子たちは、
血は繋がっていないだろうけど小さな子供達の面倒をよく見ていた。

カンボジアという場所は、確かに物質的に恵まれているとは言えないし、
地雷がまだ残っていたり、地雷で手足を失った人がいたりするし、
決して豊かな国とは言えない。
だけど、私は決して物質的には豊かではないカンボジアで
沢山の笑顔をもらったし、計り知れない感情を抱くことになった。

アンコールワットを見たいという目的で行ったカンボジアで
私が手に入れたものは、もっともっと大切なものだったんだ。


去年の日記に書いた内容があるのですが今日の日記はこの内容の続きになりそうです。

この日記に書いてあるベトナムで気づかせてもらったこと。
ベトナムに行った時に運命とも言える出会いをしたんだ。
ヨシさんとヨーヘイくん。
ヨシさんは、本当に色んなことをしている人だった。
会話の引き出しが豊富で、彼の話しはとても面白かったし、
色んな経験をしている人で私や、周りにいた人たちはすっかり
彼の話しに魅了されていた。
彼は旅人でもあるけれど、人を助けることをしている人だった。
震災地で活動をしていた経験もあり、彼の話しはよくも悪くも、とてもリアルだった。
そんな彼と会話をするにつれ、自分が心の奥底にしまいこんでいた
感情が少しづつ蘇ってきた。

「この人、私がやりたいこと、行動に起こしてる人だ」

そう思った。
形や内容は違うにしても、彼のやっていることは
私が感じたり思ったりしていたこと、そのものだったんだ。

「人生観を変える出会い」
って多分、こういうことを言うんだと思った。

そしてヨーヘイくん。
彼は大学生だった。
ヨシさんとの会話の途中「俺もレスキューになりたいんですよ」
そう言っていた。
人助けをしたいと。そんな彼をすごいなと思った。
私はヨーヘイくんくらいの年齢の時には、遊ぶことしか考えてなかったから
彼の言葉は衝撃的だった。

この2人との出会いから私の心に少しづつ変化が訪れた。
「自分に出来る形でいいから、やっていきたい」
そんな風に思うようになった。

ヨシさんは、去年の中国の震災で真っ先に現地にかけつけ、
未だに救済活動をしている。
そしてヨーヘイくんは、去年からレスキューへの道の第一歩として
消防学校に通い、先日無事卒業し、新たなる場所での活動。

そしてベトナムではまる鼓との出会いもあったんだ。
今では、まる鼓はチベットサポートをする私をサポートしてくれる
大きな存在になっている。
大して行きたいと思っていなかったベトナムでの出会いは
私の人生を変えるものとの出会いだらけだったと、しみじみ感じている。

いつの頃からかは覚えていないけれど、アジアとかアフリカとか、
学校に行けない子供を学校に行かせたいって思っていた。
カンボジアに行った時にそれを強く感じたんだった。
だけど、学校を設立するというのは、継続させなければならないし、
そんな簡単なことじゃないことは分かってる。
それに今の私には無理だろう。
ずっとそう思っていた。
だから、心の奥底にしまいこんでたんだ。
諦めて、忘れようとしてたんだ。

だけど、このベトナムとの出会いによって、
それを少しづつでもいいから形にしていこう。
そう思うようになった。

そのうちの一つがチベット。
これは今の私の大きな部分を占めていることには間違いない。

もう一つがカンボジア。
学校を作るわけじゃないし、それはいつになるかもわかんないけど
大きな夢の一つとしてずっと先にあるものに変わりない。

だけど今回は、井戸掘りのお手伝いに行こうと思います。
正直、私は井戸のこととか全く分かってないし、知識も体力もない。
だから、お手伝い・・・というよりも足手まといや邪魔にならないかが心配。
暑さの中、私が倒れずにその場所にいられるかどうかも不安もある。
井戸掘りがどんな風になるかも想像できない。

だけど、その場所にいたいんだ。
その時間や空気を私も共有したい。
カンボジアで私がもらった沢山の笑顔を、
もっともっといっぱいに出来る瞬間があるとしたら、
そんな場所にいられるだけでシアワセ。
井戸を掘りたいという目標や夢に、私も便乗させてもらって
今では私の夢にもなりつつあります。

実はカンボジア行き、ずっと迷ってた。
そんな時「やらない善より、やる偽善」って言われたのは大きかった。

そして大好きなダライラマ法王の言葉がずっと頭の中をグルグルまわっていた。

「必要なときに行動しないのも、
 ひとつの悪い行動だと言うことです」

んー。
これは、きっと、もしや、今がその必要なときなのかな?
そんな風に思ったり。

そしたら先週末から話しがトントン拍子に進んだ。
航空券も取れちゃったし、絶対に無理だと思ってた休みも取れた。
最初に考えてた出発日を別の日に変更してから、
怖いくらいにスムーズに事が進んだ。

これって、風に乗ったんじゃない?私。
「タイミング」という風があるのなら、まさにそれに乗れたんじゃない?
って、勝手に思っています(笑)

こんなアタシでも、何かのお役に立てるはず!!
たっくさんの笑顔でいっぱいに出来たら、
その一瞬、一瞬を、私の表現の一つでもある「写真」と言う形で
残すことだってできるはず。


今月の代々木のアースディのお手伝いもいけなくなってしまったのに
「行っておいで」って言ってくれたフミネムや、アースディの
お手伝いを急遽引き受けてくれたまる鼓や、
そんな理由を知ってもハグハグしてニコニコ見送ってくれた久保さん。
みんな、ありがとー。

そんなわけでー、今月末にはカンボジア行ってきまーす。
とりあえず軍手とか用意したほうがいいよね?

ありがとう日本

2009.04.04 23:12|チベット
昨日は、東京へ。
「ありがとう日本」というチベット亡命政府主催のパーティへ。
すごいストレートなタイトルだな(笑)
と思いつつ、ストレートなほうが分かりやすかったりもする。

そして「チベット亡命50周年記念」と書かれていた。
亡命50周年記念なんて正直めでたくもないし、
祝うことではない気がするし、切ない気持ちでいっぱいだ。

だけどこの「ありがとう日本」の「ありがとう」は、
チベット難民を受け入れた国への感謝の「ありがとう」なんだって。
チベット亡命政府があるインドやその他の国にも
「受け入れてくれてありがとう」なんだって。
そーいう考え方がやっぱりチベットらしいなーって思う。
自分たちはとっても大変なのに、他者を思いやる心っていうの?
正直、チベットをサポートしていても、そこの域に達するには
まだまだ遠い道のりです。

「ありがとう」って言葉って
本当にささいな言葉だけど、あったかい言葉で、
とっても大きな意味を持つ言葉だと私は思っています。

よく何かをやってくれた人に対して「ごめんねー」とか
「すみません」って言う人が多いけど、
私は「ごめんね」よりも断然「ありがとう」派です

パーティにはチベットの民族衣装チュバを着て参加。
私も、フミネムもまる鼓も、やこもチュバ。
そして、他にもチュバの人たち、キレイな着物の人たちの姿もチラホラ。
思ってたよりキッチリしたパーテイで、私服でいかなくて
よかったなーと一瞬思った(笑)

普段見たことないおじさまとかいっぱいいた。
議員さんやらもいたり。
私達の知らないところや見えないところで、
色んな人が動いてるんだなーって感じた。

私はチベットに「ありがとう」って言いたい。
チベットの人から教わることってすごく多くて、
色んな感情を私に与えてくれている。
いつか、チベットがシアワセになった時に、
その時こそ「ありがとう日本」って言ってもらえるような、
そんな日本であってほしいなと、思ってます。


話は変わり北朝鮮。
国内でも現地の人ほどの緊張感を抱いていない人が多い気がする。
職場の人の中でこの話題を知らない人もいたりして、
ものすごくびっくりした。
無関心にもほどがある

そして北朝鮮の影響なのか?それとも静岡空港の影響なのか?
どっちかは分からないけれど、最近やけに
上空を色んなものが飛んでる音が聞こえます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。