01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心できる世界ってどこだろう。

2009.02.26 23:23|原発
とってもピースな人で、いつもゆる~くニコニコしていながらも、
かなり鋭い視点を持ち、私のお兄さまのような存在で、音楽好きで
仲間をとっても愛しちゃってて、
チベットのことサポートしてる私の力になってくれて音楽イベントに出させてくれ、
私がリスペクトしている人の一人、 まあさんの日記を読んでびっくり。

ちょ、ちょっと~、大丈夫なの????
みんなにも是非知ってほしいから、
まあさんの日記をそのまま貼らせてもらいます。
以下転載。

*************************************************************

放射能漏れ発生

1月21日
2月1日
六ヶ所村で高レベルの放射能が漏れた可能性大!
そこで作られた作物や近海で獲れた魚なども被爆の可能性あり!

久しぶりのミクシ日記
書きたい事はたくさんあったけど
正直面倒になり表現サボリ

だけど・・・
自分がお世話になっている愛すべき皆様にだけでも
伝えなければいけない事故が発生!
自分自身が知ったのが最近のため一ヶ月も前の事故

再処理場で有名な六ヶ所村
この処理場に関する問題についてはいろいろ意見もあるし
自分自身の考えがまとまっていないからまた次回

一つだけわかるのは・・・
原発は俺たち人間とすべての生命、未来、環境・・・
母なる地球において悪影響と汚染しかないっていう事実

原爆をはじめ世界中で事故を繰り返し
「過ち」を犯しても今まだ原発を増やそうとする日本
100%の安全は絶対にない

そんな問題山積みの中
六ヶ所村の再処理場で高レベル核廃液が漏れた!

機関の話では
「タンクから高レベル廃液が漏れ始めたのは1月9日のことで
17日以降にはセル内に取り付けられた漏洩に関する各種の警報が
鳴っているが無視し続け漏洩は21日まで続いた」

最大で150リットルも漏れていたそうな・・・
そんで今月1日にも2回目の漏れ発生!
おいおい・・・


回収できた廃液は16リットル
残りの134リットルは????
んんん?

機関は蒸発したとかなんとか言ってるらしい
そしてそれは環境や人体に影響はないらしい
でもその安全を示すデータや詳細は提出されてないらしい
おいおいおい・・・

高レベルの廃液が134リットル蒸発して安全???
施設の排気口やらのあらゆるダクトから
放射能っつー悪魔が間違いなく漏れちゃってるでしょそれ!!!

そんで何よりも問題なのが
こんな大事故が公の場で大きく報道されてないっていう日本
そりゃ報道しちゃったら
六ヶ所村付近でとれた食材はみんなが手を出さなくなって
現地の農家や漁師の方々は生活できなくなると思う

う~ん・・・
わかるよ・・・わかるけど・・・
それって情報操作でわ!
チベット問題について動いていた時に現地で起きている事実と
メディアを通して流されるウソの情報の存在はイヤってほど体験した
結局俺たち一般市民は国に上手に飼われてるんだな~って痛感した
中国共産党どうこうの前に日本を知るべきだと思った

体に毎日毎日ちょっとずつ蓄積されていく「毒」
ガン・白血病・遺伝子障害・精神障害
子供に罪はない
悪いのは全部俺たち大人のせいだ

俺たちが払ってる電気代って原発代だよな?
電気代は働いて稼いでるよな?
ってことは働いて原発動かしてんだよ俺たち・・・
時間割いて文句いいながら働いて未来壊してんだよ・・・

このままじゃいかんよ自分!

じゃあ原子力発電は使いません!
っていうわけにもいかないしそういう事でもない

すべての中心になるのは利益=マネー
お金は良いものなのか?悪いものなのか?
それは使う人間次第って事だ

昨夜
反核運動をしている方と食事しながら考えた

今の自分にできる事は伝えること
自分の大切な人たちに伝えること

その方々の話によると
漏れた廃液の放射能は自体に影響ナシと判断されている量の
「2万倍」だそう・・・

オレは魚と野菜が大好きです

************************************************************
以上転載。

読んでて怖くなった。
本当に、私は今まで原発がこんなものだってこと知らなかった。
去年、原発問題を扱ってる人に出会って、初めて知ったんだ。
聞いてびっくりした。
私が思っていたものとは全く別物だったから。
知らなきゃよかったって思うくらい怖かった。

だから、正直私も知らないこといっぱい。
私は教えてくれる人がいて、知るキッカケができた。
だから、私もみんなに少しでも知って欲しい。
みんなに安心して暮らしてほしいし、
わたしたちが年を取ったときにも、その子供も、孫も、
みーんなが安心して食べれるものが存在してほしい。


<原発についてわかりやすいHP>
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page1

<まあさんが教えてくれたページ>
http://www.news.janjan.jp/living/0902/0902238111/1.php

先日まで毎日のように浜岡原発のニュースが新聞に載っていたから
気になって読んではいたけれど、新聞も微妙だったりもするときもある。
私は静岡人。
浜岡原発を持つ静岡。
ふう。。。
http://www.stop-hamaoka.com/

スポンサーサイト

出会いとかつながりとか。

2009.02.23 23:16|世界のニュース
この週末は、「出会い」とか「つながり」を
めっちゃ感じる週末でした。

長~い日記になりそうですので読んでくれる方は覚悟を(笑

金曜は「森源太」というミュージシャンのライブへ。
彼はカンボジアの地雷を減らしたいと、歌を歌いながら訴え、
アクションを起こしている人。

少し前に、トモくんが源太さんのライブに行き、
その話を熱く語られた翌日だったか2日後だったか忘れたけど、
地元のローカルな新聞を見ていたら

「森源太ライブ」

と書いてあり、私の住んでる町で源太さんのライブがあることを知った。
これは、「偶然じゃないでしょ。呼ばれてる??」
と勝手に解釈した単純な私はライブに行くことに(笑

私は普段はチベットばかりだけど、
カンボジアにも行ったことがありカンボジアも好きなところ
カンボジアに滞在していた時に、宿泊していたゲストハウスのスタッフに
「私もここに住みたい。仕事させて」と真剣に言ったほど(笑)
それくらいカンボジアは私にとっても切っても切り離せないところ。

源太さんのライブはとてもアツいものがあった。
普段聞く音楽のジャンルじゃないけど、本気で歌って、
本気でぶつかって、本気で会話すれば伝わるものってある。
それを見せ付けられたライブだった。
チベットとカンボジアは違うけれど、
でもやっぱり源太さんもカンボジアを笑顔にしたいんだろうな。
そう思うと、目指してるところは同じだと感じる。

そして、源太さんのスタッフがなんと、
私が作ったチベットの布バッチを持っていてくれていた。
私がチベットのことを知ってもらえたら・・・って思って作っている布バッチ。
カンボジア大好きなトモくんだけど、いつも私にも協力してくれて
布バッチを出会った人に配って歩いてくれている。
トモくんが前回のライブの時に「布バッチをあげたよ」って言ってたけど 、
まさか持っててくれるなんてびっくりだから、とても嬉しかった。
トモくんがその時にチベットサポートしている私のことを話していたそうで、
「噂は聞いてるから会えて嬉しいよ」って。
そんなわけで私もすぐにスタッフさんや源太さんとつながった。
本当に、出会ってくれてありがとうって思ったし、
つなげてくれたトモくんにも感謝だし、
つながりってすごいなーって感じた瞬間だった

そしてライブでは「まあちゃん」という我が街では有名な路上詩人との出会いもあった。
まあちゃんの噂は以前聞いたことがあったけど、会ったのは初めて。
彼は昔はかなり悪いこといっぱいしてきたみたいな人だけど、
心を入れ替えた瞬間があって、今では仏門し行者となり、
車椅子を寄付するために書き下ろしをしている人。
世界を笑顔にしたいって。
話をしたら、やっぱ通じるものがいっぱいあった
しかもダライラマ法王のこと、大好きだって(笑)
そんなわけで、まあちゃんとの出会いも大きいものになりそうで、
これからも色々と繋がっていって、
地元でもアクションを起こしていこうかと企み中。
まあちゃん、よろしく!!

そしてこのイベントでは多くの人との出会いがあった。
とってもいい出会いばかり。
「やっぱり、この場所に呼ばれてたんだな~」
ってニヤリとしてしまった。


ライブ後に、去年のチベットと音楽のイベント「曹源一滴水」を
企画したジローちゃんとIndus&Rocksメンバーから偶然にも電話。
今年もイベントやっちゃいます、音楽とチベットをコラボしたイベントを。
ボチボチ企画していきます。
去年の反省点を生かして、去年よりもいいものにしたい。

でも、一日で色んな出会いや、つながりを感じて、
こういう風にリンクしちゃう日ってあるんだなーって しみじみ感じました(笑)
リンクしすぎて怖いです

そして土曜。
フミネムねえさまが遊びにきました。
今年は出だしがあまりよくなかった私と、
中国がチベットへの外国人受け入れを今月末から拒否することによって
3月にチベットに行けなくなったフミネム。

「チベットに外国人が入れない」

が意味することは、外国人が入れないチベットという土地で
どんなことが起きるのかが全く分からない状況。
拘束されたり、虐殺されたりという想像をするのも怖い。
そんな状況が怖い。
去年もそうだった。
去年はどうしたらいいのかも分からず、
入ってくる情報に泣いてばかりいた。

だけど、私達は去年よりも強くなったんだ。

チベットの苦しみから考えたら私達が出来ることなんて
ちっぽけなことだけれど、でも何もせずにはいられない。
去年たくさんの人と出会って、色んな経験をして、
「自分たちが出来ること」
それを見つけることが出来たんだ。

その一つが去年のチベットと音楽のイベント「曹源一滴水」

このイベントの話が来たことによって、
泣いてばかりいた弱虫な私は、目標を見つけることができました。
だから、このイベントにはものすごく思い入れがあるの。
今年もこのイベントをやることによって、
私は泣いてばかりじゃなくて、前を見ることが出来るんだ。
本当に小さな一歩かもしれないけど、
歩き出すことができるんだ。

そしてチベットのイベントを新たにフミネムと企画することにしました
でも、チベットのことだけじゃないの。
少しづつかもしれないけど、もっと他のことにも目を向けられるような、
色んなことを知るキッカケになれるイベント。
もちろん、楽しみながら、それを知れるのが一番いいと思うから 楽しむことも前提。
というか、私自身も楽しくて、来るお客さんも出演者もみんなが楽しめて、
だけど、ちゃんとそこには愛が存在するような、そんなイベント。
みんなが笑顔になれるようなイベントにしたい。
したいというか、する!!(笑
これらは都内の予定だから、地元でもやっぱ何かやりたい。
というわけで、チベットのドキュメンタリーフィルムなんかを
上映したいなと思っています。
写真も展示して、フィルム流して、少しだけでもチベットを知るキッカケを
作っていきたいなーと。

正直ね、弱音を吐くと実現するかどうかはわかんない。
だけど、それに口に出すことによって、
自分をそう仕向ける部分ももちろんあるけれど、
誰かに話すことによってそこからまたいい案とか、つながりとか広がっていく。
そういう時のリンクってすごいんだ。
そういう時って全宇宙が協力してくれてるのを感じる。
それに気づけるか、気づけないかは大きいけれど、
そのチャンスが来たら、それに気づかないでいるのは勿体無い。
せっかくだから、その風にのらなきゃ。
私はそれを信じてる。

この企画のことを考え始めてから、
何だか私は、元気が出てきました。
多分、フミネムも同じだと思います。
また前を向いて進んでいけそうな、そんな気がしてます。
出来るという可能性を信じて、進んでいきます。


そして昨日の22日は誕生日
また一つ、大人の階段を上ってしまいました(苦笑
でも、たくさんの人から「Happy Birthday」を言ってもらえて、 とっても嬉しかった。
ありがとう
何か、誕生日ってみんながやさしい。
毎日誕生日だったらいいのに(笑

素敵すぎるプレゼントも、もらってしまいました。
まさに私の心にドンピシャなものばかりで、涙でた。
ありがとうです☆

何か、誕生日前から忙しかったけどその忙しさが全て、
出会いだったり、つながりだったりするものだったし、
心が充実していたので、それらが全て私にとっては
最高のプレゼントになりました

とっても素敵な週末でした☆☆☆

MONGOL

2009.02.19 23:01|休日
今日は仕事が休みだったので、
見ようと思ってずっと見れてなかった

「MONGOL」

mongol

を見た。
そう、浅野忠信主演のアカデミー賞にノミネートされた作品。
受賞は逃したけど、でも浅野さん好きな私としては見たかった作品。

いや~、なんというか、言葉には出来ないけど
でも、ものすごく残る作品かも。
昼間に見たのに、まだ余韻が残ってる。
これは、今夜の夢に出てきそう(笑)

殺し合いのシーンとか、見たくないシーンもいっぱいあった。
やっぱ、この辺りはどの国でも、どの時代でも
男と女の感じ方は違うと思うけど、
女目線で見ると、「男ってなんで争うんだろう」って思ったりもするけど
その男を支えてるのって、実は女だったりする気がした。
女は肝が据わると強いなと感じながら見ていた。
私もこんな女になりたいわ

そして、あの大草原を見て、なんとも言えない気持ちになった。
もしも前世があるのならば、私は絶対にココにいたことあるだろうなーって思ったの(笑)
(撮影地は内モンゴル、東トルキスタンなんかだったみたい)
映画の中で、エンジ色の袈裟を着ている僧侶のような人が出ていた。
彼との出会いによって、浅野忠信演じるチンギス・ハーンは
「寺院を壊さない」みたいな流れになるのだけど、
それってチベットのことかなー?なんて思いながら見てた。

全部、モンゴル語で撮影。
全部、モンゴル語だよ
それだけでもすごいのに、勉強したり、馬の乗り方練習したり、
剣の使い方練習したり、色々がんばったんだろうなーって思うと
やっぱり浅野忠信は只者ではないと思った。

そして、何よりも衣装がとってもキュートでした。
キュートっていうと「え?」って思うかもしれないけど、
民族衣装といいますか、モンゴルの衣装がとても素敵で
あの衣装を着てみたいなあと思いました。

浅野忠信。
雰囲気がすごく好きな人なんだよねー。
この人が発するオーラっていうか、空気っていうか。
もともとは奥さんのCHARAがデビュー当時から好きで、
「picnic」という映画を見たのがキッカケで浅野さんを知ったのだけど、
ここの夫婦は、ホントに素敵すぎます

music festival

2009.02.15 21:24|音楽
隣町で小さな音楽フェスというか、
国際交流フェスみたいなのがあって、
妹が出るというので行ってきました。


その音楽フェスに途中から行ったのですが
ハワイのフラダンスとか、
アフリカのジャンベとか、
ネパール民謡とか、
色々出てました。
ちなみに妹はインド舞踊です(笑

フラは、とってもキュート。
なんか、実は結構ハードだと思うけれど
あの優雅さとか、なんていうかいいなーって思いながら拝見。
とにかく、かわいいわ。
数年くらい前からフラって流行ってるみたいだけど、
やっぱ、かわいいです。

fula


そしてアフリカのジャンベ。
ここの演奏は何度か見てるけど、やっぱ楽しい。
見るたびに、ジャンベをやりたくなる。
去年も何かとジャンベに触れる機会があったし、
今年はちょっとやってみたいなー。
というか、やってみようかなと密かに企み中。

ainike


その後はネパールの人たち。
私が好きなネパール民謡「レッサムフィリリー」を演奏していた。
レッサムフィリリーはネパールに行ってた時に
いつもいつもどこかから聞こえてきてて、
気づいたらCDまで買ってたくらい(笑)

nepa


そして妹のインド舞踊。
意外と思ってたより正々堂々と踊ってた(笑)
メイクもすごいし、サリーとか着ててなかなかよい。
写真撮ってたけど、インド舞踊の時に限って、
光が多すぎて上手くとれなかった。。。
妹を撮りに行ったのに、妹たちの写真が一番失敗だった
妹よ、すまん。。。
3歳と5歳くらいの姉妹もインド舞踊で出てて、
この2人だけが踊ってる時間があったんだけど、
めっちゃかわいかった。
人形みたい(笑

それ以外にもラテンやらもあったけど見逃した。
残念。
外には色んな国の料理も出てて、
私はスリランカカレーを食べてみた。
ひよこ豆がスキなので、たっぷり入っていて嬉しかった。

まあ、そんな感じに音楽やら踊りやらを楽しめた一日でした。
やっぱ、音楽っていいですね

チョコレート

2009.02.14 22:13|未分類
Happy Valentine`s day!!
そんなわけで、Happy Valentine`s day!!な(?)カフェラテ。
くまちゃんがラブリー。
かわいすぎて、こんなラテ飲めない(笑)

valen


チョコレート、スキ。

でも、実はチョコレートをよく食べるようになったのは
ここ数年のこと。

子供の頃とかもチョコレートは食べたけれど、
それほどスキじゃなかったんだ。

だけど、ベルギーという国に行ってみて、
ベタだけどチョコレートが有名な国っていうから
チョコレートの有名なお店に行ってみた。

私の前にはベルギー人のおじいちゃんがいて、
とってもニコニコしながらチョコレートを選んでいた。
チョコレートケーキみたいな手の平に乗るようなサイズの
プチケーキみたいなのをおじいちゃんがいくつか買っていたので
私も真似して買ってみた。

そしたらね、すっごくおいしかったの。
こんなにチョコレートっておいしいんだ???
って、びっくりした記憶がある。

ベルギーではスーパーに行ってもチョコレートのスペースが
とても広くて、みんな買い物カゴにバンバンとチョコレートを入れていく。
若いコも、お年寄りも。
私もまた真似して、その人たちが買っていったチョコレートを買ってみた。
土産用に買ったのにおいしくて、結局帰る前とかに自分たちで食べちゃったり(笑)

その時以来、きっとチョコレートという魔法にかかったんだと思う。
チョコレートって人を幸せにする気がする。


話は変わりますが、
先日、友達のTくんから「○○で、チベット写真展やってるよ」
と連絡が来たので、行ってみた。
カムというところで見かけた五体投地をしている人の姿だった。
チベット以外の写真もいっぱいあったけど、
チベットの写真を撮影したおじさんと話しをさせていただいた。
図書館のギャラリースペースという、めちゃめちゃいい場所での開催なので、
チベットというところを知ってもらうにはいい環境ですねーって話をしたりした。
私もいつかやってみたいなーと思った。
写真、まだまだだけど、楽しく撮っていきたいなー。

そうそう、またカフェ写真撮影のバイトもさせてもらって、
ちょっとしたおこづかいをもらいました。
何だか、好きなこと、趣味でおこづかいをもらえるのって
素直にうれしいです。。

今日は久々に昔働いていたお店に行ってみた。
そしたら、最近会ってない友達というか先輩と話し込んじゃいました(笑
相手は仕事中なのに(笑
しかも私のこのブログやらHPを結構チェックしててくれてるみたいで
そんなの知らなかったからびっくり&嬉しかったわ。
今度はじっくり会って、話したな~。

そうそう、去年音楽のイベントで知り合い、友達になったお方が
今、オーストラリアにいるみたい。
日本でも結構色んなイベントに出てるので見たことある人、いるかも。
面白、不思議楽器が盛りだくさん。
動画がUPされたようなので貼っておこうかと。




相変わらず、いい音聴かせてくれます

SONG FOR TIBET FROM JAPAN

2009.02.07 23:23|チベット
北京五輪開催中にスティング、アンダーワールド、
アラニス・モリセットなんかの豪華ミュージシャンが参加した
アルバム「SONG FOR TIBET」

それに日本版で参加した難波さん(Hi-STANDARD,ULTRA BRAiN)が
これまたやってくれました!!

今回の発起人は、その難波さん
難波さんの呼び掛けに賛同した日本のアーティスト11組が
楽曲を提供しています。
そんなチベット自由支援コンピレーションは
3月25日に発売されるそうです。


これがかなり豪華
参加アーティスト(敬称略、五十音順)


あふりらんぽ
ULTRA BRAiN
大沢伸一
Cubismo Grafico
COKEHEAD HIPSTERS
Cornelius
Turtle Island
dj KENTARO
Discharming Man
BRAHMAN
THA BLUE HERB
Boredoms
MONGOL800

http://trafficjpn.com/news/show/352
http://trafficjpn.com/news/show/352

すごいなー。ホントにびっくり。
この中でライブ見たことあるミュージシャンが5つくらい。
音楽のジャンルとかじゃなくて、
みんなが同じ一つのことに向かって何かしようっていう気持ちとか、
音楽というもので何かを表現したり訴えたりできることを改めて実感。

ミュージシャンが動くことによってこういう形を通して
たくさんの人がチベットのことを知るキッカケになる。
ただ単に音楽を聴きたい人だって音楽を楽しめるし、
音楽を通してチベットのことを少しでも知ることができる。
そしてその収益がダライ・ラマによる平和推進活動を基盤にした
事業の支援に使われる。
これってミュージシャンだけじゃなくて、
音楽を聴きたくてCDを買った人だって
すでに「何かできることをした」という参加型になるわけで。

難波さん、リスペクト。
賛同してくれたミュージシャンたちもリスペクト。

そして今年は50年目。
50年って、どれだけ長い月日だろう?
想像が出来ない。
今すぐにいい方向に向かうとは思えないけど、
だけどいつの日かダライ・ラマ法王や亡命している人たちが
チベットの地を踏めますように。
チベットの人たちに笑顔が戻りますように。

マイペンライ

2009.02.03 23:23|
初めての海外はタイとインドだった。

インドでは、いい意味でも悪い意味でも
色んなことがあって、走馬灯って本当に走るんだーって思ったり、
コテンパンにやられて悔しい思いをしたり、
でも生に執着して「生きててよかったー」って思ったりもした。

タイは、初めて降り立った異国の地だったので
思いいれがあって、ここ数年は行ってないけれど
5回くらいは行ってる気がする(忘れた)

そして、何回目かのタイで友達になったタイ人がいる。
その時は友人のmaikoと今はmaikoの旦那、
あともう一人と私の4人で2週間ほどの旅をしていた。
そしてそこで出会ったのがタイ人の「オー」
オーは私が旅に出て初めて出来た現地の友達だ。

最後にタイに行った時には一人でタイに行ったので、
オーの家に滞在していた。
オーは店をやっていて、私は何でか忘れたけどオーの友達の手相を見てあげた。
当時、知り合いのおばさんで、めちゃめちゃ手相が見れる人がいて、
その人に手相の見方を教わっていたのだ。

その友人の手相を見ると、最近大きな恋愛が終わった感じの手相だった。

「最近失恋、もしくは大恋愛が終わったとかある?」

と恐る恐る聞くと、

「えー!!!!何で分かるのー????」

と大声を張り上げた。
まわりにいた人たちが(みんなオーの知り合い)ワサワサと集まってきた。
(みんな暇人みたい)

実はその子は、つい先週くらいに離婚したばかりだった(苦笑)
相手はアメリカ人で3ヶ月の結婚生活だったという(笑)
オイオイ、3ヶ月で離婚で相手は国に帰ったって・・・
トラベラーと結婚したの?!って突っ込みたかったけどそこはやめておいた。

そしたら周りにいた人たちが

「次、私!!!」

「じゃ、俺は次!!」

・・・・と列を作り始めた。
行列の出来る手相占いみたいな。
私、手相占い師????(笑)

商売でもしようかと真剣に考えました(笑)
その翌日も、噂を聞いた人が「手相見て」と言ってくる。
私は、そこまで手相を見れないよーって言ってるのに
噂が噂を読んで、かなり大変だった記憶がある

オーは仕事があるため私にはかまっているヒマもなく、
私はタイで合流したカナダ人の友人たちと毎晩飲み歩いていた。
酒を水のように飲む彼らと一緒に飲んでたこともあり、
ものすごく酔っ払って意識不明で帰ってきたことがあった(らしい)
気づいたら朝で、洋服が変わっていた。
どうやらトイレでゲ○を吐きながら便器をかかえ、
そのまま寝てしまっていたらしい。
仕事から帰って来たそのタイ人の友人はそんな私の服を着替えさせてくれていた。
目覚めたら洋服が変わっていて、着ていた服が洗濯され干されていて
かなりびっくりした記憶がある

本当にごめんなさい
まったく、どうしようもないですね、私。
ホント、すんません。
って何度思ったことか。。。。

それを教訓として、今ではお酒も自分でコントロールしながら
トイレで便器をかかえながら寝ることもなくなったわけですが、
オーとは、その後しばらくは連絡を取っていたけれど、
ここ数年はずっと連絡を取っていなかった。


が・・・・


今日久々に連絡が来たのです。
もう、本当に嬉しくて嬉しくて思わず日記です。
(前フリが長いよねー、ごめんね・笑)

今でも同じとこに住んでるらしい。
あー、懐かしいな~。本当に。

タイ、久々に行きたくなった。


タイには「マイペンライ」という言葉があって、
「気にしない気にしない」って言うような意味だったりするんだけど
自分が悪いことしちゃっても「マイペンライ」って感じで
とっても、ゆる~くていい言葉があるのです。


ま、こんな日記で私の酔っ払いでどうしようもない過去が
バレてもマイペンライということでよろしくです(爆

39歳別れの手紙

2009.02.02 00:06|世界のニュース
見てきましたー。
前回の「28歳の革命」の後編である「39歳別れの手紙」

gu

ゲバラが殺されたことは知ってたけど、
映画の中とはいえ、ゲバラが死んだことに悲しさを覚えた
正直ちょっと複雑な気持ちが残る映画ではあったけど、
でも見れてよかった。
ボリビアで殺されたゲバラ。
実はペルーを旅した時にボリビアも行く予定だった。
だけどその時に、首絞め強盗がものすごく多発していて
治安もよろしくなかったため、やめたほうがいいよと言われて
チチカカ湖にある小さな島から向こう側に見えるボリビアを眺めていた記憶がある。
(注・チチカカ湖はとても大きな湖でまるで海みたいなのです。
 しかも湖の中?に国境があるのです)

最近、妙に中南米に行きたくて仕方ない。
前回断念したボリビアも行きたいし、
ペルーもまた行きたいし、
キューバも今のうちに行きたいし、
なんていうか、行きたいとこだらけだ(笑)


話は変わって「THE THIRD EYE NEWSLETTER」の最新号をいただいた。
去年の7月のイベント「曹源一滴水」に来てくれた人や
チベット関係の人たちはご存知だと思うあの新聞です。
今回は「チベットと核」が書かれている。
東京オリンピックの開催中に東トルキスタン(新彊ウイグル自治区)で
初めての原爆実験を成功させた中国。
その被害を受けるのはやっぱり一般市民なわけで、
読めば読むほど悲しくなる。

今年は正月から広島に行ったことも関係してるのか
どうなのかは分からないけど、自分の中でそういった色んなことが
何となく結びついてきている気がするのは気のせいでしょうか?


そうそう、またまた話は変わりますが、
以前アラニス、アンダーワールド、スティングなどが出したCD、
「SONGS FOR TIBET」に参加していた元Hi-STANDARD(ハイスタ)の
難波さんが3月25日に今度は日本のアーチストを集めた
チャリティーものを出すとのことです!
すごいな、難波さん
詳細が分かったらまた報告します。

音楽の「ジャンル」とか色々言う人もいるかもしれないけど、
私は、「音楽っていうジャンル」が好きなので
音楽やアートで世界を変えようとする人たちが好きだしリスペクトします。
色んなことを言う人も多いけれど、ただ言うだけじゃなくて、
例えそれが上手くいかないとしても、
途中でくじけそうになったとしても、
それに向かって進んでいくこと、
それが大切だなって私は思う。
私は自分がそういう風であるか自分ではまだ分からないけど
そういう風でありたいとは思っている。


「もしわれわれが空想家のようだと言われるならば、
 救いがたい理想主義だと言われるならば、
 できもしないことを考えていると言われるならば、
 何千回でも答えよう、そのとおりだ、と」 (チェ・ゲバラ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。