11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなに、ありがとう。

2008.12.30 20:09|
今年も終わりますね。
この年末に風邪をひいて、熱があるわけでないし、
至って元気だけど声出なくなって、
咳が出るようになって、さっきから咳をする度に

「まさか、アバラにヒビ入った・・・?」

って思うような痛みが若干走っております。
大丈夫なのかしら、私?
でも、明日から旅に出ようと思います。
ガソリンも安くなったことだし、車で国内を旅しようかなと。
西へ西へ向かおうと準備してるので、明日には咳も止まり、
アバラが折れたチックな思い込みな痛みもなくなり、
声も出るようになってる・・・ハズで今日の日記を書きます。

今年は本当に色々あったと思う一年だった。
気づけば、もう30日。

今年の初めに中国、チベットを経由してネパールを旅した。
旅の途中ではスーパー旅人カップル(今は夫婦!)から
世界中の話を聞いてワクワクしたり、
中国から 飛行機が飛ばなくて知り合った日本人6人で
一緒にパンダに会いに行ったり麻婆豆腐や、こってり中華を食べたりした。

とにかく、今年は初っ端っから「人」に恵まれていた。
そして私は、この旅でネパールやチベット文化圏が大好きになった。
ネパールではネパール人の友人宅に泊まらせてもらって、
家庭料理を食べさせてもらったり、
夜は暗闇キャンドルの中、家族みんなで話をした。

そして修ちゃんと一緒に、流れ星や天の川も見たり、
チベタン料理にハマって毎日通ったり、
びっくりするような彫刻のある歴史ある町に行ったり、
原付に乗って湖畔をぶらぶらしたり、山にも登ったり、
自然の美しさに感動したり、 朝日や夕日を見てキュンってしたり、
人のあたたかさに胸が熱くなったりした。

旅を通して、たくさんの人にやさしさとあったかさをもらった。
これがきっと、今年の私を大きく変える出来事のはじまりだったと思える。

そして3月。
チベットで騒乱が起きた。
罪もないチベット人たちが拷問されたくさん殺された。
未だに、行方不明の人もいっぱいいる。
正直、何が何だかわかんない状態が続いた。
何故、こんなことが起こってるのかわかんなかった。
「今現在」、「今の時代」に起きていることとは到底思えなかった。
本当に毎日毎日泣いてばかりいた。
全く知らない他人のことで、こんなに泣いたのは初めてだった。
人が死ぬということが怖かった。
無力な自分が悲しくて、どうしていいのかも分からず、
チベットを通して知り合ったフミネムと毎日泣いていた。
前を見ることも、顔を上げることもできなくなっていた。

そんな時に、落ち込み行く気もないのにEndyに誘われて行ったライブの打ち上げで
その後の「曹源一滴水」に繋がるジローちゃん、Indus&Rocksとの大きな出会いがあった。
この出会いがあって、無力ながら何かできることをしようっていう
気持ちを持てるようになった。
やっと、泣いてばかりいた自分が前を向けた瞬間だった。

その後、中国の四川で大きな地震が来て、自分がチョット前まで
滞在したところだっただけに思い入れがあって、オロオロしてしまった。
知ってる顔が頭をよぎる。
そして私がとてもリスペクトしている人が救済活動に向かった。
そして未だに彼は救済活動をしている。
今では、今まで以上にそんな彼のことをリスペクトしている。

その後も毎日チベットのことばかりだったけど、
チベットのことがきっかけで沢山の人と出会えた。
本当に、今でもチベットのことを真剣に考えてる大きな心の持ち主たちばかり。

夏には3月から温めてきたイベント「曹源一滴水」があった。
私にとってはこのイベントは、とても大きな出来事だった。
音楽を愛する人たちが集まって、音楽を通してチベットのことを知ったり、
考えてもらおうっていうイベント。
全くチベットとは無関係、チベットってどこ?って思うような人たちに
少しでもチベットのことを、知ってもらいたい。
でも、その分課題もいっぱいで、ない頭を振り絞って、
どうやったら伝わるか? とか、どうしたらみんなに知ってもらえるか?
って、いつもいつもロッパのメンバー(チベットのことで活動してる仲間)と
考えて、あーでもない、こーでもないとミュージシャン側ともいっぱい話し合った。

「一人の人に響かなきゃ、大勢の人には響かないよ。」

とまる鼓に言われた時、私は気づいたんだ。
イベントに来るみんなに伝わったらそれはそれで嬉しいけど、
まずは一人だけでもいいから、ちゃんとその一人に伝わるよう話をしようと。

そして7月20日、渋谷。
みんなで作り上げた曹源一滴水。
賛同してくれた人たちが音楽や照明、食べ物だったり、
みんなそれぞれが出せる力と気持ちを持ち寄って出来たイベント。
そしてそこにきてくれたお客さんたち。
友くんも遠くから来てくれた。
とても嬉しかった。
トークライブは緊張したけど、無事終わった。
このイベントが出来て本当によかった。
一人じゃ何も出来ないけど、 一人ひとりの力が集まると、
こういうことも出来るんだって思えた瞬間だった。
このイベントに携わった人全てに感謝している。
ロッパのみんな、ジローちゃん、マオくん、オオチャン、
まぁさん、サトシ、そしてみんな、ありがとう。
そして、来年はこの「曹源一滴水」の「二滴目」をやろうと
ジローちゃんと先日から話しています。
次につながれることに感謝。

そして夏はスペイン人ゲストが泊まりにきて盆踊りを踊りにいったり、
スペイン語をやってみたり、とにかく日本にいながらして
旅気分を味あわせてもらえた。
Luna(月)というスペイン語の名前ももらった。

今年は大好きな京都も大阪も2度行って、姫路城も初めて行ってみた。
鳥羽や伊勢にも行った。
鳥羽ではまるで夏休みにおばあちゃんの家に行ったみたいな海辺の家で
みんなで海女さんが取ったウニを食べたり、
竹でご飯を炊いたり、たくさん話をしたり、海辺で星空を見た。

伊勢神宮にも行って、背中がピンとさせられたり、
沢山ある大きな木からパワーを分けてもらったり、
流れていく川と、温かく包んでくれる太陽の光に感謝。

夏の終わりには「ゆらりとどらむかう」という音楽イベントに参加させてもらって、
原発のことも考えるようになった。
大好きな音楽を通して、今まで見えてなかった、今まで知らなかったことを
少しづつだけど知る機会が出来た。
私の中で、とても大きな出来事だった。
知らないことを少しづつだけど知っていこう。

そして2年ぶりにダライラマ法王の笑顔が見れた。
今までもそうだけど、悲しくて心が痛くて苦しいことが
いっぱいあった一年だったと思う。
それでもダライラマ法王は日本に来てくれた。
法王も、チベット人も、みんな笑顔になれる日が来るといいな。
いつになるか分からない。
長い長い道のりかもしれないけど、
私はそんな日が絶対に来ると真剣に信じている。

今年はKちゃんに誘われ、私の写真がポストカードになって売られた。
何だか不思議だけど素直に嬉しい。
私の写真が、旅人の手から、その旅人の家族や愛する人たちに送られていく。
世界の旅人たちに、そんなお手伝いが出来たこと、
とても嬉しかった。



そんな今年も、もうじき終わる。
今年はたくさんの人に出会って、たくさんの人に支えられてきた一年。
これほどまで、沢山の人に出会ったのは
私の人生の中で初のことだったと思っています。

今年は「出会い」の一年でした。
出会いという「光」をいっぱいつかんだ一年です。

hikari

たくさんの人たちと出会えたことや、つながれたことに感謝です。

私と出会ってくれた人、出会って繋がってる人みんなに
「ありがとう」を言いたい。
来年はもっともっと繋がっていこうね。



来年はどんな一年になるんだろう?
こんな私だけど、来年もよろしくね!

スポンサーサイト

祭りの後

2008.12.29 23:08|休日
さっき書いた日記「年末最後の音楽イベント」
の後編的な日記を書こうかと。

ポカ祭りが終わって、すっかり声が出なくなってしまった私(笑)
オシャベリな私が無口になってます。
そんなんですが、フミネムが遊びにきて色々とのんびりウロウロ。

プチ忘年会をやろうと居酒屋探しをするものの、
忘年会シーズンですでに満席。
7軒くらいまわったけど、全部断られ結局お好み焼き屋に落ち着く。
そういえば前回の東京で、チームネパールの忘年会があり
幹事だった私は12軒断られ、13軒目でやっと予約できたんだった
泣きそうになりながらも、13軒もがんばって電話した私、
我ながらよくがんばった。

来年からの忘年会シーズンは早めの予約をしようと誓った2008年末。
遅いですね(笑)
でも、予定は未定なんです。いつも。

サトシも交えてプチ忘年会をし、
「イチゴが食べたい」というのでスイーツで締める。
それにしても、みんなスイーツ好きだねえ。
私はスイーツあまりそれほど食べないから(生クリームが苦手)
パフェとか色々とぺロリと食べる女子をいつも横目に見てます。


あと、沼津にあるmotaという素敵shopに行った。
ここのお店はホントに欲しいものだらけで
いっつも見てるだけでウキウキする。
そんな頻繁にいけるわけじゃないけど、すごく好きな店。
素敵オーナーもいます
コーヒー飲んで、まったりまったり。
motaa

そして、「ひだまり」のガラス作者のこれまた素敵カップルの
りゅーちゃん&さえちゃんの2人も遊びにきてくれた。
ひだまりのガラスを購入したフミネム。
ガラスはホントにホントにどれ見ても欲しいものだらけで、
一つ一つのガラスの中に世界があって、宇宙があって、
同じものは決して作れないというガラスの中の世界。
こんな風に自分の作品が残せるのっていいなって毎回思う。
webshopも、もうじき出来るみたいだから、興味持った人は是非


そして、そのお店で見つけてしまいました。
私を魅了して病まないものを。
それは・・・

「万華鏡」

私、万華鏡大好き。
つい1ヶ月前くらいに作ろうかと思ってたの。
そしたら、ここのmotaにあった万華鏡は、ミラーのおかげで
なんと向こうに見えるものが写るのです。
だからビーズとかが入ってるんじゃなくて、いる場所の景色や
いる人の顔なんかが、いっぱいキレイに写る万華鏡なの。
もう、これ一目惚れ
店でずっと万華鏡で遊んでてオーナーにも、
「アッキー、すっかりハマってるねえ(笑)」
と言わた始末です。
そんなわけで、このコが欲しくて欲しくて買ってしまいました。
ポケットに入るサイズです。
見た目は、大航海時代とかのコロンブスとかが持っていそうな
双眼鏡(?)みたいなデコレーションで、
仮屋崎さんを連想させるとこがまたGoodということで(笑)
いつでも持ち歩こうと思うので、気になった方は会ったときに言ってください。
間違いなくハマると思います

夜は囲炉裏パーチイ。
カニしゃぶより、たこしゃぶの方がすきです。
でも、カニは大好物です。

で、今日は朝霧行って富士山見てきました。
そう、朝霧JAMとか、天空祭りとかやるとこの朝霧です。
天気もいいし、いい感じ。
その後は、Bio Farm 松木さんの店でおいしい有機野菜を食す。
それにしても、おいしい食事だった
いつも思うのは、おいしい食事を食べれることってしあわせ。


というわけで、明日にはこの美声が治っていることを願います。

年末最後の音楽イベント

2008.12.29 20:29|音楽
26~27日、年末最後の音楽イベント「ポカ祭り」に行ってきた。
これがめっちゃ楽しくって、楽しくって行ってよかったわ。
詳細は前日の日記参照

お友達のIndus&Rocksというバンドを見にいったのですが、
これまたいつも以上にかっこよく見えた。
ホントにIndus&Rocksの音が大好きです。

いつもありがとー、ジローちゃん
jiro


宇宙なオオちゃん
oo


私の日記を読んで風邪がうつったという(?)マオくん(笑)
mao



そのほかの豪華出演者たちの音も心も体も躍らせてくれた。

Marcos Suzano & EXPE
marcos


OKI DUB AINU BAND
okidub


Dachambo
dachambo



一緒に行ったロッパガールズの眠気を吹き飛ばせのフミネムも
フォトグラファーまる鼓も、エスキモーPちゃんも、
ちょっと寒そうな服装なヒンドゥーも、
酔っ払ってご機嫌な修ちゃんも、修ちゃんの友達の たけちゃんも、カルパスも、
そこにいた人も、み~んな楽しんでた。
やっぱ音楽っていいなあ~。

そしてライブ写真がとっても苦手な私ですが、
今回はいつもより、少しだけ思うように撮れたかな。
そうだといいけど。

でも、イベントが終わった朝くらいから声が出なくなり
未だに声が出ないです・・・(泣)
まるでオカマちゃんみたいです。

ぽかぽか ポカ祭り

2008.12.25 16:46|音楽
Merry Christmas!

いかがお過ごしでしょう?
私はと言うと、ずっと今まで我慢して気を張ってきたのに、
ここにきて、喉がやられてしまい、風邪をひいてしまいました。
そんなわけでグッタリなクリスマスを過ごしております・・・

でも明日は「ポカ祭り」に行くので、
風邪ひいたなんて言ってられません。
ポカ祭りっていうネーミングがかわいいなー。
ネパールのポカラという山に囲まれた湖がある場所で、
「ぽかぽか・ポカラ~!!」って言ってたのを思い出します。
朝晩は寒かったけど、昼間はとってもあたたかくて、
原付に乗って、プラプラしていたことを思い出す。
太陽の光が降り注いで、夜は星空がとてもきれいな場所だった。

・・・と話はズレましたが、明日のポカ祭りはとても楽しみです。
めちゃめちゃ豪華メンツです。
そして、我らがIndus&Rocks楽しみです

あー、でもとりあえずは今日中に風邪少しでも治さないと・・・
それではみなさん、素敵なクリスマスを

poka


■12/26(Fri)
@柏ドランカーズスタジアム
『ポカ祭り』

【live】
・Indus&Rocks
・Dachambo
・oki dub ainu band feat.Marcos Suzano
・Marcos Suzano+沼澤尚DUO Dub Mix By 内田直之
・Marcos Suzano+沼澤尚+EXPE+西滝太 Dub Mix By 内田直之

【DJ】
・HATA (Dachambo)
・KUNUHARU (ex:ヌンチャク)
and more・・・・?

【LIVE PAINT】
・GRAVITY FREE

【VJ】
・OVERHEADS

【Food】
・THE FOOL CAFE

【SHOP】
・poka poka

-special supported by-
・濱JAM祭
・THE FOOL CAFE
・MERRELL


OPEN/START 21:30
ADV \3,500/DOOR \4,000

「深夜特急」

2008.12.23 00:44|
今日、大沢たかおと蒼井優の旅番組
「天空のロストワールド」を見た。
もうびっくりするような世界があって、
人間の創造してきたものよりも、自然が創造してきたものの雄大さと、
それを創り出す長い長い時間を感じた。
人間って大自然の前ではちっぽけだ。

この旅人2人が好きだっていうのもあるけど、
大沢たかおは、私が旅をするキッカケになった一人でもある。

「深夜特急」

このタイトルを見て、すぐにピンときた人はきっと旅人だろうね。
私は、この深夜特急を見たのがキッカケで旅をするようになった一人。
もともとは「沢木耕太郎」さんが旅をした時の話なんだけど、
実写版で大沢たかおが沢木さんを演じている。

初めて見たのは1996年。



偶然TVを見たらこれがやっていたのだ。
当時の私はまだ旅なんてものをしたことがなかったから
見ていてものすごくドキドキした記憶がある。

そして、1997年。
忘れた頃に続編が放送。
これを見て、旅をしたいと思った。
というか、これが旅に出るキッカケになったことに間違いない。
原作も読んだり、録画したTVを何度も何度も見たり、
「旅」に憧れを抱いていた。

1997年
私はバイトで貯めた微々たるお金で初めて海外に行こうと決意。
初海外で、何も分かってないのに選んだ先は、

「インド」

初海外でインドを選ぶ私、ハードだなあ(笑)
何ゆえインドを選んだのか?
それは、いくつか理由があったんだけど、まあその話はまた今度(笑)

2人でインドへ向かう。
結局、知り合った男の子も一緒に旅して最終的には3人旅に。

初海外は色々ありすぎました。
2週間くらいの旅だったけど、本当に濃すぎた。
そしてガンジス河があるベナレスでは、
「深夜特急」で大沢たかおと共演してるモケ少年にも会った。
旅をして、旅というものに魅了されていた。
そして第三弾が放送され、完結。
深夜特急を見る度に、旅心がウズウズする。

ちなみに私が一番好きな第二段の1997年の始まりはネパール



この映像を見てたときからネパールは大好きだった。
実際行ってみて、やっぱり大好きだと感じた。


そして、今はすっかり旅が私の一部になっている。
あの日、深夜特急を見て旅に出ようと思った私。
この作品にもし出逢ってなかったら、
今の私はないかもしれない。
そう思えるくらい、この作品の存在は私にとっては大きな存在。
大沢たかおもかっこよすぎです。
旅をしていくうちに、段々と顔が変わって行く。
演技とは思えないくらい。
色んなものを感じたりするから、きっといい顔になっていくのかな。

今日、これから久しぶりに深夜特急見ようかな(笑)

アンテナを伸ばして

2008.12.21 23:33|チベット
金曜からお江戸におりました。

今回も沢山の人に会えた。
先日の日記でも書いた旅人新婚カップル。
旦那様はお仕事だったので、奥様と約1年ぶりくらいに再会。
旅先で知り合った人と日本で会うのって不思議な気もするけど、 でも何だか嬉しい

ふと、中国に降り立った日のことを思い出した。
この2人に「ご飯よかったらいかない?」って誘われたんだった。
慣れない異国の地で、その一言がどれだけ嬉しかったことか。
旅って、色んなつながりをもたらしてくれる。

そんなわけで新婚新妻な奥様と2人で、大都会に沈んでいく夕日を見たり
恒例の旅話ばっかりしてたから、
すっかり旅モードになりつつあります(笑)
南米の話を沢山聞けたし、今度ボリビアの例の場所、行ってみようと思います
(例の場所がどんな場所かって??ガールズ限定で教えます・笑)

その後は、これまた中国~ネパールで会った旅仲間と恒例になりつつある飲み会。
先月もこの仲間で飲んだばっかりだけど、今回は忘年会。
このメンバー、それぞれジャンルが違って、
多分日本にいたら絶対に出逢うことなかっただろうな~って思う人たち。
だけど、旅とは不思議なもので、そういう人たちと巡りあわせてくれる。

みんなそれぞれの道のスペシャリストな素敵メンズばっかりで、
紅一点の私の役割といったら残念ながら特にない
だけど前に「私は何もスペシャリスト的な役割がない~」
って嘆いたら修ちゃんが、
「アッキーがいるからみんな集まれるんだよ。それがアッキーの役割やで」
って言ってくれた。
どうやら私がみんなを集める係りみたいです
係りを任命されたからには、素直にそれをがんばろうと思います(笑
単純だな、私(笑


そんなわけで、かなり飲みまくり泥酔しました。
こんなに泥酔したのは久々です。
その後も中央線沿いに行き、まる鼓とまた飲む
結局、朝4時くらいまで色々話してました。
シャックリは止まらないし、早口になるし、何だか自分でもびっくり。
でも、楽しいお酒だったんだ

そして気づいたら午後。
支度をしてチベットのイベントをやっている護国寺へ。
pちゃんは、相変わらずニッコニッコ笑顔で出迎えてくれる。
癒されるわ~。
そしてガールズはみんなお団子頭になる(笑)
フミネムねえさまのお団子もキュート
団子3兄弟・・・というか、団子5姉妹くらいになる。
団子たちが、受付近辺をウロウロしていたので、
普通に来た人たちは「何ゆえお団子?」と思っただろうな・・・


チベットのイベントでは、タンカを描く様子も見れた。
数年前にも護国寺で砂曼荼羅を見せてもらったのですが、
やっぱりあれはすごいです。
今回のタンカもスラスラ描いていくチベット僧。

tanka


「何であんなにスラスラと。描けるんだろう?」

「頭の中に色んなイメージが出来上がってるのだろうか?」

とか、そんなことで頭がいっぱいになる。
私には実はいっぱい夢や目標があって(小さなことだけど!)
そのうちの一つの夢として、タンカ・曼荼羅を描きたいっていうのがある。
これはすっごく昔から思っていた夢。
この夢に一歩づつ近づいていこう。
そして、チベットの人々が笑顔になれるように!っていう夢も
絶対に捨てないで進んでいきたい。

たくさんの人と会って、再会して、いっぱいいい刺激を受けた。
少しづつ、もっともっとアンテナ伸ばしていかなくっちゃ。

スペインからの贈り物

2008.12.17 21:28|友達
今日、スペインから荷物が届いた。
7月、8月に実家に滞在していたスペイン人。

今年初めてのクリスマスプレゼントでした。

「Aki Hermanita」

と書かれた包み紙。
Hermanita(エルマニータ)はスペイン語で「おねえちゃん」の意味。
紙包みを開けてみると・・・

xmas


カラフルなポンチョと、
部屋履きのあったかスリッパ。(滑り止め付き)
(写真の上の方に写ってるのがカラフルポンチョ)

カラフルなポンチョを見た瞬間、

「これ、私の為に選んだのかしら・・・?」

と思った。

というのも、私以外の家族へのプレゼントは
マフラーとあったかスリッパ、イベリコ豚の肉、チョコ、その他モロモロ。
それなのに私だけ、

ポンチョ。

しかもメキシコ人が着てそうな、
メキシコ人とかが大きな帽子とセットで着てそうなポンチョ。

ま、あったかいし、いいか(笑)

そしてあったかスリッパ(滑り止め付き)、
先日、階段から落ちて捻挫した私にはもってこいの代物です(笑)

何か、嬉しいわ。
クリスマスって、クリスチャンじゃない日本人が
祝うのってどうなんだろ?って思うことも多いけど、
でもやっぱり、素直に嬉しいです。
クリスマスのプレゼントって開けるのもワクワクする。

そしてポルトガルの友人からも今日、クリスマスカードが届いていた。
もうそんな時期なんだわね。
クリスチャンじゃないけど、クリスマスカードは大好き。
まだ、書いてないからこれから書いて早速送らなきゃっ。

そーいえば昨日、夕暮れ時の富士山を撮ったんだった。
mtfujii

やっぱ、富士山は雪がある冬がキレイかな~って思う。

流れ星と月夜

2008.12.14 21:43|
ふたご座流星群が見ごろとのことだったので、
今朝方は気合を入れて起きようと思ってたのに
(見ごろは早朝4時だと言う話)
生憎の雨・・・

流れ星、見たかったな・・・

どれがどの星とか正直詳しいことは今も分からないけど、
でも、昔から昔から夜空を見るのは好きだった。
子供の頃、従兄弟の家に遊びに行った帰り道、
車の後部座席でいつも月と星を見ていた。
「まるで、月が私が乗ってる車の後ろをついてくるみたい。」
そんな風に思っていた。

今年初めのネパールで、流れ星をいくつか見た。
あの時には天の川も、冬の大三角形も見えた。
屋上で寝転がって見ていた夜空。
星も月も、手を伸ばせば届きそうな、そんな気さえしていた。
流れ星を見ると、何だかとってもしあわせな気持ちになれる。

ふたご座流星群はまだもしかしたら見れるかもしれないけど、
次はこぐま座流星群が見れるとのことなので、
リベンジしてみます


話は変わるけど、ジュビロがJ1残留決定しました。
ホントにホッとしたわ~。
別にジュビロ大好きっていうんじゃないけど、
静岡県民としてはジュビロがJ2っていうのが想像できなかった。
「チケットあるよ。行く?」と知り合いに言われたものの、
忘年会があり、ドタキャンできない状況(罰金的な!)だったのでTV観戦。
ジュビロも、ベガルタも本当にがんばってた。
試合後、ジュビロサポーターが「ベガルタ仙台!」と、
ベガルタサポーターが「ジュビロ磐田!」と
お互いをコールしあったそうで、
それを聞いて何だか胸が熱くなりました。
ベガルタ、応援したくなりました。

今年を少し振り返ってみる

2008.12.07 22:28|チベット
【ベルリン6日時事】
欧州連合(EU)議長国フランスのサルコジ大統領は6日、
ポーランド北部グダニスクで行われたチベット仏教最高指導者
ダライ・ラマ14世との会談について、
「仏大統領として、EU議長国として、わたしには誰と会うかを決める自由がある」
と述べ、会談に対する中国政府の批判を一蹴(いっしゅう)した。

報道によると、サルコジ大統領は
「ダライ・ラマはチベットの状況に懸念を示す一方、
チベット独立を要求していないことを確認した」と指摘。
同大統領はチベットが中国の一部であるとの立場を堅持し、
ダライ・ラマに対し、中国当局との対話の重要性を強調したことを明らかにした。 

ニュースソースはコチラ

だって。

私はサルコジがあまり好きじゃないし、
前回のカルフールとかのこととかもあったけど、
今回のサルコジの言論は正論だなと思う。
日本だったら、間違いなく中国の言いなりだし。
ダライ・ラマ法王のことになると、めちゃめちゃ過敏な中国。
きっと、ダライ・ラマ法王が言ってることだとか、
法王の魅力に気づいた人たちが行動を起こしたりするのが
怖いのかな~って思ったりもする。
まあ、そんな単純なことじゃないとは思うけど、
でも法王に会った人はきっとみんな法王のあったかさとか
あの屈託ない笑顔の魅力を感じると思う私であります。

昨日は東京でチベットのデモがありました。
私は参加できなかったけど、ロッパガールズのフミネムねえさん、
pちゃん、そして他の友人たちも参加した模様。
とてもいいデモだったよと。

正直、「デモ」なんて聞くと、「えー」とか「怖いな」って思う人も多いかと思う。
私も、以前はそう思ううちの一人でした。
でも3月に六本木で行われたデモに初参加。
変な威圧的な団体も便乗したりしてて、
「あんなデモはちょっと・・・」と思った。
でも私が参加したデモはその人たちとは違って、もっともっと心からの叫びだった。
チベット人達もいた。
顔を隠している人もいた。
顔が割れてしまうと、中国本土にいる身内にも危険が及ぶ可能性もあるから。
彼らはデモをするのも命がけなんだ。
それを知ったとき、「ハッ」とした。
私達がデモを起こしたってきっと命が狙われるようなことって
よっぽどのことがない限り、ないと思う。
でも、彼らにとっては「FREE TIBET!」と叫ぶことだって命がけなんだ。

それから私は、デモにもなるべく行くようにした。
色んなイベントも、出来る限り行くようにした。

彼らが叫べない分、叫んでこようって。

今年のことを振り返ると色んなことがあったけど、
1月にチベットのラサの空港で
「次は絶対チベットを旅しよう」って決意したことも、
ネパールで少しの間だけどチベタンと生活したことも、


チベットエリアで色んな思いを感じてきたことも、

すわやん


チベット料理ばっかり食べてたことも、
momo

to




全てはここから始まってた。
そして、3月のデモが私にとっての変わり目だったことに間違いなくて。

あ~、振り返り出したら止まらない(笑)
でも、今年を締める日記としてはまだ早いから、
もうちょっと先まで今年の締めの日記は
もったいぶって、とっておくことにします(笑)

motaと、ひだまりと、音楽な一日

2008.12.01 23:07|音楽
まず始めに、捻挫の件で心配おかけしちゃったみたいで、どうもすんません。。。
本当に、大丈夫です(笑)
やさしい言葉をみんな、ありがとでした☆

昨日はライブでした~☆
まずライブ前に、motaへ向かう。

mota

お気に入りmota、ゆる~く過ごす。
新しい「Spectator」が出てて、まだ買ってなかったから購入。
しかも最後の一冊。
特集はカナダのブリティッシュ・コロンビア。
ネルソンやソルトスプリング島の素敵ライフ満載。

更に13ページにも渡ってチベットの写真が掲載!!
これは、もう私に「買え」と言わんばかりの本です。ハイ(笑)
次号がいつ出るのか分からないこの雑誌のそんなゆるさも私にぴったり(笑)

そしてmotaで待ち合わせしてたさえちゃんと、りゅーちゃんと合流。
この2人の作るガラスアートは本当に見とれてしまうものばかり。
ガラスの中の世界に吸い込まれそうになる(笑)

そしてmotaでコーヒータイムしながら、
チベットのことや原発のことなんかの話になる。
2人も興味を持ってくれてて、とっても真剣に聞いてくれた。
こうやって、色んなとこで繋がっていくんだな~と思ったし、
「どうしたらいいのかな?何が出来るかな?」って
何かできることをしようとしてくれてる2人のことが
涙が出そうなくらい、嬉しかった。

しかも、新作の試作第一号をプレゼントしてもらっちゃった☆
(一番手前をもらいました~。写真ぶれててごめんっ)

hidamari

感激~☆☆☆
前に買った作品も大好きだけど、今日もずっと触ってました(笑)
本当にありがとです☆

そんな2人のガラスアートの「ひだまり」HPも、かなりいい感じに出来てるので覗いてみてちょ

りゅーちゃん、さえちゃん、ありがとう☆

おまけにmotaに護国寺でやるbTibetのチラシまでがっさり置いてくれました。
もう、なんて素敵なこと三昧!!
オーナーさん、ありがとです。
素敵ングな人々勢ぞろいです。


そして、あらあら遅刻しちゃうわ~。と焦りながらライブへ。
昨夜はジャンルとか色々ごっちゃまぜ。
でも、そういうの関係なしに楽しめて、こういうの、やっぱいいなあと思った。
今回はサトシ企画で、Indus&Rocks、mother以外にもいくつか出てたけど楽しめました。
そして前日に京都でライブがあったIndus&Rocksから
お土産にもらった八ツ橋を食す。

motherを見るのは2度目。
タイにいる弟分の友達のバンドで、浜松から参上。
ここのドラムは威勢がよくて楽しくて笑える(笑)
2度目ということもあって知ってる曲もあったしよかった。

Indus&Rocksは相変わらず心地よくって、踊れて、
いい感じにChill outな感じで最高です。
26日にDachamboとやるって聞いてたけどフライヤーみたらやっぱ行きたくなってきた。
どうにかして行きたいわ(笑)
というか行くわ(笑)

そしてサトシは、ベレー帽を卒業して、服装も変わって
新生ノグチサトシになってました。
雰囲気がなんというかアダルトな感じのライブだった。
何か、以前よりも男っぽいライブになった気がした。

写真はサトシとIndus&Rocks のジローちゃん、マオくん、オオチャン。
satoshirocksss


その後はIndus&Rocks, mother, サトシと私で飲みと食事へ。
「エスキモー」を「エキスモー」って間違う人もいるし、
スペイン男子風に女性への口説き挨拶を練習(?)する人もいるし、
ご飯が出てくるのが遅くて腹ペコな人もいるし、
顔色が段々とオリーブ色に変わりつつある人もいるし、
半分寝そうになってる人もいたりで、
あっと言う間に過ぎていった。
飲みたかったけど、なんせドライバーな私はお酒を我慢。
ま、またゆっくり飲みましょ。
みんなお疲れ様☆
楽しかったわ~♪


帰って来たのは深夜未明。
そして、仕事は朝から。
がんばったわ、私ー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。