08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ考えること

2008.09.27 22:02|世界のニュース
だんだんと秋らしくちょっとだけ肌寒くなってきた今日この頃。
私、寒いほうがどちらかと言えば好きなので、
ずーっと半袖、ノースリーブな日々だったのですが、
やっと今日、ちょっと長袖というやつを着てみました。
こんな私ですが、昔は冷え性だったの。
足のつま先とかも冷たくて眠れないほどだったし、寒がりだったし。
何がキッカケで変わったかと言うと、カナダで生活をしてからだと思う。
寒さになれたというか、気づいたら冷え性も治ってて、
暑いよりも寒いほうが得意になっていた。
体質変わったのかなー?

寒い方が好き。
だけど、旅行するのは暑い国も好き。
荷物が少なくて済むから(笑)
あとは暑い国の方が陽気な人が多い気がするから。


話は変わって先日の「ゆらりとどらむかうで」原発の怖さを知って、
色々と考えることが多くなった。
私の住んでる静岡にも原発があるのだ。
ちょっと検索してみると記事はいくらでも出てくる。
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000140803130001

http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000160809220001

しかも下の記事はまさに20日の記事。
私が原発の怖さを知ったのが20、21日なのでまさにすごいタイミング。

そしてボボさんから聞いてすごく興味を持った祝島

「祝島」ってすごく素敵なネーミング。
「神舞」という4年に一度の素敵なお祭りがあるということも聞いていて
「行きたい!」と言ったら「今年はもう終わっちゃった」って言われたお祭り。
この祭り、4年後行ってみたいなあと思っている。


まあ、話は戻るけど放射能だとか、そんなんを浴びて生活したくない。
自分はよくても、例えば自分の子供や、その孫に影響が出たりする可能性もある。


こんなに怖いことなのに、今まで意識したことがなかった。
まだまだほんの入り口を知っただけの私。
でも、知るキッカケが出来たから少しづつだけど
もっと「知ること」をしていこうと思う。


そしてチベットのこと。
11月にダライ・ラマ法王が来日する。
両国国技館での講演のチケット確保。
前回から2年経つのね~。

あの「ワッハハー」って屈託なく笑うダライラマに会えると思うと
ワクワク・ドキドキ。


そして今日の写真は雑誌TRANSIT
transit

この雑誌、今回で2号で1号は中国だったけどなかなかこれが面白い。
で、2号を買ったのは大阪で自転車でプラプラしてたときで、
家に戻ってきてから近所の本屋で買えばいいのに、
わざわざ大阪で買った(笑)
だってね、レジの前にはこの雑誌のポストカードが置いてあったのー。
4種類のうちの3種類が欲しかったから即買いでした(笑)

あー、またペルー行きたいなー。
この表紙のアルパカ、これはナシでしょ~。
私、アルパカとかリャマとか大好きなの。
ラクダみたいな生き物大好きなの。まつげがかわいい。
のほほ~んとした顔にやられます。
そしてマチュピチュ。
夜中から懐中電灯持って山登って、そして係員に頼んで、
誰もいないマチュピチュに入れてもらえたこと。
マチュピチュを独り占めしちゃった。
(というか友人もいましたが・笑)
朝もやがサーっとなくなってマチュピチュが見えたときのこと、
あの時間、あの時の空気は、絶対に忘れることがない。
あの時感じたあの気持ちは今でもハッキリと覚えている。

そしてセスナに乗って見たナスカの地上絵だったり、
首絞め強盗にあった日本人と出会ったり、
インターネットのコネクションが悪くて
何度も何度もトライしたこととか、
泊まった宿のオーナーに朝からテキーラか何かを
ショットでガッツリ呑まされたり、
自分が乗ってた電車の前の車両と自分の車両が気づいたら離れてて
前の車両が数十メートル先で横転してたり、
ワカチーナっていう砂漠の中のオアシスでは
「日本人が来るのは初めてだ」って言われたり、
パクチー(香草)に悩まされ、「パクチー入れないで」のスペイン語を覚えたり、
「チーノ・チーノ」(中国人)って言われて追いかけられたり、
水道や電気がない島に泊まったり、
ちょっと高山病になりかけて、頭痛かったり。

今は当時(8年前)よりもだいぶ旅がしやすくなったようです。
その分、色々と物価の上昇はあるんだろうけど。
とにかく、ペルーは私にとって記憶にいっぱい残ってる場所。
この本見てたら、また行きたくなった。
南米、いきたいなー。

あー、ホントに南米行きたくなってきた。
スペイン語、ちょっと勉強しよう。
今年は何かとスペイン語に縁があったのもきっと何かの導きだ。
スポンサーサイト

ゆらりとどらむかう

2008.09.24 22:29|チベット
本日2つめの日記。

「ゆらりとどらむかう」
参加してきました。

めっちゃいいイベントだったなあと思う。
ちょっと日記が長くなりそうな気配がすでにしております。
覚悟のほどを(笑)

20日(土曜)
いよいよ、「ゆらりとどらむかう」の日です。
muffのまぁさんに誘われて、ブースを出すことに決めたこの野外音楽キャンプイベント。
タイフーンを心配してたけど、あれれれれ?
青空が見えますよー
みんなの想いが通じたとしかいいようがない素敵な一日の始まり。
まる鼓と一緒にわたくしの運転でフミネムとかば姫を拾い、秩父へ向かう。

野外イベントで、屋根はあるけど壁がない場所にチベットブース設置。
そんなスペースで、ゆる~く準備するロッパ@フリチベ一家。
チベットのブースに、写真や資料、DVD(販売用)、寄付箱、布バッチを置く。

いろんな屋台ブースが出ている。
中目黒でお店をやってる「なかめくん」が屋台として登場です。
そこのカレーを結局3回も食べたあたし(笑)
キャベツもムシャムシャ食べる。キャベツ、最高です。

そしてガラス細工屋さん。
これはびっくり。同じ地元出身の店。
吸い込まれそうなデザイン盛りだくさん。

そして、マッサージスペースだったり、ジャグリングだったり
楽器だったり、ホントに味のあるいい感じのブースがある。
楽しくていい空間を演出。
jag

我らがチベットブースの隣は、曹源一滴水にも出てくれていた
しゅうさんとボボさんのヨーグルトとか梅酒のお店。
(ボボさんはTVのお仕事なんかをしている有名なお方なので名前は伏せておきます)
ここの梅酒がおいしくて2杯もいただく(笑)
ボボさんが夜とかもティーを入れてくれた。
とにかく体に優しいドリンクや食べ物盛りだくさん。

広場の方ではかっこいい音聞かせてくれるDJさんいっぱいだし、
ディジュやジャンベの演奏だったり、とにかく気持ちいい音盛りだくさん。
もう、楽しすぎます。

チベットブース前でロッパガールズがジャンベ叩いていると、
色んな人たちがジャンベなんかの楽器を持ってきて、
知らず知らずのうちにセッションが始まる。
何て素敵なの!!
音楽って、やっぱすごいパワーを持ってるな~って思う。
知らない人も気づくと、もう知り合いになっている。

そしてチベットブースにも足を止めてくれる人たち。
写真見て「チベット、よさそうなとこですねー」って声かけてくれたり、
出発前夜に徹夜して作った布バッヂをよろこんでもらって
すぐに洋服につけてくれたり、
資料とか「これ、もらっていいですか?」って興味示してくれたり、
とにかく、あったかい雰囲気。
なんだかね、私がしたいのはコレなんだよね。
改めて感じる。

中国の悪い部分ばっかりをアピールするんじゃなくて、
(もちろん拷問とか虐殺とかそんな話を説明したりするけど)
チベットのよさをアピールしたい。
チベットってこんなに素敵なとこなんだよ~って。


昼から買い込んだお酒を飲む。
nicoがシャンパンやワイン、そしてキャビアまで持ってきてくれて大興奮なわたしたち
こんな野外イベント、最高すぎます

鼻息で音を出したりする面白楽器を演奏する倍音ケイイチ兄さんがフンドシ姿を披露してくれる。
いや~、フンドシは人気ですな。
フンドシ女子も増えそうです。

yurari


そして日も暮れてきたころ、まぁさんが会場に設置するキャンドルを用意していたので
私もちょこっとお手伝い。
会場はキャンドルの暖かい灯りに包まれる。

bridge

まぁさんと話をしていたら酔っ払いフミネム姉さんがからんできた。
うまいこといって逃げ出すまぁさん。
逃げるタイミングを失った私・・・(苦笑)
酔っ払フミネム姉さんをどうにか面倒見る私

色んな楽器の音が重なり合う。
session


そんなこんなで24時すぎになってもイベントは続く。
フミネムとまる鼓はバンガローで就寝。
かば姫と私はブース辺りでウロウロ。
寝ようと思うと誰かしらから声がかかる。
深夜に川に入る。
寝るはずなのに、目が覚める(笑)
そしてちょんまげ姿がキュートなむぅさんと話し込む。
何だか、寝るのが惜しいと感じるようなとにかく濃い~一日目。

結局バンガローに戻り寝たのは多分4時すぎで
朝、ラジオ体操の音楽が聞こえて目が覚める。
がんばって起きて一人ブースへ向かって、ブースの準備。

ロッパガールズが来る前に、一人キャベツをムシャムシャ食べ、豚汁を食す私。
飲んだ次の日の味噌汁は美味です

ロッパのメンバーたちが起きてくる。
フミネムは2日酔いなのか体調がすぐれない模様。
撃沈。(その後、フミネムは夜まで撃沈)

この日は午後から雨。
それでも屋根の下、みんなが音楽やったりとってもいい空間だった。

隣のブースのボボさんとは色んな話をさせてもらった。
チベットのことに関心を抱いてくれている彼女とはチベットのことだけでなく、
ついこの間私が行ったばかりの伊勢神宮の話しになったり、
六ヶ所村のこと、祝島のこと、原発のこと、地球規模のことなどなど。
聞いてて、知らなかったことがいっぱいありすぎて、
無知って怖いなと思った。
聞いてて怖くて、切なくて、悲しくて涙が流れた。

チベットの問題を扱っていて感じていることがある。
それは他のことに対しても、少しづつ敏感になっているということ。
扱っている内容は違ったとしても、同じ地球に生きている私達。
地球規模で考えると、知るべきことが沢山ある。
自分が存在している「地球」という星がどういう状況なのか、
自分がいる「日本」という国の環境がどういう状況なのか、
私はまだまだ無知だけど、こうやって知るきっかけが増えていることに気づく。
そして、知ったことを一人でも多くの人に伝えたい。
ここにいる人たちはみんな自然が大好きで、人が大好きな人ばっかりだった気がする。
だから、こんなに温かい空間で、居心地がよくて、
人に優しくなれるような、そんな場所が存在していた。

ボボさんやしゅうさんが2日目のライブの時にも原発のことなんかを
分かりやすく説明してくれた。
すごく、心にズッシリきた。
マスコミなんかが本当のことを報道しないことなんかも話していた。
そして「チベットも」と付け加えてくれた。
このライブの前に「チベットのことをマスコミがちゃんと報道してくれないんだ~。」
って愚痴ってしまっていた私。
そのもどかしさを知っている彼女だから、きっとチベットのことも
チラっと言ってくれたんだと思う。
とても嬉しかった。

彼女と話して、彼女を見ていて、何だかとてもいいパワーをもらえた。
とてもキュートでキレイで、外見だけじゃなくて内面もとてもキレイであったかい人。
こんな素敵な人、初めて出会ったかもしれない。
そんな風に感じてしまうくらい、すっかり彼女の魅力に惚れ惚れな私(笑)

私は日記に書いてたけど、チベットのことで自分のやり方とか
いろんなことで迷ったり悩んだりして、全てを投げ出したくなっていた。
でもそんな悩んでたのが嘘みたいに思うくらい、
このイベントが終わるときには心は晴れ晴れしていた。

やっぱり私は私なりのペースでしか出来ない。
だけど、そんなペースでもいいから進んでいけたらなって思う。
幸いにも私には音楽やってる友達がいて、
こうやって声かけてくれて、チャンスを作って協力してくれる人がいる。
すごくありがたいことだ。
仲間のロッパをはじめとして、こうやって誘ってくれたまぁさん。
まぁさんだって、「友達=助ける人」の『ロッパ』であることに違いない。

チベットをガッツリとサポートしてる人たちからしたら、
もしかしたら「生ぬるい」とか、「甘い」とかって言われるやり方かもしれない。
だけど、これが私に出来る形であると思うし、これが私のやり方。
こういう形だけど、チベットのことをたくさんの人に知ってもらって、
自分ももっともっと地球のこととか環境のこととか知ったりしていって、
お互いで手を取り合っていけたらいいなって思った。

そんな風に思えるくらいの空気が「ゆらりとどらむかう」にはあったし、
参加している自分もすごく楽しい~って思った。

今回は、大自然の中、川の水の音や、ジャンベや色んな楽器の音を聞きながら、
あったかい人たちに囲まれて、楽しい時間だった。
テイピー(テント)も素敵にペイントされていたし。
tipi

本当に心から楽しいって思えたし、自分がこの場所、この空間に
いることができてよかった。

また開催するときには、是非参加させていただきたいです

その後、雨の中帰ってくる。
でも、心は晴れていた。

その日の夜は爆睡したというのは言うまでもない。



★今回集まった寄付金「5785円」は22日の月曜に
 ダライラマ法王事務所に寄付してきました。
 ご協力ありがとうございました!!

ライブ!ライブ!ライブ!

2008.09.24 22:21|音楽
ライブ三昧な4日間でした。
そのお話をちょっと。

まず19日、金曜に前日からお江戸に乗り込む。
先日の関西で知り合いになった韓国人のkeiちゃん(東京在住)
に連絡したら、ヒマだというのでご飯でも行こうかと。
私は彼女の「オンニ」だ。(韓国語でお姉さん)
日本で彼女のお姉さんになってあげる。
と鳥羽で約束していたのだ。
そしてライブに行ったことないというので
Indus&Rocksのライブに連れていこうかと。
ご飯を食べた後に、原宿のその場所に行く。
ライブハウスというよりもカフェみたいなバーみたいな感じで
ガラス張りで、音が外まで聞こえる(笑)
いつもながら、ゲストで入れてもらう。
ジローちゃん、ありがと☆
そして旅行で来ていたスペイン人カップルと知り合って意気投合。
今年は何かとスペイン人に縁があるような気がする。
先日も家にスペイン人が泊まりにきてたし。。。

そんなこんなで結局同じテーブルでお酒を飲む(笑)
一緒にライブを見て、飲んで、話して、飲んで・・・
ライブもめちゃめちゃよかったし、楽しかった~。
やっぱ、心地よい音を聞かせてくれます。
スペインカップルもすっかりIndus&Rocksが気に入ったようで、
サラ(女の子)にライブ中 「I like it!!!」 と何度も言われた私。
楽しめてよかったわん♪
その後もkeiちゃんは帰ってしまったものの、私達は盛り上がる。

気づいたら終電間近。
慌てて電車に乗り込む Indus&Rocks の3人と私。
それにしても たのしかったわー。
でも、その後の満員電車にかなりぐったり。
スカーフなんかを首に巻いてたら、満員っぷりにスカーフが
遠くにもっていかれ、首絞め状態に。。。(苦笑)
満員電車でのスカーフは危険ですのでみなさん気をつけましょう。



そして20日、21日。
いよいよ、「ゆらりとどらむかう」の日です。
詳細は、次の日記に書きます。
長すぎるので(笑)


そして22日。
グデグデしていたけど、がんばって起きる。
もうじき遠くへ行ってしまうしんちゃんと会う。
しんちゃん、遠くに行っても元気でね。
みんなで一緒に会って飲みたかったけどさすがに平日。
みんなお仕事です(笑)
だからみんな集まったとき、また飲もうぜい!!
しんちゃん、忙しいのにありがとう。
そして、応援してます。

その後は、サンと合流して、ENDYのGOOFY`S HOLIDAYのライブへ。
今回は高円寺です。
今日ででライブ4連チャンです。
ENDYのライブはたまに見に行ったりするけど、東京でライブみたのは初めてだったから
何だかちょっと新鮮(笑)
サンと会うのも久しぶりだったし、嬉しかったわ。

結構忙しかったけど充実したライブ4連チャンでした。

台風よ、どうか来ないでおくれ。

2008.09.18 22:21|音楽
えっと、今日は気晴らしに午前中に
「デトロイト・メタル・シティ」を見てきた。
何気に松ケンファンですから(笑)
思ってたより楽しかったし、笑えた。
松ケン、キモかった・・・(笑)

で、明日からは東京です。
土日は「ゆらりとどらむかう」でチベットブースを出してきます。
このイベントは埼玉秩父のキャンプ場を貸しきっちゃったりして、
ジャンベなんかを叩きまくり、DJなんかもいて、
キャンプファイヤーを囲んで大セッション。
地球のこととか、エコにも気を使うから来た時よりも美しく!ってな感じだし、
とってもPEACEなイベントなんです。

7月の曹源一滴水のイベントで色々とお世話になった
muffのマアさんから「アッキー、こんなのあるけど出ない?」
と声がかかって、今回も「ロッパ@フリチベ一家」の仲間と一緒に
チベットブースを出してきます。
今回はトークなしね(笑)
チベット写真展や、DVD販売、資料なんかを用意しています。
イベント自体もと~っても魅力的。
ジャンベや、色んな音楽。

ここ1ヶ月ちょっとくらい、心の中で色んな葛藤があったけど、
この数日改めて感じたことがある。
私は、こういう形でチベットをサポートすることが
自分にできる方法の一つだと思う。
それが私のやり方かもしれない。
音楽を通して、こういう形で人に伝えていく、知ってもらうことが
自分の出来ることの一つだと思えるし、だから、それをしていこう。
それが今の私の出来ること。

そんな風に今、また思えてきてる。
そして、昨日偶然mixiで発見したトピがあった。
それは曹源一滴水のことで新たに今月立ったトピだった。

それ見て、何だかとても背中を押されました。
私が一番みんなに感じて欲しかったこと、
それが書いてありました。
そして周りを見渡してみたら、助けてくれる人がいっぱいいたことに
改めて気づかされた。
みんな、本当にありがとうです。

チベットが中国に侵略されて約50年近く経つ。
たった50年前のことなのに、
これから先もまだまだ長くこの問題は続くんだろう。
(早く何とかなってほしいけど!)
長い道のり、私は自分に出来ることを自分なりに少しづつやっていこうと思う。

もうちょっとがんばってみます

これから土日のイベントに向けて布バッヂ、また作ります。
いっぱい作るのは無理だろうけど・・・


そして、同じ日に、大阪でもイベントがあります。
「チベットを知る秋」

tibetaki

私たちが関東(東海)ロッパなら、このイベントの主催の
ゆうきは関西ロッパです。
関西エリアの方、是非行ってください。
ゆうきのチベットの写真、是非見てください。
チベット人のあったかさとかが、すんご~っくよく分かる写真です。
そして映画上映もあるし、500円という格安な値段だし、
行く価値アリアリです!!

明日はIndus&Rocksのライブにも行って参ります。
Indus&Rocksのライブは一ヶ月ちょいぶりなので楽しみでございます。

台風よ~、どうか遠ざかっておくれ~。

旅写真

2008.09.15 22:42|写真
関西エリアでの旅の写真をUPしました。
今回からfotologueをつかってみようかと。
どうでしょう??

西遊記その6 大阪→姫路→大阪→家

2008.09.15 22:39|
H&Mがかなり話題ですね。
実は私、H&Mの洋服やら小物をいくつか持ってます。
というのも、別に流行がどうこうじゃなくて、
4年前と5年前くらいにヨーロッパに行ってたときに、
私がヨーロッパに行くのは冬ばかりなのですが、
ヨーロッパというのはやっぱりオシャレな人も多く、
それなのにあまり洋服を持たずに旅してた私は
ベルギーやらドイツやらでバーゲンをやってる店を探す。
そしてめちゃ安い店発見。何着か購入。
それがH&Mだった。
400円くらいで長袖のシャツが買えたりしたからものすごく記憶にある。
色違いで2着同じものを購入したりしてたし(笑)
だから、私にとってのH&Mは無印とかユニクロみたいなノリなので、
正直あんなに騒がれていることがものすごく不思議である(笑)

旅のつづき
*********************************************

奈良へ行こうと思っていたけど、結局姫路に向かう。
姫路城は見たことなかったし、一度くらい行ってみたかった。
そんなわけで、Kちゃんの故郷の姫路へ。
姫路に到着後、まず明石焼きを食べる。
これがやわらかくて、ダシ汁みたいなのにつけて食べるのだけど
なかなか美味でございます。

そして商店街を抜けて姫路城へ。
名古屋城だとかは内部がエレベーターで幻滅の嵐だったけど、
姫路城はちゃんと階段で、とにかく広くてびっくり。
そしてとても美しい城だ。
別に城マニアってわけじゃないけど(大阪城行ってないし)
城にはロマンを感じるから興味はあるけど、
エレベーターは御免です。
そんなわけで姫路城は期待を裏切らないいいお城だった。
himeji1

himeji2


その後姫路の本屋さんみたいなカフェみたいなバーみたいなとこで
軽く一杯やって大阪へ戻る。
フランス人の男の子も一緒に話をしながら大阪へ。
どう見ても、ハリーポッターのダニエル君なフランス人の彼。
それにしても日本にいるフランス人の割合が高い気がする。
フランス人は日本に惹かれるのだろうか?
そして比較的、男性が多い気がするのは気のせいだろうか?

そんなこんなで大阪へ。
ワインバーでノブを待っていて、ノブ登場。
ノブとKちゃんと3人で夕食へ。
かなりおなかがすいていたので何でも食べれます。
でも行った店が閉まってて、結局沖縄レストランへ。
そこのおやっさんのテンションの高さにはびっくりした(笑)
太鼓やらもってくるし、私がおにぎりを注文したら
山下清のモノマネをし始めました。
軽く、突っ込んであげました。

その後もノブのドライブでどこ行く?という話になって
夜の「太陽の塔」を見に行く。
太陽の塔を遠目に見る(公園には夜は入れない)
見れてよかった。今度は昼間、間近で見たいです。
ノブ、いつもいつもありがとね。
次回は昼間、お願いします。

そんなわけで大阪最後の夜はこんな感じに幕を閉じるのでありました。
旅の本屋さんに結局会えず残念。
今度また!!

そして、私は関西を離れる日がやってきました。
帰り間際、Kちゃんがおにぎりを作ってくれました。
「電車で食べな」と。
まるで、山下清になった気分でした。
Kちゃん、色々ホントにありがとう。
めっちゃ楽しかったです。


おわり。

西遊記その5 伊勢→大阪

2008.09.13 22:35|
今朝、東海地方で地震が起こるという噂があったため、
昨夜はバックパックに色々詰め込んでいた私。
東海地方の人は、他の地域の人よりも地震に敏感だということを以前聞いたことがある。
幼稚園時代、ヘルメットをかぶって登園していた。
これ、本当の話です。
そんなわけで今日は地震は来なかったけど油断は出来ないなあと思う。
正直、ドッカーンと来るんじゃないかとちょっとドキドキ。
5月に四川省で起きた地震。
私の知り合いが救援活動に行ってることは何度も書いたけど、
彼は2度ほど帰国して、帰国中もハードに動き回って、
今また四川に戻って復旧活動しています。
そんなこともあって、地震にはちょっと敏感なわたしです。

********************************************************
旅のつづき

再び大阪に戻る。
途中、お腹が減ってラーメンを堪能し、
大阪の家に着いた時には結構グッタリだった。
日焼けしたのもあるし。
おかげで今は美白なはずの(?)私が結構黒いです(笑)
で、駅前のジャスコに虫さされを買いに行ったり。
早く寝ようと言ってたのに、結局遅くまで話に夢中になる。

その翌日は、お好み焼き屋へ。
そこのお好み焼き屋さんとKちゃんが知り合いなので滞在中に
行きたかったってのもあって、行けてよかった。
それにしても大阪のランチ事情。
最高に素敵です。

okonimiyaki

680円あれば、定食とか食べれちゃう。
1000円を越すランチは、ワンランク上なんだそうで。
そして、よく喋るナイスな関西人なおばちゃま。
さすが大阪、素敵です。
そこの商店街エリアは何ていうか、いい感じ。
花火屋さんがあって、伊勢に行く前にも寄って写真撮らせてもらって
花火買って伊勢にも持っていったんだけど、昭和な雰囲気が
ぷんぷんしてました。

ツタヤに行く。
「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」は私にとっては
かなりの名作なので、それを見ようと言うことで。
結局グダグダしててナウシカ1本しか見れなかったけど、
Kちゃん、どうだった??ナウシカ、最高でしょ?
わたしは、ナウシカみたいな人に憧れてますの。
かっこよすぎです。

そして夜からは、8年ぶりの友人に会いに難波へ向かう。
カナダ時代の友人、サリーだ。
当時、彼女とはパンクのライブに行ったりしていた。
当時の私の誕生日に友達みんなが大きなバースデイカードに
それぞれコメントを書いてくれたのがあって、サリーのコメントは、

「あなたとライブ☆OCEAN3 また見に行こう
 あきちゃんの好きな食べ物はなあに? カレー?
 あきちゃんの好きな音楽はなあに? やっぱパンク?
 私はサリー、あなたはあきちゃん、私はサリー ラララー♪」

などと書かれている(笑)
OCEAN3とはバンクーバーで活動していたバンドで、
めっちゃかっこよかったんです。
そしてカレーとは、当時アレックスというオーストラリア人が
同じとこに住んでいて、彼が日本のカレーを気に入ってしまい、
いつも彼に「カレー作って」と言われ、カレーばかり作っていたのだ。
おかげで危うくインド人になるとこでした。

そんなサリーは誕生日にワインを持ってきてくれたのを覚えている。
おいしかったからすぐ飲み干した記憶がある。
あの誕生日は、20人以上の友達が祝ってくれた最高な日だったから
忘れることのない大切な一日だ。
そんなサリーと連絡を取れたのがつい最近で、実に8年ぶりの再会。

難波は正直、よく分からない。
駅を出てサリーに電話したら「動かないで待ってて」と言われ、
「黄色???」と言われる。
私のパンツは黄色だったので「うん」と返事。
前からやってくる人の中からサリーの姿を探す私。
すると後ろからサリーがやってきた(笑)

「後ろ姿でよく分かったね・・・(笑」

ホントによく後ろ姿で私のことが分かったなあ(笑)
「変わんないね!!」と言われる。
そういうサリーは昔もべっぴんさんだったけど、
今も変わらずべっぴんさんでそれでいて、サバサバしてるし
昔と変わってなくて嬉しかった。
お互い、歳は取ったけどね

飲み屋に行ったのですが、その飲み屋が安くてびっくり。
でもそれ以上に、店員にも圧倒される。
やっぱ関西。
トイレに行く時にも「ギャル、トイレ行ってらっしゃい!!」
とイチイチ声をかけられる。
トイレから戻ると「ギャル、お帰り!!」とイチイチ言われる(笑)
うざいと思うか、面白いと思うかで分かれるね、間違いなく(笑)
まあ、私は面白いと思う方なので、楽しかったわ。
サリー、また会おうね!!

・・・というか、私は「ギャル」でいいのでしょうか?


西遊記その4 鳥羽→伊勢

2008.09.11 21:51|
9月6日(土)

そんなわけで酔っ払っているせいかワインと梅酒を
ダラダラと洋服にこぼしながらもまったりいい時間。
キャンドル職人さんがいたので素敵な灯りと、満天の星空と波の音。

・・・眠い(笑)
というわけで私は部屋に戻る。
さっきまですごく眠かったのに、部屋で韓国人のケイちゃんと話す。
ケイちゃんは留学生。
半分寝ながら日本語レッスンしてたので気づいたら寝ていた模様。


9月7日(日)

真夜中。
私を起こす声が。
そうだった、サッカーの日本とバーレーン戦があるから
起こしてと頼んでいたのだった。
TVでサッカーを観戦してる部屋に行く。
俊輔がゴールした辺りまでは記憶がありますがその後の記憶がありません(笑

早朝目が覚める。
ちゃんと部屋の布団で寝ていたので、サッカーの途中で部屋に戻ってきた模様。
頭がかゆくて、頭をかいていたら、藻がボロっと落ちてきた(爆
昨夜の海で、寝転がってた時についたんだろう(苦笑)
そーいえば、昨夜酔っ払ってジャージャーとワインやらを洋服にこぼしたんだった・・・
そのまま寝てました。
風呂に入って散歩する。
朝の海は気持ちがいい。
朝食も外で食べて、片付けをして昼前にはこのメンバーたちとお別れ。
初めて会う人が多かったけど、楽しかった。
宿もまるで田舎の実家、おばあちゃんの家に帰って来たみたいな
雰囲気があったせいか夏休みが終わってしまう感じがして切なかった。

toba1



その後、赤福へ。
赤福で「赤福氷」というカキ氷を食べる。

ise-kakigori

ise-kakigori2

なかなか美味です。
そして伊勢へ。

伊勢と言ったら伊勢神宮。
実は初めてです。
でも行ってよかった。
何でもっと早く行かなかったんだろう?
晴天で、夏みたいな暑さの中、神宮を歩く。
大きな木がいっぱいあって、木にパワーをもらいながら歩く。

ise-green

その後、緑の木々と川のほとりでボーっとする。
基本的にうお座なわたくしは、水辺が大好きです。
川とか海とか、湖とか、何でもいいから水が近くにあるところが好きです。

ise-tomo

川と緑を眺めながら心地いい空間の中で色んな話をした。
こんな時間の過ごしかた、好きです。
もっとゆっくりしたかったなあ・・・
次回はもっとのんびりしようと心に誓う。


そして大阪への帰路へ。

つづく

西遊記その3 大阪ー鳥羽

2008.09.11 00:39|
大阪で、あの後にたこやきパーチイ。
(パーテイではなくあえてパーチイ)
K宅でKの友人たちと4人でたこやき。
やっぱり大阪の家にはたこやき焼き器があるんだなあと改めて実感。
実は私の家にもあるはずだけど、最近家でたこやき作ってないなあ。
パーチイは、楽しかった。

そして6日、土曜。
朝がんばって7時に起きる。
鳥羽と伊勢に向かうのです。
梅田で待ち合わせしていたので車に乗り込む。
道を間違って鈴鹿を越えて四日市まで行ってしまったことは 内緒にしておこう(笑)
そして、鳥羽に到着。
今回、鳥羽に来た理由。
Kの友人の女の子ひっかちゃん(21歳)が海女さん!!
んで、彼女のとってきた魚介類なんかでBBQしちゃって、
民宿なんかに泊まっちゃって、楽しんじゃおうぜい企画だったのです。
これはもうたまらない企画でしたわ~。

実は、鳥羽に行くのが初めてなわたくし。
それだけで大興奮(笑)
そしてちょっとマニアックな場所にある民宿。
まるで夏休みを連想させる今夜の寝床。
そして、宿を出たらパーっと広がるのは海、海、海!!
参加者は一緒に車で行ったグループ7人以外に、
海女さんのお友達なんかもいて、20人くらいかしら?

まず海のゴミ拾いをみんなでする。
流れ着いたゴミだとか、捨ててあったゴミを拾う。
こういうことをすること、大事だと思う。

そして海女さんが用意した魚介類を見てびっくりする。

ウニが山盛り!!

uni


貝も山盛り!
そして参加者が持ってきたモモや、メロン、ぶどうなんかもいっぱい。
おまけに、お米は飯盒ではなくて竹で炊いてるし~。

gohan

もう、素敵すぎます。
かなりツボです。

音楽隊(ジャンベとか尺八とか)もいるし、パフォーマーもいるし、
天気もよすぎるくらいいいし、素敵です。

実はウニ、あまり得意ではない私ですが、
そんな私でもウニを食べておいしいと思ったほど。
好き嫌い、一つ克服。
ありがとう。

もちろんアルコールも次から次へとあるわけで、
酔っ払いながら、気づいたらジャージャーと自分の洋服にこぼしてました(苦笑)


海辺で過ごす夜は、本当にいい時間だった。
波の音、満天の星空と3つも見た流れ星。
そして心地よい音楽と、最高の仲間達。
そして赤ワインと梅酒(笑)

つづく。

西遊記その2 京都ー大阪

2008.09.05 15:06|
今は、大阪にいます。
京都のあと、大阪に移動してきました。
今日は自転車で福島近辺から梅田近辺をウロウロしてきました。
暑くてとけそうになったわ。。。
でも今は雨がすごく降ってきたので戻ってきてのんびりしてます。

ここ数日の日記でも簡単に書こうかと。

京都のお話から。
京都はご存知のように大好きな場所で今年は2度目。
私のスタイルはガツガツと京都めぐりするわけではなく、
一日に1箇所とか2箇所くらい回る感じ。
今回は大原をメインにしてみました。
大原は京都市内よりも北に位置して、田舎です。
でも、これがめっちゃいいところ。
大原では水琴窟の音を聞き、のんびり庭なんかを堪能。
私、詳しくはないけれど禅とか庭とか結構好きなんですわ。
まあ、そんな感じでのんびりした時間を過ごす。
京都では友人a_chibiちゃんとご飯しながら、
トーテムポールの話で盛り上がる(笑)
こんなマニアックな話で盛り上がれるって素敵だわ(笑)
そしてベトナム旅で一緒だったヨーヘイくんと会ったり楽しい時間。

宿ではカナダ人のおばちゃん2人と、日本の大学生3人と同室の
6人ドミトリー。(ドミトリー=共同部屋)
カナダ人のおばちゃんたちと一緒に酒をたしなみ、
翌日はドイツ出身の男の子と一緒に朝食を取る。
これって、ゲストハウスならではの楽しみ方な気がする。
チェックアウトの日、オーナーさんとスタッフさんと色々と話をする。
オーナーさんもカナダにいた経験があったそうで、
私が働いてた店とかオーナーとか知ってたので笑えた(笑)
繋がりってすごいな~。と実感。
旅がすきなスタッフさんだったし、楽しい時間だった。
次の京都もここに泊まると思うくらい気に入りました。
もうしばらくしたらきっとそこのゲストハウスのHPに
私が写ってる写真が掲載されるかも・・・?

そして大阪。
毎度おなじみの新世界(通天閣とかがあるとこ)
と、ある意味で言う、ものすごいアジアな雰囲気をにおわす界隈。
車で通ったりしたことはあるけど歩いたのは初めて。
いつも思うけど、光があれば影があるんだなあって感じるとこ。
何事にも表があれば裏があったりするように。
きれいなおねえちゃんたちを横目に、明らかに冷やかしに 見えるだろう私たち。
実はこういうおねえちゃんたちを撮りたいなと思ったことがある。
なんていうかな、別にポルノとかじゃないけど、
艶かしいようなそんな艶っぽい写真とか
撮ってみたいなって思ったりすることがある。
男性から見た美しい女性じゃなくて、女性が見た女のきれいさとか。
ん~。
だからと言って「撮らせてください」なんて言うような、
そんな勇気ないけど(苦笑)

関西チベット仲間のゆうきと、串かつを堪能。
串かつ、好きです。
で、その後、たまたま入ったバーがとっても素敵。
いい時間だったわー。ありがとう。

そしてその、ゆうきが企画したイベントがあります。
東京でも大好評だった「チベットを知る夏」が大阪で、
「チベットを知る秋」としてやってきます!!

tibetaki

京都、大阪、神戸とか関西エリアにいる人たち、
是非行ってちょうだいな!!
ゆうきの写真展もあります。

そして今日は、ウロウロ。
これからたこやきパーチーです。うしし。

明日は海に行ってきま~す!!

西遊記その1 京都

2008.09.01 16:31|
今、京都に来てます。
五条にあるゲストハウスに宿泊。
ドミトリーで2500円(笑
でも、これが町屋風(町屋なのかな?)でめっちゃ素敵すぎて
鼻血でそうです。
全てがツボです。
とりあえず今は宿からの日記でした。

小さな町の音楽フェス

2008.09.01 00:51|音楽
やっと終わりました。
小さな町(アタシが住んでる町)の音楽フェス。
私は、お手伝いの方だったのでお客さんではなかったから大忙しで、
みんながビールやお酒を飲んでるのを羨ましく横目に見ながら、
テンパリながらの一日でした

音楽はHIP HOPメイン。
普段は正直あまり聞かないジャンルだけど、
レゲエも流れてて、レゲエは好きなのでまったり聞きながら。
やっぱ野外でやるイベントは最高だわ~。
ライブペイントもあったり。

うちの町で有名なジャンベグループも出場。
やっぱ、ジャンベいいね。
私は聞く専門だけど、見てても聞いてても楽しい。
9月は、なんだかんだでジャンベなんかのイベントを
見に行く(私も参加あり)のが今のところ2回くらいありそうで、
楽しみな私であります。



そんなわけで、明日から西遊記してきます。
ごきげんよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。