05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『曹源一滴水 -sougen no ittekisui-』

2008.06.28 02:19|未分類
告知しちゃいます!!
7月20日に東京渋谷でのイベントの詳細です!!
かっこいい音を聞けます!
チベットの写真も見れちゃいます!
アタシも出ちゃいます!
トークしちゃいます(笑)

**************************************************
曹源


■7/20(Sun)
渋谷 DESEO
~FREE TIBET~ 『曹源一滴水 -sougen no ittekisui-』

OPEN 15:30/START 16:00
ADV \2500/DOOR \3000

【Main floor】

-live-
・Indus&Rocks
・muff
・seth
・TemPotentz
・天国畑
・大塚寛之(渋さ知らズ/THE ELECTRIC RAINBOW BAND)
...and more

-talk live-
・ロッパ@フリチベ一家

-dj-
・Ken爺(PSY/HOWSWEET)

-light show-
・OHPIA

-deco-
・四季彩家


【Rounge floor】

-live-
ノグチサトシ
...and more

-dj-
DJ Crescendo
DJ テルビ
...and more

-food-
Joyful Table

-live painting-
GURU

*Tibet gallery*

渋谷DESEO 
********************************************************

このイベントはIndus&Rocks と運命的な(?)出会いをした時から始まりました。
(その時の日記はこれ

そして、Indus&Rocksやmuffのマアさん、CHIBI CHIBIやまるこ、
かばちゃんや、仲間や多くの人の力を借りて、
「あーでもない、こーでもない」といいながら、
何度かミーティングして、やっとここまで来ることが出来ました。
まだ色々準備中だし、正直トークなんていうのはしたことないし、ドキドキです。
「伝えること」の難しさが大きくて自分でも悩むことが多いです。
でも少しでも「知ってもらいたい」。
音楽を通して、何かを感じてほしい。
そしてぬわ~んと「渋さ知らズ」の方まで参加してくれるとは!
素敵です。

イベントのタイトル『曹源一滴水 -sougen no ittekisui-』は、
【大河も大海も一滴の水から成り立つ】という禅語だそうです。
Indus&Rocksのジローくんから初めて聞いたときに私は泣きそうになりました。
その一滴になれたら・・・と思っています。

sougen

(蓮のデザイン作りました~。当日は、このデザインのバッチなんかも用意してあります)

そして私たちフリーチベット関係者の名前は「ロッパ」。
これはチベット語で「友達」という意味だそうです。
そして語源は「助ける人」
「友達=助ける人」

チームロッパ、がんばります!!
ミュージシャンのみんなも宜しくお願いします!
そして、行けるよ~って言う方がいたら連絡ください!!
当日は写真展示なんかもします。
是非、来てください!!


Indus&Rocks
muff
***************************************************

ちなみにこのイベントのことはチベット系のサイトでは
発表する予定はありません。ご理解いただけたらと思います。
スポンサーサイト

目撃者の証言(動画)

2008.06.24 15:14|チベット
動画2つ貼り付け。
赤の文字の部分をクリックしてみてください。


これ、先日のNHKで放送されたもの
消される可能性あるので、早めに見てください。
NHKの中でも、少しは良心的な人がいるんだなと思った。

そしてもう一つ。
チベット大好きという理由で中国への影響を気にする日産に
CM契約をキャンセルされたリチャード・ギアが、
フィアット・ランチアのCM(イタリアで公開)に登場。
思いっきりチベットネタです(笑)

「7310筆」

2008.06.24 01:11|未分類
みなさん、署名集計されました。

「7310筆」

集まったそうです。
以下貼り付け(多少、省略あり)
***************************************************
11:00に、衆議院第一議員会館へ赴き、平沼赳夫衆議院議員の国会事務所において、
議員秘書の犬伏様に署名を綴じた3ファイルをお届けしてきました。
そのあとすぐ犬伏様が同じ議員会館内にある福田総理の議員事務所へと
ファイルを届けてくださり、無事福田総理の政策秘書である石井様に、
受け取って頂きました。
その後12:08に犬伏様からお届け完了の報告のお電話を頂戴しました。

というわけで、署名アクションで集まった「内閣総理大臣宛」の署名は、
無事に福田総理の元に届けることができました。
受け取られた署名は、その後しかるべき省庁の取扱窓口へと引き渡されるそうです。

このアクションに関わったすべての皆さん、署名の宛先として住所を
お貸しくださったチベットハウスの皆さん、
そして微妙で難しいテーマである「チベット問題」に理解を示してくださり、
署名提出の窓口になってくださった平沼赳夫議員と秘書の犬伏様に
心より御礼を申し上げたいと思います。

ちなみに、7,310通の署名の集計を終え、
タクシーの中から平沼事務所宛に「これから向かいます」と連絡を入れたところ、
何と電話番号の下4桁が「7310」!!
鳥肌が立ったことはいうまでもありません。

********************************************************

とのことです。
すごい。よくこの短期間でこれだけの数が集まりました。
私が集めた79筆もこの中に入っている。
そう思うとちょっとドキドキしちゃいます。

そして、今日もオフ(定休日)なので、
イベントの準備に取り掛かりました。
pちゃん作の布バッヂ、作り方など教わったので、
とりあえずデザインを考えたりで気づいたらこんな時間になってました(笑)
何かいいアイデアがあったら教えてください。
募集中です(笑)

記憶用日記。

2008.06.23 01:02|チベット
戻りました。東京から。
色々と動き回ってきました。
この日記は自分の記録(記憶?)として書こうかと。

20日(金)
ダライラマ法王事務所署名の残りを届ける。
署名を集計していたのが知っているお方だったし、
すごく急がしそうだったのでお手伝いをする。
法王の生誕祭(7月6日)にお披露目する写真を見せてもらっちゃった
ウフフフ。ラッキー。

その後チベットのシンポジウムに参加@池袋。
でも署名の集計をノンキに手伝ってたら遅刻(苦笑)
渡辺一枝さんやドルマさんのトークや、他の方々の話を聞く。
(渡辺さんはチベットに何度も行き、素敵な写真を撮っているお方。)
ドルマは、デモなんかでも先頭で叫び続けるチベット人女性。
頭坊主でかわいい。
前回のデモの主催側のKIKUの久保さんと会う。
何故か久保さんのイベントのビラ配りを私達が会場ですることに(笑)
でもこれからちょっと久保さんには世話になることがあるので、
このくらいは朝飯前です。

池袋でCHIBI CHIBIと飲む。
止まらない私達。。。飲み始めたら止められません。

その後、チベットナイト(クラブイベント)の為、
予定より遅くなって終電で一人六本木へ。
電車の中はガイコクジンだらけ。 みんな六本木でクラビング。

雨の中、会場を探しながら歩く私。
仲間と合流。
自分も出演する来月のイベントの参考にするために色んな意味での視察。
久々にpちゃんに会う。蓮の香水をもらう。(ありがと)

チベットナイトは、いい部分もあったし参考にしたい部分もあった。
でも、とあることがきっかけでテンション下がった・・・
やっぱり伝えることは難しい。
でも、それのおかげで、いい勉強になったとは思う。
そういう意味も含めて参加してよかった。

朝3時過ぎに仲間のメンズ3人と私の4人でクラブを出る。
始発までファミレスでコーヒータイム。
・・・の予定がそこでまたpちゃんに会い、ガールズ炸裂トーク。
気づくと早朝5時。

始発に乗り、都内でのアタシの家、「まるこ」に向かう。
早朝にもかかわらず起こしてごめんね、まるこ。
寝る。

21日(土)
昼に起きる。
7月のイベントの打ち合わせに向かう。
ジローくん、マァさん、忙しいのにありがとう。
いい感じで話が進む。
彼らに助けられてるし、私は彼らに絶大な信頼を寄せている。
そして言葉が足りない私をフォローしてくれるのは、
優秀な秘書であるCHIBI CHIBIと、まるこ。
そして色んな人の力をもらって助けられてることを感じる。
本当にありがとう。
準備が少しづつできてきた。
イベントの詳細は後日発表します。

護国寺へ向かう。
知り合い多数発見。
アタシは正直言って、宗教家ではない。
あえてあげるとしたら仏教だと思うけど熱心な仏教徒ではない
だから正直、お経だって読めないし知らない
(だからといってキリスト教徒でもイスラムでもないですが・笑)
でも、ものすごくいい空気が流れているのは感じる。
みんなが誰かのために平和を祈る。願う。
瞑想してみたら(瞑想が出来てるとは言いがたいが)、ぶっ飛んだ。
TANAKAちゃんにも久々再会。ちょっとしかハナシできなかったからまた次回!
やる内容は違うけどお互いイベント成功させようぜい

また飲みに行く。
まるこの学校の友達も合流。
はじめまして。
オーラソーマが出来る人がいて飲みの席でやってもらう。
いわゆるカラーセラピーですね。
泣かされました。
心の内側の部分をズバリ言い当てられました。
自分の中では、最近薄々気づき始めていたことなので
すごくびっくりして涙が出てきました。
自分のことをよく考えさせられるいいきっかけだった。
多分、これは偶然じゃない気がしたし、
それを知ったので、もっと前進できる気がします。


22日(日)
チベット関係の人がやってるフリマへ行く。
がんばってる方々、お疲れ様。
かわいいのを見つけて2つ購入!!
久美子氏、あまり忙しくて無理しすぎないでよ!


というわけでひとまず退散。
何とも、チベット関係満載な3日間だった(笑)

今日は休肝日にします。


全く余談ですが、私が愛してやまない(?)サッカー選手、
オランダ代表のGKファンデルサールが代表引退を表明。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/euro/08/headlines/20080622/20080622-00000024-spnavi-socc.html

http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2408645/3064051


EUROでロシアに負けてしまった。
しかもロシア代表の監督はオランダ人のフース・ヒディンク監督。
日韓ワールドカップの時に韓国代表だったあの監督だ。
ふうう。ちょっと複雑だ。
でも、フース・ヒディンク監督はやっぱりすごい監督だ。
日本に来て欲しいなあ。。。と密かに願うアタシ。

そしてファンデルサール、お疲れ様。
マンUでがんばってください。

言葉につまる・・・

2008.06.19 01:11|四川省 地震
中国、四川の地震が起きて1ヶ月過ぎた。
日記に何度か書いたけど、成都で活動していた私の知り合い。

彼が先日から一時帰国している。
心配してくれてた方、ひとまず無事に帰ってきてますよ~!

帰国してからも日本各地を飛び回って、色んなとこで
現状を話したり、打ち合わせしたり取材やらラジオやらで、
かなり忙しくて寝る時間が3時間くらいしかない。
それでも成都でボランテイア活動中は1時間くらいしか
睡眠時間がないからまだマシだって言っている。

地震の話を聞く。
普段はオシャベリな私が話をする隙なんて与えられないくらい
よく喋る人なのに地震の話になると、ちょっと重たい沈黙な空気が流れる。
そしてオシャベリな私なのに、リアルに聞くと何て言っていいのか分からなくなる。
そして切なくなって言葉につまる。
私が想像する以上に、壮絶な世界だということが感じられる。

「今まで色んな被災地に行ってきたけど、今回が一番酷い」

そう彼は言った。
色んな海外での被災地に行ったり、見たり、経験したりしてる人なのに、
そんな人がそう言うなんてよっぽどなんだと感じた。
でも途中、睡眠不足らしく何度もアクビが(笑)
そりゃ、そうだよね。
日本に戻ってきてもオフもなく忙しく動き回ってるんだから。
ただ、あまり無理しすぎて自分の身体を壊すんじゃないかと心配になる。
今月末に成都に向かったら、また忙しい日々なんじゃないかと思うと、
せめて日本では少し休んでほしいなと思うけど・・・

被災地にはまだまだガレキの下に埋もれている人がいること、
その村なんかには、救援活動に向かうことも難しいことと、
NGOなんかのボランティア活動をしている人たちに対しても
中国政府の規制が厳しくなってきているそうだ。
また今月末には成都に向かうので、

「次回は拘束されるかも。捕まらないよう祈ってて。」

と、半分笑いながら言っていた。
でも、それが冗談じゃないことくらい、私にも分かる。
ジャーナリストたちも、何人か拘束されたみたい。
ジャーナリストは、中国にとって記事にしてほしくないことを
取材する可能性だってあるから、拘束されるのも何となくはわからなくはない。
でも、一緒に救援活動をしている人まで拘束するかもしれないなんて、
何かがおかしい。

「救援活動してるのに、拘束なんておかしい!!」と私が言うと、
「だって、あの国ならありえるでしょ?」と言われた。

確かに、ありえる。。。と思う。

そして成都の宿、Sim`sは今はほとんど観光客がいないようで・・・
観光シーズンなのに、大変だ。。。
アメリカや日本のNGO団体なんかがいるそうです。

日本でも東北地方で地震があって、
本当にいつまた地震がやってくるかもわからない。
いつ、どこでも願うのは、一人でも多くの生存。
そして、復旧。
心のケア。

先日の日記にも書いたけど、もっと精一杯生きていこうと思った。
そして、私にとっては憎き中国共産党や政府だけど、
でも本当に中国の一般人には何の罪もないこと、
ある意味では被害者だということを改めて感じた。

明日は今日より、もうちょっとがんばってみようと思う。

祭りとか祭りとか

2008.06.15 21:47|カフェ
今週は何だか色々と忙しかったです。
でも充実してた

友人が埼玉から富士山の麓にやってきていたので
一緒に温泉行ったり、滝行ったり、
名物やきそば食べたり、桜海老食べたり、睡蓮見たり、
素敵なカフェ行ったり、ハンモックで寝たいなって思ったり、

hammok

富士山スポット案内したり、彼女が少しの間生活してた
エコ・ヴィレッジに行ったり、そこでズーズしくも
夕食ご馳走してもらったり、久々に英語話す機会があり
ちょっと英語テンパりそうになったり(笑)
でも、すごくいい環境のところだった。
山梨県になるけど、うちからも車で1時間くらいで行ける距離だし、
のーんびり過ごすのもいいかも。

そして今週末は、祭りでした。
あたくしがいるカフェがある町の祭り。
山車とか町内ごとに出るのでいくつか出てました。
そんなわけで、この週末はカフェ大忙し。
土曜は夕方からチラホラと大人な人たちが浴衣を着てたり、ビール片手に歩いていたり。
カフェでもチキンやら生ビールをテイクアウトも出していたので夕方くらいから賑やかに。
やっぱチキン食べるとビールが飲みたくなるようです(笑)
今日も、カフェの近くに山車が来るので写真撮ったり。

matsuri2

山車も、もっと街中に行けばガッツリ見れたんだろうけど、
なんせ仕事中でしたので・・・(笑)

もう、祭りの季節なんだなあと改めて感じました。
今度の祭りは浴衣を着て参加したいっす。
でも、ハッピとか久々に着たいわ。

この祭りに参加したのはすごく久しぶり。
中学生以来くらいかなあ?
でも、日本のこういう風習とかって悪くない。
こういう夏は好きかも。

そんなわけで祭りも終わり、寿司を食べに行き、
ビール一杯飲んだらもう酔っ払ってしまって、
寿司屋で皿をひっくり返してしまいました・・・(苦笑)
酒、弱くなりました。トホホ。。。


今夜はこんな雰囲気な曲が聞きたい。
好きな曲「calling me」を探したけどなかった
というわけで、他の好きな曲。
youtubeはこのブログに貼れないのかな~・・・?
ニコ動しか貼れないっぽい。
ニコ動、色んな文字(感想?)が入っちゃってるからなあ・・・
貼り方、研究してみます。

EGO-WRAPPIN'/ あしながのサルヴァドール


病気かも。たすけて。

2008.06.13 21:23|
海外旅行をする旅人なら誰もが一度は手にしたことがあるだろう
「地球の歩き方」
これのこんな記事を見つけた

「地球の歩き方に出ています」は信用できるのか?という記事内容。
ふむふむ。何となく納得。

私は地球の歩き方で失敗した経験が何度かある(笑)
2度ほど経験したのが、掲載されてる地図と掲載されてる住所が違ったこと。
中国の時は、写真まで違ってたしベトナムでは偽モノがいた(苦笑)
カナダでも地図が間違ってたおかげで、雨の中ウロウロ彷徨った記憶もあるし、
ネパールでは「おすすめの宿」と書かれていた宿が客引きで来ていて、
かなりしつこくて、ケンカになりかけたこともある。
いくら有名なガイドブックに載ってるからと言って、
必ずしもそれが正しいわけではないことが分かった瞬間である。

個人的にこの記事で書かれている本「ロンリープラネット」も数冊持っている。
こっちは情報量が多いし、世界的に見た旅人感覚な気がするからいい部分もある。
ただ、写真は少ない。
写真の多さや、ページの見やすさは断然「地球の歩き方」だと思われる。
ロンリープラネットは日本語版も出てきているけど、
一般的には英語版の方が多い気がするけど、なんせ、分厚い(笑)
でも、いいポイントを抑えていたりすることがある。

初めてロンリープラネットと出会ったのは初海外のインドだった。
出会ったバックパッカー(ガイコクジンの)のみんながみんな
この本を持っていたからだ。
お互いのガイドブックを見せ合いながら、
写真が見たいガイコクジンは地球の歩き方に喜び、
情報が欲しい私達はロンリープラネットに喜んだ。

インドは40リットルくらいのザックで旅してた。
今は80リットルで旅してるので、その半分以下だったわけで(笑)
(80リットルでも帰りにはパンパンになる・笑)
それでもインドの時のザックには余裕があって、もっと荷物が入れられそうな状況だった。
中身は着替えと、コンパクトカメラとフィルム10本くらいだったかな。
インド人に「荷物これだけ?」と聞かれたけど、
私は一緒に旅をしていたヨーイチを指差し、
「彼はこれだけだよ」と言うとインド人に驚かれたっけ。
ヨーイチは、ウエストポーチ一つで、雪駄で旅していたのだ(笑)
そのポーチの中身は予備のパンツ1枚と、せっけんと、使い捨てカメラのみ(笑)
着替えなんて持ってないので、Tシャツやズボンは毎晩手で洗っていた(笑)
最後の方には白かったTシャツも、黄ばんでいたけど(苦笑)

「男って、なんて身軽で素敵な生き物なんだろう。」

その時、しみじみそう感じていた。
その後、旅にもっと出るようになったけど、ヨーイチほど軽装な
旅人に出会ったことがないですが(笑)

話は戻るけど、基本的に地球の歩き方は日本語で見やすいし、
旅に出る時には持って行きます。
でもロンリープラネットも一応チェック。
結論はどっちもメリットもデメリットもあるということで(笑)
写真好きなアタシとしては、写真が多い地球の歩き方、好きです。
例え、騙されようとも(笑)

でも、ガイドブックなしで旅するのが一番理想です。

あー、旅に出たい。
勝手にランキングしていいですか?(笑)
名付けて、「今、旅に行きたい場所ランキング!!」

1位 チベット(そりゃ、そうですよ、実際1月の段階で、
        次はチベットと決めてましたので)

2位 チベット
3位 チベット。

え・・・しつこい?(笑)

じゃ、次はちょっと本気でランキング。

1位 チベット (これは譲れない)
2位 ネパール (やっぱり好きなんだなあ、ネパール)
3位 インド  (リベンジしたいっす)

でも行ったことない場所で選びたいなあ。
というわけで、

1位 チベット (しつこい?笑)
2位 メキシコ
3位 トルコ
4位 キューバ

こんな感じですかね?
しつこくてすみません(苦笑)
やっぱ、チベットに行きたいのよ~。
もう、病気(笑)たすけて。

ちなみにタイトルで驚かせてしまっていたらすみません
旅に出たいという病気です。
飛行機に乗りたいという病気です。

というわけで、あなたのランキングも聞かせてください

無力な自分。

2008.06.11 02:23|チベット
一昨日の日曜の夜友人が静岡参上。
富士山篭りをするというので翌日の夕方まで一緒に
富士山付近をドライブしたりしました。
そして、昨日の夕方に友人を山篭りの場所まで送っていき、
こんなところがあったのか~と驚きながらも、
わたしまでズーズしく夕食をいただいてきました(笑)
チベット旗も貸してきたのですが、どうやら今日掲げたらしいです(笑)

そーいえば、何だか今年はやたらと

「富士山登る」

と言う人が多い。
すでに友人ひろから夏に登ると連絡があったし、
修ちゃんも登るらしい。

「この際、チョモランマ登っちゃえ!!」

・・・と言いかけましたが、やめときました。
もし登ったら(登れたら)それこそチベット旗ですな。


ちなみに、富士山に行くというと富士登山すると勘違いする人が多いので
ここに書いておきますが、富士山の山開きは7月1日からみたいです。
富士山はいつでも登れるわけではありません。
まだ雪だって残ってるし、8月末には登れなくなります。
過去1度しか登ったことないけど、私は二度と登らないと誓いました(笑
半端な気持ちでは登れないですYO!
アタシは数年前に男2人と計3人で登ったけど、本当に
途中で何度もくじけそうになりました。
南米ペルーのマチュピチュに登ったときなんか比べ物にならないくらい、
ネパールのサランコットに登るのなんて比べ物にならないくらいしんどかった
行く人は体力も精神力もつけて行ってください。
体力に自信ある人は大丈夫だと思いますが、
タバコ吸ってる人は、ひかえたほうがいいと思います(がんばれ)
ちなみに私の知り合い(女性)数人は、登ろうとしていたけど
登れなくて途中で断念した人が何人もいるYO!!

富士山周辺にはたくさんの人が集まってくる。
いい人たちもいるけど、オ○ムみたいな変なのも多いので
富士山ぱわーは、不思議です。

そうそう、この間睡蓮をみつけた。

suiren


蓮も大好きだけど睡蓮も好き。
睡蓮より蓮の方が好きだけど、でも睡蓮を育てている。。。。が、
まだうちの睡蓮ちゃんは咲いてない。
つぼみさえない。去年は咲かなかった
一昨年はキレイに咲いてくれたのに。。。
咲いてほしいわ、睡蓮ちゃん。

そして、最近チベットのニュースが極端に少ない。
ニュースが少ない分、心配になる。
こうしてる今も、殺されたり逮捕されたりするチベット人は増えている。
以下、ニュース貼り付け。

******************************************************
昨日6月8日朝9時、カンゼ地区にあるサムテンリン尼僧院の
尼僧ツェリン・ツォモはダゴゾンにて一人「
ダライラマ法王をチベットにお招きし、玉座にお座り頂こう、、、」
等の文面をしたためた文章をみんなに配り始めた。
直ちに軍隊に撲打の上逮捕された。
彼女が何かのスローガンを叫んでいたかどうかは不明。

さらに同日午後5時頃このことを知ったサムテンリンの尼僧全員が
彼女を救うためにダゴゾンに向かった。
しかし途中ゴゲタンにて軍と武装警官隊に行く手を阻まれ、逮捕された。
目撃者の話によれば、その逮捕の様は尋常ではなく、寄ってたかって激しく撲打され、
あるものは刀で切りつけられ、重体となり病院に運ばれた者もいたという。

この出来事を知ったチベット人たちは、中国のその残忍なやり方には
堪忍袋の尾が切れたとして約500人~600人が政府庁舎の前に集まり
「連れ去られた尼僧たちを解放せよ!もしも彼女たちが解放されない場合には
本当に大きなデモをやる」と夜遅く9時ごろまで叫び続けた。
結果その日数人の尼僧が解放されたという。

本日(6月9日)朝9時ごろ軍隊の暴力により重症となった数人の尼僧だけが
家族の背に負われ外に出されたという。
その内の二人は肋骨が折れており、数人は口も聞けない状態だった。
もっとも酷い重体の数人はそのまま遠く成都の病院に運ばれたという。

この尼僧院では、先の5月下旬尼僧院の近くで「チベットに独立」
を求める文章が発見されたことがあった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<逮捕時の暴行により僧侶一人が死亡>

先の6月6日には、同じダゴゾンで僧侶三人がチベット独立の
スローガンを叫びながら行進した。
僧ツェワン・ダクパ、テュプテン・キャンツォ、ジャンセム・ニマが
その場で逮捕された。
そのうちの一人が死亡したとのニュースは先に入っていたが、
今日その一人とは僧ツェワン・ダクパと判明した。
彼は逮捕の時軍隊や警官から非常な暴力を受け、重体となり病院に
運ばれたが、医者は始めより手遅れだと言ったという。
そして今日彼は死亡した。

今日この3人のデモの様子が詳しく伝えられて来た。
それによると彼らは一度に3人でやらずに、一人がまず叫び、
彼が捕まるのを見て次の一人、また同じように最後の一人というように連続してデモを行った。
三人とも真白な服を着ていた。

僧侶たちが目を覆うばかりのリンチを受けるのを目の当たりにした
周りのチベット人たちは心に深く傷を負ったという。

********************************************************

女性(尼さん)だろうと、なんだろうと容赦なく暴力をふるう中共の
やり方にはやはり納得できない。
未だ、チベットに観光客は入れず、どんな状況になっているのかを
考えるだけで不安だ。。。
チベットが独立だとか自治権だとかそういうものよりも、
今は一人でも多くの人を虐殺から救いたい。
そして一人でも多くの人が釈放されてほしい。
そう、願うことしかできない。。。

四川の地震もそうだ。
Sim`sのページに写真が増えた
今の私は、現地に行くわけでもなく、ただ現地からの情報や連絡を待ってるだけ。
ただ「身体に気をつけてね」とか、「暑いだろうけどがんばってね」とか、
そんなことしか言えない自分が虚しい。


無力な自分が悲しい。

途中経過

2008.06.06 02:17|未分類
途中経過を発表します。

え?何のって?
先日から話してる署名です。
今の段階で、


53名


53名もの署名をいただきました!!!
正直、全然進まなくて凹んでいたのですが、昨日と今日で一気に30名近く集まった。

協力してくれた人ありがと~!!
もし、協力してもいいよって言う人がいたら是非ご連絡ください

この署名6月20日までなので短期間勝負だし、
とりあえずもうちょっとがんばってみます。

そういえばこんなニュースが。

新疆ウイグル自治区の国境で、6月初め日本人旅行者2人が、
荷物検査の際に、「チベット独立」派を宣伝する物品を所持していたとして、
相次いで物品を没収され、「教育」処分を受けたと伝えた。
2人はそれぞれ、インドやネパールを旅行していた時に、
地元住民らから「チベットを救え」などと英語で書かれたバッジや、
宣伝資料などを受け取り、荷物の中に入れていた。
当局が、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世「一派」による
祖国分裂活動に関する「教育」を行ったところ、「2人の日本人は誤りを認めた」という。

え~、と思いながら読んだ。
アタシも同じことやりかねないかも・・・
全くけしからん(笑)
それにしても、「教育」処分って・・・(苦笑)
どんな教育だよ、全く。
日本や他の国だったらそんなことはなかったかもしれないけど
場所が場所だからねえ。。。
もし、日本でも人権擁護法案が可決されてしまったら日本でも教育されるんだろうね。
というか、罰金だわ。
分かりやすい動画があったのでおいときます。


6月6日(金)の本日、
人権問題調査会ってやつがあるみたいです。
とりあえず、署名おくってみたけど・・・

んもう~、頭を悩ますことばかりしないでください。
お願いします。
脳みそがそれでなくても足りないのにもう爆発しそうです(笑)

19年前の出来事

2008.06.04 23:58|世界のニュース
1989年6月4日
天安門事件



中国の北京にある天安門広場に集結していた民主化を求めた学生を
中心とした一般市民のデモ隊が「人民解放軍」によって武力弾圧され、殺害された事件。


当時、何となくTVでこのニュースを見た記憶はあるものの、
子供だったし、何が何だかわかんない遠くの国の出来事だった。
正直、今まで無知だった私。
それがチベット問題を扱うようになって、必ず出てくるのがこの天安門事件。

民主化しようとしていた中国人達が当時いたという事実。
そして民主化を訴え、殺されていった中国人達。
それによって、多くの国から援助だったり経済制裁を受けた中国。

たった19年前の出来事。

驚くことに、今の中国の若者はこの事件を知らないらしい。
中国が、これを隠している。
学校で教わることもなければ、ネットなんかでも規制がかかるだろうから知ることさえもない。
たった19年前に、共産主義から民主化しようとがんばった人たちがいたことさえも、
そこで多くの人が命を落としたことさえも知らない。

教育って大切だなとしみじみ感じる。
知らないで育ってきてる子たちは、愛国心でいっぱいなのも正直うなずける気もする。
それを知らずに育ってるから、それを他の国の人から聞かされたって
信じることなんて出来ないんだろう。
内心では、そんなことをちょっぴり感じていたとしても、
公の場でそんな発言をしたら、間違いなく密告される。

私は、こんなこと書いているけど知らないことがいっぱいで日本のことだって知らないことが多い。
正直、学生だったころもっと勉強しておけばよかった・・・
そんな風に思うことが多いです。
だから日々、少しづつ足りない頭で知っていこうと思ってます。



もし、19年前に民主化されていたら?

チベット、東トルキスタン、内モンゴルはもっと状況が違ったかもしれない。
台湾だって、状況が違ったかもしれない。


・・・・・・
今日はちょっとネガテイブな感じの日記ですみません。
天安門事件をちょっと書いてみようと思ったら、暗い日記になってしまった
だからといって、私は何度も書いてるけど中国の一般人はきらいじゃないです。

学生の頃にクラスメイトに中国人がいて、プリクラ見せてたら
私に断りもなく、勝手にそのプリクラを彼の筆箱に貼られたことがあったとしても、

中国人の友人に餃子パーティをしようとさそわれ、
「セロリが嫌いだから、絶対にセロリを入れないで!」って言ったら
「わかったわかった。絶対入れない」と言ってたのにも関わらず、
ガンガン、セロリを餃子に入れられたとしても。

いいことだってあった。

餃子パーティを主催してくれたその友人が、別の時に普段は料理なんてしないくせに、
朝から中華を一生懸命作ってくれたこともあった。

学生の時に、そのクラスメイトが留学生という理由でお金がなくて研修旅行に参加しなかった。
彼は旅行に行かずに一生懸命バイトしていた。
研修帰りにクラスの友人7人くらいで彼のバイト先の渋谷のお好み焼き屋に行ったら、
彼はバイト先の人たちに
「ボクのクラスの友達なんだ」と言って大喜びしてくれ、
彼からのサービスのサラダとかがテーブルにいっぱい並んだこともあった。

カナダに住んでたころのオーナーは中国人だった。
めっちゃ仲よかったし、カナダに帰るときには必ず彼らのとこに遊びに行く。
仕事を早く切り上げて家でご馳走作ってくれる。
戦争経験者だろうおばあちゃんだって、ニコニコして私を迎えてくれた。

今年の初めに中国に行った時だって、多くの人が助けてくれた。
行きの飛行機では台湾と日本人のハーフの男の子が隣の席だった。
初めての中国でドキドキしてる私に色々教えてくれた。
帰りは中国(四川省)と日本人のハーフの女の子と一緒だった。
彼女(チヨ姫・なつかしい)は「日本大好き」と言ってた。
麗江では広東省から来ていた男の子にネットカフェで
ネットの使い方教えてもらって、それ以来友達だし、
いい人もいっぱいいる。


だから私は中国人のことを憎たらしく思うこともあったけど(笑)、
でも、嫌いにはなれない。(コキとかは別ですよ!!)

基本的には人間対人間だと思っている。

あ~、なんだか書いててわけわかんなくなってきたから
終わりにする(笑


FREE TIBET!!
FREE CHINA!!(←これが言いたかったんです・笑)

ハチドリ

2008.06.03 23:17|
昨夜放送されたサッカー選手だった中田英寿の番組

シリーズになってたこの番組。
ブータンを旅してた時のヒデは、私の旅とめっちゃ重なって、見てて嬉しかった。
そして今回はルワンダでの虐殺だったり、アフリカの貧困だったり、
環境問題のことがテーマだった。

この番組を通して、今まで全く知らなかった人たちが少しでも
「知る」きっかけになったんじゃないかな。
私はそう思っている。
ヒデのファッションだったり台詞に若干の違和感はあったけれども、
でも旅のスタイルは人それぞれだし、第一にメディア嫌いなヒデが
メディアを通してまでも訴えたい現実がそこにはあって。
こういう力のある人が、声を上げていくことは本当に素晴らしいことだと思う。

正直、個人的にはチベットのこと、やってほしい。
やるんじゃないかと、ちょっぴり期待してました(笑)
冒頭にちょこっとだけ写りました。
チベットのラサのジョカンというお寺には彼の写真が1月の段階では飾られていたそうです。
今のジョカンにあるかは分からない。
今のラサの状況をヒデはどう思っているだろうか?
そんな風に感じながら見てました。


そうそう、このニュースを別のニュースで見つけて、 「後でじっくり見よう」と思ってたら、
なかなか繋がらなくて 終いには、もう見れなくなってしまったニュース。
工作活動が密かに行われていたんじゃないか?と思っちまった。
実際、本当に工作活動行われてると思うわけですよ、あたくしは。
んで、知り合いの日記から見つけたので貼り付けます。

このニュースは、やっぱ酷いなと思う。
聖火を持ってチョモランマに登った(「登らされた」と私は思っている)
北京五輪の聖火登山隊のチベット族シェルパ2人が、
亡命チベット人団体「チベット青年会議」のメンバーとみなされ、
中国当局に逮捕されていたことが23日、 登山隊関係者の話で分かった。
具体的な妨害の計画があったかは不明だ。とのこと。
「不明」なのに逮捕??
矛盾してるわ。ホントに。
ふうう・・・

今日、某スーパーに行ったらエコ袋を見つけた。
そのエコ袋はアタシが愛してやまないカナダの先住民族の
ハイダ族、マイケル・ニコル・ヤグラナスが手がけているもの。

haida


haida2


エコなんかの物語でハチドリが一滴づつ水を運ぶというのが有名ですが
そのイラストを描いているのが彼で、彼のイラストがそのままこの袋になっています。

このエコ袋に出てくるハチドリの話を書いておきますね。
南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語

******************************************
あるとき森が燃えていました

森の生きものたちは われ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは 火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」 といって笑います

クリキンディはこう答えました
「私は私にできることをしているの」

****************************************************

「私は私にできることをしているの」
`I am only doing what I can do.`

という言葉、私もできることからしていこうと思わせてくれる言葉です。
ハイダ族のアートがこういう形でたくさんの人の目に触れることも 嬉しいし、
エコになるのも嬉しいし、 何より、今のチベットサポーターはこの話をすごく大切にしています。
私みたいなチベットサポーターが出来ることって本当に
このハチドリみたいに一滴しか運べない。
でも、何もやらないでいるよりも、自分にできることをやろう。
そういう気持ちでいます。



ハチドリ、がんばりまっす。


もう一つ。
まだ当分、署名募集しています!!
協力してくれる人いたら連絡ください!
しつこい!とか思わないでねwよろしく

2008.06.01 23:08|未分類
今日は、のほほ~んのんびり休日を過ごした。
富士山近辺(山梨辺り)へGO!!

緑が青々している。
やっぱ自然はいいです。
ワタクシ、トウキョウなんかの都会も好きです。
でも、やっぱちょっと田舎が好きです。
風とか空気とか気持ちいい。
空も青い。

tanpopo


そしてお気に入りカフェへ。
このカフェはちょっと素敵。
の~んびり雑誌なんか読んだりしながら、
緑の中ですごせる。
チョコレートケーキおいしかった

cafe-1


cafe-2


ちなみにワタクシです(笑)
cafe-me


あ~、こんなカフェをやりたい。
老後に。
また近々行こうっと。

ちょっと遊んでみました。
鏡の周りの色彩と、鏡に映った景色の感じが好きです。
me



そうそう、今日の東京新聞はすごいみたいだよー。
この間、ぺマさんが言ってた新聞なのですが、
こっちで売ってなかったので、東京の友人に頼んでおきました。
サンキュー

今日はホントにのんびりできた。
また署名活動がんばりまっす!!
(署名活動の詳細は昨日、一昨日の日記をどうぞ♪)

そうだそうだ、おまけにこっちも。
「人権擁護法案」 これが可決されたらホントにやばいです。
6月3日がXデーになるのかな・・・

人権を擁護する法案ということで、いい法案と思いがちですがそーでもないんです。

この法案の問題点まとめ (http://blog.livedoor.jp/monster_00/archives/cat_847822.html引用)

●正当な批判さえ差別と取られる可能性がある
●テレビやマスコミでほとんど取り上げられてないため、国民のほとんどが知らない
●差別の基準があいまい、(人権委員会が好き勝手できてしまう)
●新しい権力機関を作ること
●人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しない
●インターネットを潰す事によるマスコミの情報操作能力の向上。
 よってマスコミの曲解報道に一切対抗できなくなる
 (マスコミの情報規制ができるので議員の汚職及び犯罪隠蔽が容易になる
●何が差別と取られるかわからない、使える表現が減る事によるアニメ、漫画、ゲーム、
 小説、映画、テレビ、お笑い、音楽、ドラマの衰退(当たり障りのないものしか作れなくなる)
●特定の人権を過剰に守るという事はそれ以外の人権を踏み躙る事に繋がります。

とまあ、こんな法案です。
こんな法案が勝手に作られつつあること、知らないでしょ 。
ホントにやばいんですよ、これ。
簡単にいうと、今までOKだったものが人権委員会の判断で、
NOになってしまう可能性が出てくるということです。
そしたらフリーチベット!!っていえなくなる可能性もある。
もっとおまけに言うと、フリージャパン!って
言わなきゃならない日がくるかもしれない。

これはホントにヤバイDEATH。

他にも色々あるみたいだけど、とりあえず今日の勉強はここまで。
ふう~。よく勉強した(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。