02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と人とのつながり

2008.03.31 01:23|チベット
昨日、友人のEndyのライブに行ってきました。
正直な話、昨日はアタシ的にはライブな気分ではなく、
チベットのことや、あの僧侶たちのことで頭がいっぱいだったから
どうしようか迷っていた。

でもEndyの日記に普段はあまり書かない政治的なこと、
チベットに対すること、そしてアタシの日記へのリンクが貼ってありました。
「行こうかな」そんな気持ちになり、またしょぼいけど自作の
「FREE TIBET」Tシャツを着てライブに行くことにした。

ライブは楽しかった。
やっぱり音楽はいい。
全ての武器が楽器になったらどれだけの人々が救われるだろう。
そしてEndyがライブ中にも「チベット」という言葉を発してくれた。
それを聞いた人たちの耳に少なくとも「チベット」という
言葉が入ったことが、嬉しかった。

そして打ち上げにも参加した。
初めは1杯だけ(もちろんソフトドリンクね。車なので)のつもりでいたのに、
帰って来たのは朝4時近かった(笑)
帰ってきてしばらくしたら空が明るくなってました(笑)

打ち上げの席では、また「チベット」の話になった。
ところが嬉しいことに、関心を示してくれたミュージシャンが多かった。

まさか、こんなにアツくヒートアップするくらいまでの
議論が繰り広げられるとは、行くまでは思いもしなかった。
でも、みんな真剣に聞いてくれてたし、疑問なんかも投げかけてくれた。
女の子なんかは、やっぱり正直言って歴史的話から始まると
分からないって思うかもしれない。
でも、みんな真剣に聞いてくれて、真剣に考えてくれてた。
もう、アタシはそれだけで嬉しくて正直泣きそうになった。
ここに来たこと、ちゃんと意味があったんだと感じたし、
関心をもってくれた人たちに出会えたこと、今のアタシには
ものすごく大きな励みになるし心強い。

そしてそこの席で出会った東京からきていたジロウくんがなんと、

「自分が企画するイベントでトークして欲しい」

そう言ってくれたのだ。
彼が言うには「リアルな声」を求めていたようで、
実際、その今のチベットの真実、事実、現実、状況を知らない人が多すぎる。
だから、知るべきだと。

一瞬、躊躇したのも事実。
アタシなんかにそんなことができるだろうか?

でも、ふと考えた。
これは「チャンス」なのだと。
そして何も出来ずにもがいていたアタシにとって、
何か出来ることの一つが目の前に差し出されたのだ。

そして「OK」の返事をした。
むしろジロウくんにはこんなチャンスを与えてもらって感謝。
そんな風に考えてくれただけでもすごくありがたい。

そして、もしライブに行かなかったらこんな話も出てこなかった。
部屋でチベットの状況を確認しては悲しんでるだけだったかもしれない。
だから、行ってよかった。

ジロウくんに出会えたことは、偶然じゃなくて必然な気がした。
ジロウくん、出会ってくれてありがとう!!

そして誘ってくれたEndyに本当に感謝。
きっかけを作ってくれたし、熱弁トークもヤケドしそうになりました(笑)

昨日あの場所にいたみんな。
みんな本当にありがとう。

アタシ、みんなと話が出来て、パワーいっぱいもらえた。
背中いっぱい押されました。
一人じゃなくて沢山の人が集まると、こんなに沢山のアイデアが生まれて、
たくさんの意見が出てきて、議論しあう。
それがすごく大切だと感じました。
そして、

「知ること」 「伝えること」

この大切さを改めて感じた日でした。
それと同時に、

「人と人のつながり」ってすごいなとしみじみ感じた。

人は人を殺めることも出来るけど、
人は人を誕生させることも出来る。
そして人は人を憎むことも出来るけど、
人は人と愛しあうことも出来る。
人ってすごい。

ミュージシャンの人たちは「音楽」という武器を手に戦おうとしてる。
そんなミュージシャンたちに出会えて本当に嬉しかった。
彼らは最高にかっこいいです!!!

で、そのイベントは都内でやります。
予定では6月か7月くらい?
決まったら報告します。
来てちょうだいね!!

そして、アタシの知り合いの中でチベットに実際行ってる人が結構います。
みんなのリアルな話が聞きたいです。
小さな話でもいいです。 聞かせてください!
お願いします!!!

アタシ達に出来ることの1つが、ちゃんとこうやって形になりつつあります。
協力頼みます!!!


************************************************************

こうしてる間にもまた昨日、数千人規模のデモがあったとのこと。
またお得意の武力鎮圧をしたんではないか?
その詳細がちょっとよく分からない。。。

今日、一個勉強しました。
中国ではネット規制が厳しいとのことですが、
ここまですごかったです。
これに使うエネルギーを別のとこに回してほしいと思いました。

金盾




チベットに自由と平和を。
そして、中国に慈悲を。
FREE TIBET!!!

*******************************************************
HPの「FREE TIBET」のページを少しでもよくしていきたいと思っています。
「こうしたほうがいいよ」とか「こんなことが載ってたらいいのに」
とか、そういう声を聞かせてください!!
スポンサーサイト

お願いです。力を貸してください。

2008.03.29 03:44|チベット
freetibet6


お願いです。力を貸してください。
先ほど知りました。
先日、ラサ入りした報道陣に自由を訴えた僧侶たち。
アタシの友達の友達でした。。。
それを知った瞬間、私は息が止まりました。
今のニュースではあの僧侶たちに処分はないと言われています。
でも相手は中国共産党です。
その言葉を100%信じること、できますか??
アタシは、自分の友達の友達は自分にとっても友達です。
アタシのこの考え方で言うと、
これ読んでくれてるアタシの友達の方々にとって、
その僧侶たちは「アッキーの友達の友達」になります。
アタシから言わせたら、それも友達です。
他人じゃないんです。
だから、どうか助けてください。

アタシの友達を、

あなたの友達を助けてください。

********************************************************
◆以下、アタシの友達の日記◆


ラサに入った外国メディアの前に現れた僧侶たちが命を懸けて訴えかけました。
私はそれをネット上のニュースで知り、添付された1枚の写真を見ました。
覚悟してたつもりでした。でも覚悟しきれてなかったことが写真を見てわかりました。

友人たちでした。
私は女性なので僧侶を「友人」と呼ぶのに疑問を持つ方もいると思います。
すみません、でも大切な友人たちなんです。
動画を見て、よくわかりました。
友人Gが積極的に訴えかけていたということを。

Gは私の1番の友人Jの家族、私にとって弟のような存在です。
勉強家で、いつも優しい笑顔、心、態度を持ち合わせるG。
さり気ない気遣いができる子です。
初めて会ってから私に積極的に接してくれるまで少し時間が必要なほど控え目な子です。
冗談のセンスはいまいちだけれど、実は話し好き。

「あの方(あえて名前はここで書くのやめます、みんなが慕う方です)が
 戻って来たらチベット中の花が咲き誇るんだよ」と教えてくれたのは
Gが10代後半の年齢の時。
この言葉の中に独 立という意味合いは一切含まれていません。
純粋にあの方が戻ってくることを望んでいるだけ。
同世代の日本人ではあり得ない純粋さを持つ子がそれ程まで言う
あの方とはどんな人なんだろうと初めて思ったのは、この言葉がきっかけでした。

前に出るような性格ではないGがあんなに積極的に行動するとは思いませんでした。
英語を知らないG。
チベット語ではなく中国語で言ったのは、なるべくたくさんの人に聞いてもらいたかったんだと思います。
承知の上での行動。

こんな状況になるなんて、多分思ってもみなかったと私は感じます。
だって先月お正月をあまりにいつも通りにお祝いしてたじゃない。
最後と覚悟しての態度とはどうしても思えない。
私の勝手な考えだけれど、チベット人たちはこんなにひどい、悲しすぎる状況になるなんて
思ってもなかったんじゃないかって。
声をあげただけで、どうしてこうなるのでしょうか。

僧侶たちの行動に対して20年のケイ、またはキョ ッケイになるだろうと。
映像を見たら感じられると思います、開き直るわけではありません、
あの行動は命を懸けるほど、いや捕 らえられるようなことですか?

まさに命を懸けた彼らの気持ちを受け止めたいと思います。
彼らたちからあまりに多くの、大きなものをもらい過ぎました。
できることはないと痛感したり、結果は出ないかもしれない。
でもやれることを精一杯やる。

世界にはチベットだけでなく、たくさんのひどい状況の場所がありすぎます。
たまたま、私はチベットが好きになりました。
たまたま、みなさんに私は出会うことができました。
縁があったみなさんにお願いがあります。
どうか力を貸してください。
私にじゃなくてもいいんです。
チベットを助けてください。
もしよければアイディアとか意見、メッセージでも何でもいいんです、
力を貸してください。
お願いします。

***********************************************************

お願いします。
本当に何かいい案とかあったらお願いします、
小さなことでもいいです。
助けてください。

これが映像です。

祈らずにはいられない

2008.03.28 23:41|チベット
昨夜、ふとカーテンを開けたら
月がまぶしいくらいに輝いていた。
チベットの人々も、この月を見ているだろうか?
そう思いながら、
「チベットに平和と自由を」と祈った。

朝、太陽が顔を出していた。
太陽を見ながら、「彼らに太陽の光がさしますように」と祈った。

同じ太陽と同じ月を見ているだろう彼らに、
いつの日が、心の自由がやってきますように。
信仰の自由を与えられますように。

この祈りが届くかどうかなんて分からない。
祈るだけで願いが叶うなら誰だって祈るだろう。
でも、沢山の人が同じことを祈ったら、
もしかしたら大きなパワーになるかもしれない。
私たちがこうやって祈ってることを
拘束されてるチベタンが知ったら、
もしかしたら少しかもしれないけど、
本当に少しかもしれないけど彼らの生きる希望になるかもしれない。

今回のことが起きるまでも今までも何度も私は
「チベットに行きたい」と日記に書いてきた。
自分なりに少しはチベットのことを知っていたつもりだったし、
知れば知るほど、行きたい気持ちが増していった。
実際、空港のみという本当にちょっとだけど足を踏み入れてみて、
「次は絶対チベット」と決めていた。

チベットの歴史は少しながら知っていた。
中国に侵略され乗っ取られたこと、人々の生活は大変なこと、
ダライラマ法王は亡命していること。。。。
それなりに色々知っているつもりだった。

でも、今回のことが起きて私はチベットのこと、
知らないことが多すぎたことに気づいた。
ここまで拘束されている人や拷問されている人が多いなんて知らなかった。
こんなに苦しんでる人が多いなんて知らなかった。
こんなに自由がないなんて知らなかった。
今までアタシは何を見てきたんだろう?
こんな自分が悲しくなって、そんなことばかり考えると涙が止まらなくなってくる。
そして何もできない自分が悔しくて悔しくてたまらない。
でも、泣いてばかりいられない。
目がパンダになるから。
うれし泣きになるまでなるべく我慢しよう。

今日、この間のデモの為に作ったTシャツを着て歩いた。
そして車にはチベットの旗をつけて走った。(小さいけど)
何もやらずにいるよりは何かしたい。
そして今日もまた祈ってから寝よう。
正直、アタシがこんなに「祈り」をすることって初めてだ。
祈ることによって何かが変わるならとっくの昔から祈ってたし、
だからどうやって祈っていいかも分からない。
でも、祈らずにはいられない。

チベットに自由を。平和を。
FREE TIBET!!!!


ちなみにさきほど、「パンダ」という言葉を書いたけど、
アタシ自身も最近知ったのだがパンダは本来は中国生まれではなく
チベット生まれだそうです。
実際調べてみたら本当にそのようです。
簡単に言うと中国が、チベットから誘拐してきたことになる。
1995年にパンダを密猟した人が死刑され、
今は死刑ではなく20年の懲役らしい。
これもおかしなもんだと思う。
きっと、懲役とかいいながら絶対死刑にしてそうだ。
そしてパンダを密猟で死刑なら、人を殺すことだって死刑だろ。
もしくは20年の懲役だろ。
チベタンを虐殺しまくってる中国、矛盾が多すぎるぞ。
どー思います???

僧侶たちの訴え

2008.03.27 23:38|チベット
この僧侶たちは大丈夫だろうか?
逮捕されるのを覚悟の上での行動。
逮捕されるということは、拷問されるかもしれない。
その逮捕された先で、何が待ってるかもある程度覚悟の上での行動。

胸が痛くなる。

それでも事実を少しでも伝えようとして、
チベットの状況を知ってもらいたくて、
訴えてきた僧侶たち。

(以下、あくまでも私の出会った人のみの話で、あくまでも私の主観です)
私は今まで旅をしてきて僧侶には何度か会ったことがある。
一心に祈る姿は、見ていて美しいとさえ感じてしまう。
宗教家ではない私でさえも、彼らの姿を見ると
何だか心が洗われていくような気持ちにさえなる。
中には少しひょうきんな人がいたりして、
それはそれで僧侶も一人の人間だということを感じさせてくれるし、
親しみが沸いたりもする。
ある程度のことは「修行の身」と言って耐え忍ぶことだって
修行の一部と思っているに違いない。

そんな僧侶たちが「チベットに自由がない」
そう訴えてきている。
逮捕、いや、命がけだろう。
今までも大勢の僧侶が逮捕され、拷問にあっている。
もし自分だったら、この命がけの行動ができるだろうか?

今、実際それが現実にチベットでは起こっている。
現地入りしたメディアには色々と規制があるらしい。
そりゃー、中国は粗を見せないように頑張っているだろう。
自分たちを正当化するのに必死だから。
というか、正しいと思い込んでるから。
かわいそうな人たち。
あれほど、世界から色んなことを言われているのに、
「気づく」ことが出来ないことがかわいそうでならない。

アタシは正直、腐ってる日本のメディアには期待してません。
だけど今ラサ入りしているメディアの人、がんばってください。
おそらく世界中の人が、あなたたちに期待をしているでしょう。
色んな規制が厳しい中、どこまで「メディア魂」を見せることができるか。
がんばってほしい。

チベットに平和を。
中国に慈悲を。

FREE TIBET!!!


世界的有名なミュージシャン、レディオヘッドがついにやってくれました!!
さすがトム Good job
ビョークに続いて素敵です。
(レディオヘッド、ビョークなんかは以前チベタンフリーダムコンサートに
出てましたー。ちなみに元ハイスタのボーカルの難波さんも
フリーチベット!を叫んでくれてます。
ハイスタもチベタンフリーダムに出てたもんね。
がんばれー、ミュージシャン!!)

慈悲の心を。そしてFREE TIBET!

2008.03.27 01:04|世界のニュース
チベットって美しいんです。(空港と空からの景色しか見たことないけど)
文化も、衣装も、人々も。
それらは残すべきもので、守るべきものだとアタシは思っている。
どうにもこうにも何もできない自分がもどかしくてHPに 
FREE TIBET のページを作ってしまった。

このページではあくまでもチベットの美しさとか、素晴らしさを伝えていこうと思っている。
某国の批判はしないつもり。
某国の批判する前に、チベットの素晴らしさをみんなが少しでも知ってくれたら
きっとチベットと言う場所に対してもう少し親しみを感じてくれるかもしれない。
もしかしたら「行ってみたい」って思ってくれるかもしれない。
写真や情報なんかは、実際に行ったことのある人たちから提供してもらいながら
私にできること、小さなことだけど少しづつでもやっていこうと思ってます。


ニュース。
中国の行為、ナチスと同じ。
やってることが相変わらずな中国政府。
ひどすぎますね。
そう感じるのはアタシだけでしょうか?

オリンピックの聖火点灯式で、フランス人(国境なき記者団の記者だそうだ)が
フリーチベットの横断幕を掲げて、妨害行為と言われたことについて。
確かに「妨害」と言われざるを得ない行為かもしれない。
あるまじき行為だけど世界中の人に、
今世界では何が起こってるかを考えさせる行動だったと思う。
アタシはオリンピックボイコットは反対だけど、チベタン含め沢山の国の人々が
ボイコット支援したり、「何故デモに参加しているのか?」
ということを中国は考えるべきだと思う。
圧力や暴力で解決させようなんて考え方が間違っているということを
今こそ知るべきなんだと思う。

そんな中、昨日ネパールから帰国した(3月10日時点ラサにいた)
友人の日記を本人の許可得て、拝借いたしました。
以下、ネパールでの内容です。

*****************************************************************

チベタン難民キャンプ行ってきました。

どんなとこかなーって思って行ったんですけど
お坊さん見ないし 閑散としてとても寂しい感じでした

なんで? って思ったら

職員の方曰くみんな今日のデモで逮捕されましたって

朝通り過ぎたとき すごい機動隊みたいな警察が多くて
なんじゃありゃって思ってたのは それだったみたい

王制廃止させた政府はマオイストの皆さん
つまりは共産主義なんで
ネパール政府としては中国よりチベタンはかなり厳しい境遇なようです

現地の情報もほとんどないらしく
中国政府の発表に対抗したいのに 証明するものがない
旅行者頼みだそうで 助けたいけど生憎
一番激しいときは現地いないし
写真までは持ってませんので手助けはできず無念

そしてもう一つ
ラサでどーなったか心配していた何とかカトマンに抜けれたという
パッカーにパタンで偶然出会い14日以降の壮絶さを教えてもらいました

軟禁されてたとか
爆音、銃声がなりまくっていたとか
ポタラから煙が出ていたとか
ヤクホテルのガラスも割られていたとか
チベタンに漢民族か?って胸倉つかまれたとか
オバちゃんに石投げろって言われたとか
写真がジャーナリストに高く売れたとか
ニューヨークタイムズの表紙になってた人もいたとか

***************************************************

ええええ~、ポタラ宮から煙?!(泣)

ft4

(写真は2年くらい前のポタラ)

ショックです。。。
どの程度なのだろう???
ネパールのマオイスト。
(マオイストとは毛沢東主義者のネパール共産党。いわば、テロリストです)
彼らにはアタシも何度も泣かされました。
数年前にネパール行きの航空券をゲットしてあとは出発のみだったのに
マオイストが勢力をふるって治安悪化の為に断念。
今年ネパール行ったけど、マオイストの皆さん、ウロウロいました。
そして、チベタン。
デモで逮捕されたって・・・
どうなってしまうのだろう?
心配で仕方ないです。。。

そして、その彼がそのチベタン難民キャンプで入手した書類
があるとのことで教えてもらった。

そうです。この書類は3月24日のものです。
24日って一昨日の出来事です。
今、こうしている間にも逮捕や拷問、拘束されてる人がいるんだろうと思うと、
とても切なく思う。

チベットのサイトで見つけた言葉。

80年代のプロテストで、ひどい拷問を受けていた若いお坊さんや尼さんは
口をそろえてこう言います。

「一番辛かったのは、 中国人に恨みの心を持ちそうになった事。 慈悲の心を忘れかけた事」

これ読んだ瞬間、涙が出ました。
そんなチベタン達に、平和を!!
そして、心を失ってしまった可哀相な中国政府にも慈悲を。


FREE TIBET!!!!

PEACE!! チベットに平和を。

2008.03.24 23:13|世界のニュース
22日のこと、ちょっと書いたけどもうちょっと書かせてください。

22日のデモは警察の方が言う人数は900人くらいだったみたい。
本当に想像以上に多くの人がいて正直びっくりした。
そのデモの姿を見て飛び入り参加した人も多いそうだ。

まず始まる前に主催者側からの言葉にとてもショックな内容があった。
現地からの情報とのことなのでおそらく事実だと思います。

僧侶たちを含むチベタンの人々が今でも中国の軍用機で拘束や逮捕されているという。
その数、1000人以上。
しかもどこか別の場所へ連れ去られ、場所もどこなのかが分からないらしい。
食べ物や水なんかは与えられない。
そして拷問されている。
食料や水が与えられない時点ですでに拷問だ。
1000人。
想像してみてください。
そしてそれ以上の人々が実際は虐殺や拷問されているのだろう。

主催者側からの注意事項。
「あくまでも非暴力を通すこと。例え挑発されても、非暴力を通すこと」

この主催者側がまず一番に訴えていたのは虐殺や拷問をやめさせることが
先決というようなことを言っていた。
アタシも同じように思っていたから納得できた。

デモは約2キロくらいを歩いたと思う。
正直デモと言うと、一歩間違ったら「何あれ・・・」と言われかねない。
ましてやマナーが悪かったら、
「チベットの前に自分たちを何とかしろよ」と言われかねない。
そんなこともあって、みんな礼儀正しく歩いていたと思う。

FREE TIBET!!

ft2


この台詞のみを言い続けた。
チベットの人の代わりにみんなで言い続けた。
アタシの周りの人、みんなこの台詞を喉がガラガラになるまでいい続けていた。
その様子がこれです。

ちなみに44秒目にアタシ、登場(笑)
紫の服にFREE TIBET と書かれてる紙を持ってるのはアタシです(爆)

写ってましたー(笑)

(デモ中はFREE TIBETを上にあげてたのでこれはデモじゃないときに撮影してたのかな?)
そして53秒目の背中はアタシの友達です(笑)

ft3

このTシャツ作って、着てましたー!!


このデモを通して色んなことを考えて学んだ気がする。
でも、同じように思ってる人たちが沢山いて日本もまだまだ
捨てたもんじゃないと素直に思えた。
そして、このデモが少しながらの効果があったと思われる記事

そして、こういう中国人も出てきてくれた。
正直、嬉しく思う。
彼らは中国にいて、こういう声明を出すということは本当に勇気が必要だと思う。
中国では国家に逆らう人間は逮捕されてしまうだろうし、
その家族だって危険にさらされる可能性もないわけではないだろう。
だけど中国人がこういう意見を出してくれるのは本当に素晴らしいと思う。
もっとこういう人が中国の中で沢山でてきてほしい。
彼らの手で、中国国家というものを変えて欲しい。
がんばれ!中国人!!


そして、チベットにいて先日帰国してきた友達と会ってきた。
色んな話をした。
彼女の撮った写真、沢山見せてもらった。
何度もチベットに行っているし、今回はお祭りを見に行っていたことも
あって美しいチベット文化の写真が沢山あった。
色鮮やかな衣装だったり、装飾品、そして祭りで嬉しそうな顔をしている人たち。
雪景色の中を歩く大勢の僧侶の姿。
(100人や200人とかじゃない。それ以上!!)
とても美しかった。
一ヶ月前の風景なのに。
今はどうなってしまっているんだろう?
この写真に写ってる人たちはどこに連れて行かれただろう?
無事だろうか?
そんな風に考えざるを得なかった。
こんなに美しい文化や人々が壊されてきている。
残すべき美しい文化だと思う。

友人がアタシにアドバイスをくれた。
彼らが言うのは、チベットのよさをもっと他の人に知ってもらうこと。
愛しきチベットのことを、もっと発信していこうと思います。

FREE TIBET!!

ft1




22日 東京でチベットのデモ参加

2008.03.22 23:46|未分類
参加してきました。
FREE TIBETの抗議に。場所は六本木。
100人くらいかな。。。と思ってたら行ってびっくり。
500人以上いました。
TVでは1500人とか言ってたけど、1000人もいたかな?と思ったけど。
警察の情報だと900人だそうで。
チベタンはもちろん、日本人、欧米人、たくさんいました。

チベット支援の人達が色んな話をしてくれ、
今のチベットの現状のことも言ってました。
僧侶たちが連れてかれてしまったりしている現状。
虐殺、拷問、過酷な国境越え。。。。
聞いてて涙が出てきました。

六本木を歩きました。
ダライラマがいつも言う「非暴力」を胸に、
あくまでも非暴力に、デモが進んでいったと思った。
日本でチベット支援をしているところとかがいろいろ誘導してくれたりした。
結構カメラマンやら報道陣もいたけど、 ちゃんと報道してほしいと思う。

でも、とりあえず何か少しだけど自分ができることやってこれた。
あたしでも何か、できることがあった。
最初はその抗議というものが初めてで圧倒されてしまったけれど。。。

まだまだこの問題は先が長いです。
風化してほしくないです。

今は都内で友達のとこに居候してます。
まだちょっとこっちにいますので、
家に帰ったら写真とか詳細を載せますね。

デモはこんな感じです。
ただ、3つくらいの団体がデモしてたみたいでちょっと過激なところもありました。
あたしが参加したデモは、映像の中でチベタンの人が先頭でやってたデモです。

FREE TIBET!!

続きを読む >>

FREE TIBET3

2008.03.19 23:00|世界のニュース
FREE TIBET!!
何度でも言ってやる。
チベタンの人々が言うことさえも許されないこの言葉。
アタシが代わりに言ってやる!!

FREE TIBET!!

freetibet12
きっと、今こうしている間にもラサでは虐殺や拷問なんかが行われているんだろう。
こんな画像があります。
初めにYoutubeで見れましたが、今はもう見れなくなっちゃいました。
あまりにも酷いので、見る方は覚悟してみてください。

freetibet8

この画像はちょっと皮肉すぎて苦手だけど(苦笑)
でもあえて掲載します。。。

ダライラマ法王も退位を表明するかもしれない。
本当に、そんなことになってしまったら・・・
法王は、報復はするな、他者を傷つけてはいけないと言う。
非暴力を訴えることは、「人」として、正しく生きる道を示しているんだと思う。
暴力は何も生み出しません。
そしてそれはチベットに限らず、どこの場所でもどこの争いに対しても いえることだと思う。

今日、亮平(ポゥル)が教えてくれたこのページ
(ポゥルはその時にチベットにいた友人です)
これがあるから日本の報道は捻じ曲がってるんです。

アタシはチベットに少なくとも関心がある。
もちろんアタシの知り合いたちはそれをご存知だと思うし、
チベットのこと関心を持ってくれている人が多いと思う。
だからお願いです。

少しでも力を貸してください。

この事実を、彼氏とか彼女とか、友達とか家族とか、 職場の人とかに話してください。
「知って」もらってください。
そして、もしもうちょっと力になれるよって人がいたら、
こんなページもあるので見てみてください。
英語のページだけど右側のやつに入力してみてください。

22日に東京で抗議があります。
それに参加する予定でおります。
いてもたってもいられませんので。。。
そんなわけで、亮平、やすこちゃん、
アタシはあなたたちの分まで叫んでくるよー!!!
参加できる人いたら一緒に参加しよー!!
FREE TIBET!!!

そんなわけで名古屋、セントパトリックディいけなくなりました。。。
本当にごめんなさい。
1年も前から楽しみにしてたのに、ごめんなさい。
せっかくバグパイプの音と晴れ姿を楽しみにしてたけど、
きっともし名古屋に行ってたとしても心が落ち着かない気がして。
だから東京を選びました。
また、今度バグパイプ聞きに行きます!

で、個人的にチベットのページを作ろうと思いつつ。
少しでも分かりやすいページを考えております。
いつ出来るかは未定ですが(笑)

FREE TIBET!!

FREE TIBET2

2008.03.19 03:22|世界のニュース
本日もFREE TIBET です。

freetibet5


freetibet6


隔離されてしまったチベット・ラサでは今こうしている間にも
何人もの人が虐殺や拷問を受けているのだ。

ダライ・ラマ法王の退位の表明。
もし退位してしまったらどうなってしまうんだろう?
パンチェン・ラマ11世が中国に拉致されたままのこの状態で、
一体どうなってしまうんだろう?

中国ではyoutubeも見れなくなったそうだ。
ありえん。
もう、それって

「悪いことしてます」

って言ってるようなもんじゃない?
見られたら困るようなことなんでしょ?

漢民族、アタシはいい人にも出会ったから全てを否定したくはない。
いい人も実際いっぱいいたし。
だけど、中国政府は明らかに頭おかしいです。

FREE TIBET!!!



FREE TIBET!!

2008.03.18 01:16|世界のニュース
相変わらずTVで報道されてるチベットのニュースには疑問を感じてしまいます。

3月10日にラサにいた友人(旅で出会った人)が無事に
ネパール、カトマンズ入りしたとのこと。
正直ホッとしました。

ラサでは検閲の為か、ネット状況が悪くなりホットメール受信不可。
僧が拘束、スパイらしき人に色々聞かれたり。
もちろん軍の施設なんかの撮影は禁止で、
観光客は追い出され、宿の部屋には軍人らしき人が来たりしたらしい。
デモに実弾だったらしいっす。

とにかくスパイが多いらしく言いたいことも言えない。
隔離されてしまったラサで虐殺が行われていないかを祈るばかり。

・・・とのこと。

TVの報道と違いすぎませんか?
彼はリアルに体験してきてる。
真実は、そこにあるんです。

観光客を追い出すのは、きっと観光客の安全がどうとか言うよりも
観光客にその「事実」を目撃されるのを防ぐためなんじゃないかと思う。
違いますかね?

freetibet

この画像はビョーク。ビョーク好きです。
前に一度だけですがライブ見たことあります。
天使かと思った。
ビョークは、シンガーです。
映画「ダンサー イン ザ ダーク」の人と言えば分かる人も多いでしょうか?
で、先日の上海のライブの時に

「チベット!チベット!」

と騒いだ本人であります。
おそらく、今後中国には入国拒否されるでしょう。。。
ちなみにブラッド・ピットも入国拒否されてます。
(映画、セブン イヤーズ イン チベットの影響)
アタシも入国拒否されるんじゃないか?
・・・なんて思ったり。(ナイナイ)

今日もTVなんかを見たりして切なくなりました。
どうして、同じ人間なのにこんなに傷つけあうんだろう?
どうなるかは分からないし、アタシは微力ながらも
少しでも出来ることを探して行きたいと思っています。
ダライラマ法王はあくまでも「非暴力」に訴えている。
それはものすごく難しいことかもしれないけど、
もし暴力や武力行使をしてしまったら、中国と同じになってしまう。
だからこそ、今こそ、非暴力を訴える時なのかもしれない。

そして思ったことがある。

もしかしたら、今が「変化」の時かもしれない。

その「変化の時」に自分が何を出来るか?
その時に、どうすべきか?
自分なりに考えてます。
そしてその「変化」がいい意味での変化になることを願ってます。



FREE TIBET!!

freetibet3


freetibet4

アタシなりの考え。

2008.03.16 23:32|世界のニュース
チベット。
今回のこと、TVなんかで見た人も多いはず。
この間の旅では惜しくも空港のみで素通りしてしまったチベット。
絶対に次はチベットに行くと決めているチベット。

チベット問題についてあまり知らない方も多いだろうから
ちょっと書いておくとします。
今回、TVで報道されてて意味わかんない人も多いと思いますので。

1949年に中国共産党によって建国された中華人民共和国。
それまで独立国家だったチベット。
1951年5月23日。
当時のチベット政府は、中国の軍事的脅威のもとで中国政府と
「17条協定」を結ばされました。
ところが「銃口から政権が生まれる」という有名な言葉どおり、
中国はチベットを支配していきました。

そして今年の3月10日チベット・ラサ。
なぜ3月10日かと言うと、1959年3月10日にチベット人たちが
侵攻してくる中国人に対してラサで大規模な抗議行動を起こした日なのです。
当時、87000人くらいのチベット人が殺害されました。
そして、8万人ほどのチベット人がダライラマ法王と共に インドに亡命しました。
というか、法王は亡命せざるを得ない状況と言うべきか。。。
(ブラッド・ピット主演のセブンイヤーズインチベットを見ると 分かりやすいです)
そして今も亡命状況は変わりません。
チベットは人権だとか文化だとかを言わば弾圧されてるような状態です。
そして今年。

今回なぜこういったことが起きているかというと、
今年は北京でオリンピックが行われます。
だから今、中国は世界から注目されているときなのです。
こんな国でオリンピック(平和の祭典)なんてできるのだろうか?
そして、これがある意味での大きな変化の時期なんだと思います。

まあ簡単に書いてみましたが、こんな感じです。
(アタシなりの意見なので、苦情は受け付けません)

チベットの人たちは、ただ平和に過ごしたいんです。
人権だとか、文化だとかを守りたいんです。
ダライラマ法王に少しでもあやかりたいんです。

実際中国人は、チベットと中国にそういう歴史があったこと、
知らない人も多いようです。
というのも中国のメディアがそれを遮断しちゃうんだろうな。
日本と中国や、日本と韓国の歴史のようにフタをされてます。

アタシはダライラマ法王のお話を以前に聞くチャンスがあって、
法王の話を聞いてる時間は本当にいい時間だった。

そして、この間の旅で知り合った人がチベットにいます。
ランクルでネパールへ抜けると言ってたけど、 無事に抜けられただろうか?
彼は3月10日にラサにいたので、状況をよく知っているはず。
ただ、中国はチベットのネットの規制も厳しくしたとのことなので
中国、チベットを出ないとこの会話は無理なのだろう。
どうか、彼が無事でありますように。

そして、自由を求めるチベットの人たちに、自由を与えてください。

日本のメディアが、偏った意見での間違った情報を流しませんように。
(知らない人は、それを見てそれが真実だと思ってしまうので)
真実を、現状をちゃんと報道してください。

そして、このチベットの状況を知らない人たちが
少しでも「知る」ということから始まってくれますように。
この日記を読んでくれた人で全く知らなかった人に少しでも知ってもらえること。
それがアタシにできることの小さな一つなんです。

求めているのは、平和なんです。

FREE TIBET!!!



こんなサイトもあります。かなり分かりやすいと思うのでどうぞ。

http://www.tibet.to/mondai/index.htm
http://tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/

ノスタルジック

2008.03.13 01:11|写真
今日2つ目の日記。
写真編集で遊んでます。
ノスタルジックな雰囲気が好きなのでこんな感じ。
ポエムは昔、クリストファーという友人がアタシに書いてくれたもの。
すごく気に入ってるので入れてみました。


chris

ベーグルとかベーグルとか

2008.03.13 01:05|カフェ
今日は(もう昨日か・・・)車屋さんに行ってきた。
友達が車欲しくて、下見です。
新しい車を見ると欲しくなっちゃいます。
今の車って軽でもすごいのねー。
アタシの愛車のCR-Vくんはおじいちゃんだけどまだ現役。
もうちょっとがんばってもらいます。

その後は友達のカフェへ行ってきた。
今日はベーグルを食べた。
これがまたおいしい。
ベーグルも手作り。
おいしかった~。
cafe


cafe2


写真はちょっと遊んで色とか変えてみました。
どうかしら?

旅の日記

2008.03.11 23:50|
やっと、
やっとネパールと中国の旅日記を書き終えました。

長すぎだろ~っ(笑)
一部の知り合いに、

「本出したら?」

と言われてちょっと本気になってます(笑)
誰か、いい出版社知りませんか~?
自費出版じゃないとしたらコンテストに応募とかしかないのでしょうか?

それにしても長かった。。。
やっと、これで旅が終わった気がします。

そして今日もチョコクロ食べてます。
昨日も食べました。
ちょこくろ


もう、病気ですね・・・

タイのチェンマイの舎弟分。

2008.03.09 22:37|音楽
先日、上海スウィングのCDをゲットしました。
shanghai


これが何気にイイです。
アタシ、レトロな雰囲気のする音楽とかって結構好きなんです。
ん~、ちょっと路地裏のキャバレーチックな(笑)
って、実際その路地裏のキャバレーとかに行ったこととかはないんですが(笑)
でもそういう類の音が最近は好きです。
まあ、基本的にスカとかジャズとかレゲエとかR&Bでもなんでも聴くけど(笑)
ちなみに今のBGMはこちらです。
Ego-wrappin`最高です。

そーいえば先日、タイのチェンマイにいる舎弟が店を出しました。
夜とかはいい感じのバーらしく、これはチェンマイに行かなければならないですな。。。
近々行けたらとは思っているけど、今は燃油税が高くて行けません。
でも、イキナリ行って驚かせたいです(笑)
というか、チャンマイに行く方は是非行ってやってくださいな。

あとは、もう1ヶ月以上前にネパールに送った写真のCDがやっと今日届いたと連絡があった。
遅すぎでしょ(笑)でもまあ無事届いてよかったわ。

あと、最近、変なメールがやたらと来ていた。
そして「ネパール」って書いてあるけど、「誰?」状態だった。
でももしかしたら心当たりがある人かもって思っていたら、

「あなた、私のこと、忘れてるの?」

と再度メールが来ていた。
そして思い出しました。
ポカラで、カトマンズ行きのバスチケットを手配してくれた女の子だった(笑)
だって、わかんなかったんだもの。
でも、これでやっと返事が出せました。
よかったよかった。
めでたし、めでたし。

あと、この間トウキョウでカメオさん(プロのカメラマンでネパールで会った人)に
ちょっとカメラのことを教わったので、カメラの設定を変えてみました。
まだ撮ってないけど。
どんな風に違うのか楽しみです。

トウキョウ・ライフ

2008.03.07 23:46|休日
今週はずっとトウキョウでした。

3月3日
ネパール(中国)で会ったメンバーと再会、飲み会。
修ちゃん、ゆうちゃん、たかさん、カメオさん。
タムタムが来れなかったのは残念だった。
旅を終えてからもこうやってみんなと再会できて、旅話をしたりできたのは
本当に楽しかったし、いい時間だった。酔っ払った酔っ払った。
それにしても、本当にみんな素敵ングです。
次回は花見?のようなことを誰かが言ってました。
楽しみです。

3月4日
ネパールのポカラで知り合った韓国人のドゥーがインドから来日。
成田へ迎えに行く。やっぱ、成田はドキドキワクワクするから好き。
その後、ドゥーを裏原宿とか渋谷とかに連れて行く。
なかなかナイスなカフェを見つける。おじさんがやってる店で、おじさん、超かっこいい。
あんなカフェ、やりたい。
裏原宿でギャラリー巡りをする。
彼は絵描きさんで、アーチスト。
そんな彼は日本でのステージを探している。
で、一軒のギャラリーの人と話をするチャンスがあり、翌日彼の絵を見てくれるとのこと。
すごい。うれしい。

「自分でアクションを起こさなければ何も始まらない」

ドゥーが何度もそう言っていた。当たり前のことなんだけど、それがなかなか出来ないでいる。
アタシの心に深く刻まれた。そして、沢山のことを彼から教わり、学んだ気がする。


3月5日
ドゥーと原宿。サンマルクカフェのCHOCOCROが気に入った模様で、
昨日も行ったのに「今日も行きたい」と言うので行く。
その後、ギャラリーへ。
バッグパック一杯の彼の絵、全部見てもらった。
興味を示してくれた。
今すぐに・・・というわけではないけど日本でドゥーの絵が人目に触れるチャンスが
近づいてきた気がした。
彼の絵は実際、韓国やドイツでは、そこそこいい高額な金額で売られているらしい。
彼自身も、自分に絶対の自信がある。
今回は売るとかではなく、彼は彼のステージを探したかった模様。

ドゥー根っからのアーチスト。家系もアーチスト家系だし、ちょっと考え方とかも違う。
討論になったりしたけれど、それはあくまでも
お互いを理解しあうための討論であったし、
こんな風に自分の気持ちや意見をぶつけ合うことって、
普段はあまりないからすごく新鮮で、楽しかった。
いい勉強にもなったし、ドゥーから学ぶことも多かった。
そしてアタシ自身、彼の絵のファンでもあるし、彼が日本での手助けが必要なら
喜んでお手伝いするし、とりあえず日本でのマネージャーになります(笑)
ドゥー1


そして仕事終えた修ちゃんと合流してお台場へ。
やっぱり男同士の会話を聞いてると楽しそうだ。
修ちゃんはドゥーにとって、「チング」であるんだろうなと思いながら2人の背中を追う。
キックターゲットでムキになるドゥーは笑えた。でも4枚抜きしてすごかった。
その後もゲームのウイニング・イレブンでリアルに日韓戦をして、
ムキになってしまった私です(笑)
でも1-0とか2-0とか絶対に負けてしまう。そこもリアルに感じる・・・(苦笑)

3月5日
ドゥー帰国日。成田へ送る。
飛行機の時間をドゥーが30分勘違いしてたので、到着後焦ってチェックイン。
大きくてかなり重たい荷物の8割が画材道具や彼の作品を占めている。
残りの2割は旅の道具。
4ヶ月もインドを彷徨っていたのに旅の道具が全くないのが彼らしいなと思った。
見送りは寂しかった。今度はアタシが韓国に行くわ~。
ハグハグしてお別れ。

その後は、ひでっち、タイゾ、みつおと合流。
建築を勉強しているひでっちに連れられ、洋館「旧岩崎邸」へ行く。
平日なのに人がいっぱいいた。

そしてその後も仕事の休憩中のヒロユキと会い、チャイをご馳走になる。
ありがとー。仕事中だったのにごめんねー。

そして孫悟空とカメラ屋巡り。毎回のことだけど彼とカメラ屋に行くと店員との話が長い。
そんなわけでアタシはウロウロとお散歩する。
80万とかするカメラがあって、ドキドキしながらシャッター切ってみた。
でも女子には重たすぎます。
で、夜は飲みです。てる、てつ、ばり、いでまるちゃん合流。
最近、酔っ払ってるときに話をしてる内容とか記憶が飛んでるようです。。。
やばいので、気をつけようと思います。
でも、字を反転して書くやつとかやってて、それとかはちゃんと覚えてます。
どうやらそれが出来ることがすごいことらしいのを初めて知りました。
酔ってなければもっと上手に書けます、ハイ。

いでまるちゃん宅に泊まりにいった。
酔っ払いのまま、またスペイン・バルへ行った(笑)
閉店間際っぽかったのにすみませんね~。
ワインを飲んだ。
目が覚めたら、昼すぎていた。
彼女はとっくに仕事に行っていた。
毎回ながら、すみませんっ。
いつも迷惑かけまくってます・・・

と、今回も忙しく過ごしました。
でも充実してたし、自分にとって勉強になることがいっぱいあった。
いいパワーをいっぱいもらった。
ありがと。

明日からは

2008.03.03 01:19|休日
明日から数日間、東京にいます。
というわけで、東京の方々会えたら会いましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。