04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター

プロフィール

アッキー

Author:アッキー
旅と写真、音楽がすき
カメラ片手にいつも
プラプラと旅しています


時々、写真展示もしてます
現在は「インド」の個展を
静岡県島田で開催中。

詳細→
http://tabisuruasia.blog.fc2.com/


ほっこり、ゆるく生きてます

☆PEACE☆


.
8/14に開催された
写真展記念partyの動画








最近の記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア・ヒトリゴト

2011.10.26 23:11|カンボジア
先日の日記で、

僕たちは世界を変えることができない
 But, we wanna buid a school in Cambodia


って映画を見たって書いたけど
この映画、今日また見てきました。
そう、3回目(笑)
まさか、自分でも同じ映画を一ヶ月に3回も見にいくとは思いもしなかったよ(笑)


そして、今日は映画を見に行く前に世界一周中のサヤから
携帯にメールが来て、しばらくチャットのようにメールのやりとり。
(skypeにすればよかったなと、今気づいたw)

彼女は今まさにカンボジアにいて、
しかも、私がカンボジアで井戸掘りしてた時に
滞在していた宿に泊まっているのだ。
なんか、タイミングばっちりでしょ★


そして、実は2回目に映画を見に行った時には、
おーちゃんがちょうどカンボジアに滞在してたのだ。
しかも、おーちゃんもその宿に泊まってて、
映画を見終わった時に携帯のメール見たら
おーちゃんからメールが来ていたという。
しかも、おーちゃんは私がカンボジアでめっちゃお世話になった
トゥンレイとの写真も撮ってきてくれてさ。
感激しちゃったよ~。
トゥンレイ、会いたい~!!


・・・と、まさに、この映画を見るタイミングの時に
偶然にもカンボジアが繋がっているのです。

おーちゃんからもらった今月カンボジアの写真。
洪水が酷いのはタイだけじゃないよー。
(おーちゃん、写真載せたよー。ありがとね)


写真 1のコピー

写真 2のコピー


私が初めてカンボジアに行った時も、ちょうど雨季だったんだ。
その時にもね、一度すごく降った時があって水がすごかったの。
膝まで水があるくらい(笑)
滞在してた宿に膝より低いくらいのコンクリートで囲まれた池があって、
雨季だったから水が膝くらいまであるから、
もちろん池よりも水があるわけで、
その池の中の魚が普通に池から出て、
私たちが歩いてる横をスイスイと泳いでいくわけ(笑)
不思議な光景・・・
宿のスタッフは一生懸命、池に戻そうとするけど
そんなことしたって、意味ないっていう(笑)

私はその時、めっちゃ楽しかったし、
私の周りにいたカンボジア人も、楽しそうにしてました。
そして翌日には結構水がひいてて、くるぶしくらいだったな。

今回のは、楽しそうというよりも、
かなり酷いから大変だと思うけどね・・・

・・・と、まあ本題に戻りますが(いつものごとく脱線)、
この映画、うちの地元での上映は明日で終わりなの。
キャストはなかなかイイのに上映が短くて残念。



青春映画っぽさも否めないけど、
でも、何かこの映画みると「がんばろー!」って思えるし、
生きる希望みたいなのがね、わいてくるんだよ。

私がね、カンボジアで感じたのは、うまく言えないけれど
「生きてる」という実感。
それをね、この映画を見ると感じるんだよ。

あの時感じて、だけど時間が経つと薄れていく思いとか
感情とか、そういうものをまた思い出させてくれるんだよね。
なんか、アツいものがこみあげてくるんだよね。
忘れかけてた気持ちとかさ。
生きる希望をね、持ちたいなって思うんだよね。


そんなわけですが、11月3日の池袋の鈴ん小屋の写真展示、
テーマが決まらず、今回は自然系で行こうかな~?
とか、他がいいかな~?とか、ずっと悩んだりしてましたが
企画のしゃおりんが「旅写真がいい」と言ってくれたので
旅写真にします!
見たことある人も多いとは思うけど、カンボジア写真がメインです。
見たことある人はごめんねー。
でも、何か今日は自分の中で区切りがついたというか
整理がついたので、それでいきます。


だから、今日はこの映画見れてよかった。
今日は、こんなヒトリゴトでした!!
スポンサーサイト

僕たちは世界を変えることができない。

2011.10.01 22:08|カンボジア

僕たちは世界を変えることができない。

But,we wanna build a school in Cambodia.


http://www.boku-seka.com/top.html

もう公開されてからずっと見たくて見たくて見たくて
今日、ようやく見てきました。

感想としては、よすぎたー
期待していた以上でした。

カンボジアに行ったことある人なら、多分あのカンボジア独特の
空気感とか、雰囲気がすごく伝わる作品だと思う。

行ったことない人も、カンボジアの歴史を含め、
カンボジアってこんな国なんだ~って知ることができる作品だと思う。
そして、もしかしたらカンボジアに行ってみたいって思うかもしれないし、
もしかしたら、学校建てたい!って思うかもしれない。


きっと、誰もが感じたことのある物足りなさ。
私もね、それを感じていたんだ。
満たされた生活なはずなのに、心のどこかにある隙間。

だからかな。
なんかね、この映画の主人公たちの気持ちが
痛いくらいに伝わってきてね。。。


私の場合は学校を建てるんじゃなくて、
井戸堀りだったんだけど、
すごく共感できる部分がいっぱいあったんだ。

向井理が、ウルルン滞在記とかでカンボジアに行って、
カンボジアが大好きなのは知っていたけれど、
カンボジアが大好きな彼だからこそ演じられたと思うし、
映画だけど、「演技」だけじゃない部分をすごく感じました。
向井くんが主演でよかったと思う。


映画館で映画が始まる前にパンフを開いた瞬間から
もう目頭が熱くなって(笑)
映画が始まったら、流れてくるカンボジアの景色やら
クメール語(カンボジアの言葉)やら、
カンボジアの空気、雰囲気やらに涙がジャージャー。

青臭いとか、偽善とか言う人もいるかもしれないけれど、
あの年頃に、偽善でも何でも、これだけのことが出来るのって
すごいことだと思うんだよね。
実際、私はあの年代に、学校を建てようなんて考えもしなかったし、
あの頃、井戸堀りに携わることになるとは考えもしなかったし。


だけど、何かをやってみることって、
絶対に得るものはあるし、
後から考えてみると
そこが人生の分岐点になったりするかもしれないよね。


ん~。なんか、あーだこーだ書いてるけど、
そんなのどーでもいいわ。
純粋な気持ちで、この作品見てほしいな。

私は、もう一回、いや、もう2回見たい。
お近くの人で、見たい人いたら声かけて(笑)


あー、カンボジアに帰りたい~!!
再びカンボジア熱、ヒートアップしてます。
あの時の気持ちがガーっと蘇って大変です(笑)

ido
 

an
 

mura
 
school

やっぱりスキだな、カンボジア。
私も世界を変えることなんてできないけどさ、
だけど、やっぱ人が笑顔になるのって最高にうれしいんだよね。
私もそれで笑顔になれるんだから。
心を突き動かすものって、ただ、それだけなんだよ。
それだけで、私は充分。


そして、この映画を見に行こうと考えてる人は、
THE BLUE HEARTSの「青空」って曲を持って、
映画館に行くことをおススメします。
2-13.jpg



私が訪れた愛しいあの村に、また「ただいまー」
って帰る日を夢見ようと思います。


タビするカンボジア ☆写真展のお知らせ☆

2009.12.21 23:37|カンボジア
先日も日記に書きましたが、
写真展の詳細が決まったのにうっかり書くのを忘れておりました・・・
というわけで詳細を書きます。

*******************************************

カンボジア写真展 -タビするカンボジア-   
*akkie`s photograph exhibition*

日時:2010年1月9日~1月31日

場所:タビするカフェsofarii
http://ameblo.jp/sofarii/page-1.html#main
 静岡県富士市吉原2丁目3-19
(weekday:11:00-23:00  weekend:11:00-02:00 close:水曜日)

カンボジアのとある村。
背の高いヤシの木と、たくさんのバナナの木。
素朴であたたかい人たちや、
好奇心いっぱいで、目を輝かせたこどもたち。
毎日、ハダシで走り回って
とびっきりの笑顔に出会ってきました!

fly1

fly2


(何か、画質落としすぎたみたいで見づらくてすいませんっ。)
**********************************************************

この写真展は井戸掘りの時に出会った笑顔がメインです。
カフェのスペースに展示ですが、
本に掲載されている写真のポストカードと別のポストカードの販売もする予定です。
あと、本も置かせてもらうとおもいますので、
みんな来ちゃってYO!!!

カフェも素敵です。
コーヒーとかケーキでもいいし、ランチでもいいし、ディナーもおススメよ。

sofarii1


週末は極力店にいると思います。
ただ、土曜が仕事の日があるので、いない日もあります。
いる土曜に来てほしいです。

同時期に、出版した本の方の写真展と見事に被ってしまい、
かなりショックな私です。。。(泣)
色々面白企画を考えていたのに、自分がその場所にいられないなんて・・・(>_<)
そっちの写真展は、いけたとしても1日くらいかなって思うのですが
そっちにも数点、写真を出して展示するので、
都内近辺の方はそちらにも足を運んでくれたら嬉しいす。
どの写真が私の写真かは、見てのお楽しみに★
また、詳細決まったら報告しまっす。

で、みんなお願いします。
メキシコ行きたい私にポチっと清き愛のクリックを~!!!
出来れば毎日お願い!!!(笑)


あと、最近パソコンの調子が悪くて・・・
色んな方がアドバイスくれたのを統計してみてみると、
どうやらやっぱりアダプターっぽいです。
今はちゃんとコンセントからの電池の供給になってるけど
(画面が明るくて、表示が電池マークではない)
時々、バッテリーからの供給に変わっちゃったりして、
画面が少し暗くなって、電池マークからの供給になってしまう。
これって、やっぱりアダプター?
それとも、アダプターを差し込むところの本体???
とりあえず、今は無事。
さっきはダメだったけど。。。
とりあえず写真とかのデータは外付けHD(あってる?)に全部
入れてるので大丈夫かと。
例えばホームページビルダーや、フォトショップとかはどうなるの???
分からないこと、いっぱいだわー。

smile from Camboida

2009.07.30 20:58|カンボジア
今日、カンボジアの写真をもらった。
4月にカンボジアに井戸を掘りに行った村に
先週また行ってきたアキ(友くん)が撮ってきてくれた写真。

そうそう、ご報告しそびれてました。
井戸の水質調査の話。

今回は、井戸の水質調査にまたしてもカンボジアに行ったアキですが
簡単な検査は井戸掘りした時にしたんだけど
(その時の検査はお茶の色で見分けるという検査で
何て原始的な検査!!!と勝手に私は思っていたら
食品関係の友人が言うには、かなり理にかなった検査だったらしい。
色々専門用語で、お茶のことを言われたけど忘れちゃいました)

そして今回ちゃんと検査をしてもらったのです。

結果はバッチリだったとのこと。

嬉しい限りです

そして、私は行けなかったので色々持って行ってもらいました。
昔から知らず知らずのうちに集まってしまったけど
引き出しに眠ってたシールや、小さな便箋とか結構大量にあったの。
子供ってシールとか好きでしょ?

写真みたら、シールとか便箋とか持ってニッコニッコの子供達の笑顔が。
おでこに早速シール貼ってるコとか(笑)

たった3ヶ月前のことなのに、すっごく懐かしくて
見慣れた顔がいっぱい笑顔で写ってた。

でも子供って成長が早いなあと思った。
ノクボくん(目立ちたがり屋な男の子)なんて
顔がすごく男っぽくなってたし。


このみんなの笑顔見てたら何だか元気でた。
しばらくの間はこの笑顔でがんばれるわ(笑

旅日記とか写真とか

2009.05.11 20:12|カンボジア
カンボジアでの写真を先日の日記ではfotologueでアップしてるって書いたけど、
Flickrにしてみました。
それと、旅日記の方もボチボチアップしています。
よかったら見てくださいね。

未だカンボジアモードが抜けてません。
色々思い出す度にあたたかい気持ちになれたり。

私よりも後に帰国した井戸掘り相棒から、今日ポストカードが届いてました。
何だか、こういうのも嬉しいもんです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。